「アート」として見た「憲法改正」

     作家の高橋源一郎氏が執筆を担当している、朝日新聞オピニオン面の「論壇時評」は、毎回、胸にストンと落ちる好きなコーナです。「民主主義の行方 憲法改正の『アート』な世界」という魅惑的タイトルがふられた今回(12月20日付け朝刊)の一文も、その期待を裏切らないものでした。

      「現実すれすれのところで、ありえないものを描き、そのことで、いま見ている現実がなんだか嘘臭く見えてくる」。そんな力をはらんでいるような「アート」に、「現実」であるべき政治がなってきており、その「いま最高の『アート』」の1つが、今年4月、自民党が7年ぶりに発表した憲法改正草案ではないか、と。

     基本的人権が「目の敵にされている」ように「国民の責務」が銘打たれ、乱発されている「公益及び公の秩序」。「表現の自由」は「保障する」としながらも、「公益及び公の秩序」で縛りがかかる。起草者たちは「主権は国民にない」「天賦人権論をとるのは止めよう」といって物議を醸しており、首尾一貫している――。この「ありえない」世界は「アート」であり、「人びとの覚醒を促すために、わざと反感をかうような表現をとったに決まっている!」と。

     もちろん、高橋氏は、あえてこれをアイロニックな「アート」として受けとめるアイロニックな表現をしているようにとれるわけで、現実は新首相候補も含めて、ストレートにその気になっている人々も沢山います。むしろ「国防軍」への変更での言い分をみても、この「アート」は、憲法と乖離する現実を「嘘臭く」みせることで、改憲への「人々の覚醒を促すため」のものであることは明らかです。「わざと反感をかう」というテクニックが、現行憲法に向けられ、その「時代おくれ」「押し付け」を浮き立たせる目的なのであれば、髙橋氏の表現も、別にアイロニックではなくなるわけですが、もはや「ありえない」世界を描いた「アート」ではなくなります。

     これは、要するに、起草者がどういうことを頭に描き、どういうつもりで筆をとっているのかに、思いを致さなければならないことだということです。それは、今回の憲法草案の起草者・その気になっている人々と、65年前に現行憲法を起草した人々の描いた世界、思いを、仕掛けられているいろいろなテクニックをかいくぐって読み取り、虚心坦懐に受けとめる作業が求められます。

     これは疲れる作業です。前記改正草案を難しくて、疲れる「現代『アート』」とした髙橋氏が、「自然」自体に「権利」を保障したエクアドル憲法を引用しているのは印象的です。これは「(むかつかない、人と自然に優しい)『アート』」と髙橋氏はくくっていますが、いうまでもなく起草者の「ありえない」設定が一体、何を思い描き、そしてどういう覚醒を人民に促そうとしたのかは明らかで、分かりやすいというべきです。そうとらえてみれば、駄文扱いされ、現実にそぐわない点はかりが強調される日本国憲法だって、ということが言いたくなります。

     ところで、アートのなかには、「パブリックアート」というものがあります。為政者側、権力者側が時に政治的に利用するアートで、その場合の典型が、公共の施設前や広場に設置される、勇ましい国家的英雄などの像です。独裁国家の崩壊とともに、それが押し倒される映像が、その終焉の象徴のようにわれわれは見ることになりましたが、それ自体が、そう見せるための、崩壊させた側による演出であったという話もありました。

     この改憲の流れが「アート」だとするならば、「公益及び公の秩序」を強調し、「国防軍」という勇ましい国家を見せつけ、あるいはそれに国民の頭を下げさせる、あるいはひれ伏せさせることになる「パブリックアート」のようにも見えてしまいます。


    ただいま、「裁判員制度」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 憲法改正論議
    ジャンル : 政治・経済





    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR