「弁護士広告」解禁論議が残したもの

     テレビで弁護士のCМが普通に流れている時代、いまやかつて弁護士の広告が規制されていたことを知らない人も多くなりました。もちろん、弁護士だって事業主なのだから、普通の商店のように、広告はうつだろう、と市民が思っていても、不思議なことではありません。

     しかし、以前にも書きましたが(「悩ましい『弁護士広告』」 )、1987年に「原則禁止・一部解禁」になるまで、弁護士の広告は全面的に禁止され、2000年にようやく全面自由化された経緯があります。

     当時、弁護士が広告の解禁に舵を切ったのは、彼ら自身がその業務上の必要性、つまりビジネス上の必要性にかられて、これを求めた結果、というわけでは必ずしもなかったと思います。当時の弁護士は、解禁賛成派も含めて、その多くは、広告自体には消極的でした。それが証拠に、解禁後、われもわれもとメディアに広告を出したわけではなかったのです。

     もちろん、それは費用対効果という意味で、妙味を見出していなかったこともあります。当時は、単発の広告を見て、市民が法律事務所の門をたたくなど、およそ考えにくいととらえられていました。弁護士への市民のアクセスは、紹介によるものが本道だったのです。

     ただ、弁護士が踏み出さなかったのには、もう一つ理由があります。それは、「品位」という点で、弁護士は広告という手段を嫌ったのです。もちろん周りの弁護士の反応をみて、みんなが控えていた感じはありましたが、弁護士と依頼者の関係を、弁護士側の宣伝文句でつなぐ関係としてイメージできなかったという言い方もできます。

     改めて当時の弁護士のことを書こうとすると、いまとなってはなかなか一般には説明が難しい感覚であることに気付かされます。書き方によっては、今の人には、まるで弁護士の気位・プライドの高さとしてしか伝わらないかもしれません。

     ただ、若干違うと感じるのは、もしかしたら自分たちの実入りが増えることにつながるかもしれない広告解禁を、彼らが真剣に警戒したと思えることです。

     その彼らが、なぜ広告規制を緩和せざるを得なかったのかといえば、要するに規制は市民側のアクセス保障に後ろ向きだというとらえ方に、抗することができなかったからだと思います。

     この問題では忘れられない情景があります。1985年3月、原則禁止に初めて規制緩和のメスをいれる会則改正案が提案された日弁連代議員会で、弁護士界の「水戸のご老公」といわれた故・関谷信夫弁護士が行った、約30分にわたる大演説です。

     「現在、弁護士は襟を正すべき時期にある。今、国民を納得させるものは、百の広告よりも、批判されるようなことをなくすこと。規制緩和には合理性がなく、品位保持にもつながらない」

     とうとうと語る名演説に、会場の代議員はしばし聞き入りました。が、この代議員会では、改正案が賛成多数で通過します。奇しくも、この時、執行部案の規制緩和路線を強力にアピールする提案理由を述べたのが、当時、日弁連副会長で、のちに弁護士会の司法改革路線を築いた中坊公平さんです。

     しかし、大反撃が開始されます。その年の5月の定時総会でこの改正案は、地方会会員を中心とした反対の集中砲火を浴びることになります。特に地方の会員にとって、広告規制緩和が脅威になっていたことは注目できます。

     この時の反対派急先鋒の中にも、関谷弁護士の姿がありました。

     「弁護士のところに市民が来れない潜在的不安は、弁護士会が取り除くべきだ」

     この時、反対派は勝ちました。日弁連執行部は、改正案を撤回。歴史的と称される大敗北を喫することになります。だが、その2年後の1987年、先の案に規制の方向で絞りをかけた修正案が上程され、3月の臨時総会で、ついに同案は成立、初の弁護士広告の規制緩和が日の目を見ることになるわけですが、それに先立つ2月の代議員会でも、関谷弁護士は会場の弁護士に最後まで訴えました。

     「看板の大きさで国民の信頼は得られるものではない。条件付きで解禁すれば、結局例外が原則となる」
     「薄汚い競争原理を持ち込み、終わりのない広告戦争に入ろうとしている」

     関谷弁護士の予言通り、その後、例外は原則となり、今日の状況を迎えることになっています。彼の主張について、今は、「時代が違う」「競争を否定する古い弁護士の考え方だ」とおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、どうなのでしょうか。

     資力がある弁護士がうつ広告が氾濫する社会が、必ずしも国民の信頼を高めることにつながらないこと、そうした広告が弁護士のあるべきサービスを保障したものではないこと、そして、弁護士の拝金主義的傾向が強まっていること――そうした指摘がなされる、今日の弁護士広告をめぐる状況を見る時、関谷弁護士の主張と、当時の弁護士に潜在的にあった脅威論は、決して今日と隔絶したものとは思えません。

     広告解禁が、仮に時代の趨勢だったとしても、また、法的サービスの向上・情報公開が弁護士に突きつけられている課題だとしても、関谷弁護士の警鐘は、今も生きているように思えます。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR