相手方弁護士から生まれるネガティブイメージ

     裁判という場は、当事者市民にとって、感情レベルにおいて、弁護士という仕事に対するネガティブなイメージを醸成する場になることの方が多いのではないか――。これは、私のように仕事で弁護士と多くかかわってきた人間でも、自分が当事者になって、初めて強く実感できたことでした。

     これは、以前にも触れましたが、当事者から見た相手方弁護士の姿の問題です。当事者にとって、いいがかり、うそを含めた感情的に許しがたいような相手方当事者の主張。これは自分の場合、相手にするのもばかばかしいようなものでしたが、問題は相手方弁護士が、それをさも正当なような理屈付けをして主張していることでした。

     裁判官に伝わるかどうか以前に、自分は相手方主張のとてつもない嘘を知っている。そうなると、弁護士は、そのうその加担者という立場になってしまう。しかも、一見して不自然、不当な主張に何の疑問も、何のやましさも覚えずに、この弁護士は、主張しているのか、しかも上から目線で――。こんな感情がふつふつと湧き起こってきました。法的に争うために、彼が職責としてやっていることと理解しているつもりでも、そうした感情が生まれたのでした。

     そして、それはさらに、別の見方になっていきます。つまり、このでっちあげは、そもそも弁護士が主導しているのではないか、と。確かに相手方当事者の頭では考え付かないだろう理屈、そしてそのためにでっちあげておかなければならない前提的な事実。つまりは、これは弁護士の入れ知恵ではないか、と。裁判当事者になった市民からは、これまでも耳にしてきたことですが、要するに、不当な相手方主張に対する、弁護士の深い関与を当事者は連想してしまうのです。

     相手方当事者とは、もともとできれば一切かかわりたくないという気持ちでしたが、その弁護士についても顔も見たくないという感情に満たされたのでした。

     幸い自分には、もともと信頼関係にある、自分にとって100点満点の弁護士が付いていたので助けられました。私の愚痴めいた発言から、彼は私の心理を読み取っていたと思います。真実ではないことが分かっていて、弁護士が積極的に依頼者を誘導した事実があるならば、懲戒ものじゃないか――。現状、そこまでは無理だと分かっていても、そんな気持ちになっている私に対し、彼はその可能性を否定しませんでしたが、彼の見立ては、やはり相手方弁護士が「お役目」でやっているということでした。相手方当事者の意向に沿って、なんとか法的に争おうとしているだけだ、と。そして、彼はやや自嘲的に言いました。「それが弁護士という仕事なんです」。

     弁護士がそういう仕事であることも、そもそも民事の裁判の場が、あくまで真実の追求よりも、法的な形での解決の手段に過ぎないことも、分かっていたつもりでも、やはり当事者の感情レベルは違うということを思い知りました。そして、それまで数多くの裁判当事者の弁護士に対する不満の声を聞きながら、自分が分かっていなかった感情があったことにも、改めて気付かされました。

     私側弁護士の見立ては当たっており、和解の段階で見せた相手方弁護士の姿勢からは、自分の感情が極端な方向に向かっていたことも知り、逆に救われた気持ちにもなりました。ただ、当事者という関係ではなくても、弁護士とこれまでも、またこれからも仕事上かかわりがある自分と、一回性のお付き合いになる依頼者市民とはやはり違うといわければなりません。もちろん、自分側の弁護士に対する関係、その対応への不満は、ネガティブイメージの決定的要因ですが、仮にそれはクリアしていても、当然に敵対し、前記のような感情を引き起こさせる相手方弁護士の姿を、自分の弁護士が問題ないことをもってして、「まあ、弁護士もいろいろな奴がいるさ」で片付ける当事者ばかりではないことは確かです。

     では、どうすればいいか。といっても、半ばこれをこの仕事の宿命として受けとめている弁護士は多いとは思います。弁護士は、私の弁護士が言ったセリフを、何度となく、依頼者に言わなければならない仕事なのかもしれません。「それが弁護士なんです」と。ただ、そこには依頼者の感情を伴った誤解、あるいはそもそも弁護士という仕事や裁判に対する誤解・過剰期待も混じっている現実があります。

     一方で、弁護士との一回性といえる関係での個人的な体験に基づくネガティブイメージが、弁護士に対するヘイトスピーチにつがっているととれるものが、社会にはあふれかえっています。さらに、弁護士を甘やかすな論の底流に、それが流れ込んでいるようにも見えます。

     宿命といってしまうと、どうすればいいかの答えを導き出す前に終わってしまいますが、少なくとも、最後まで専門家として紳士的であることは、敵対的感情を越えて、ネガティブイメージを減らす可能性があります。弁護士の仕事になぜ、品位が強調されるのか、あるいはされるべきなのか――。実は、そこにもつながっているように思えます。


    ただいま、「弁護士の質」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR