法曹界断念組救済事業への期待感が示している現実

     法科大学院を出ても、弁護士など法曹になれないという現状をにらんだ、人材紹介サービスをする会社が業績を伸ばしている、というニュースがネットに流れています(zakzak「“人材紹介サービス”好調!弁護士など法曹界断念…別の道へ」)。一部大学と提携、修了者や学生の希望職種を聞き、インターンで企業に入り、経験を積みながら正社員を目指す、という形のようです。「法曹を志す学生には頭が良く真面目な人が多い。鍛えれば、すぐに実戦力になると分かってもらえた」という社長のコメントも紹介されています。

     法科大学院修了者という人材の活用策、つまりは法科大学院活用策と、くくることができるようには思います。提携先大学側の受けとめ方も、法科大学院淘汰時代に、生き残りの道として注目しているようです。

     この事業が、果たして広がりを見せるのかどうかは分かりませんが、やはり見逃してはいけないのは、「法曹界断念」という点にあります。つまりは、この事業は法曹界をいったん志してしまった人の現実的救済策であるかもしれませんが、ここに寄りかかり、支えられる法科大学院、法曹養成の現実を、いったん目を離して見る必要があるように思うのです。

     以前、書きましたように、法科大学院の登場は、アメリカと違う法知識拡散型の日本の現状を、法曹に知識を集め、「社会のすみずみ」に登場させる集中型への変革ととれました。従来の拡散型日本では、法知識を備えた優秀な人材を中央官庁が擁して、法律や政省令を整備し、事前規制型社会を構築し、規制を受ける社会側も、企業を中心に法知識を備えた法的リテラシーの高い人材がいて、制度の運用を支えてきた、ということからも、日本は紛争解決に司法が利用されていなかっただけで、実は法的リテラシーが低い国ではなかった、という見方もできました(「『事後救済型社会』と法科大学院の選択」)。その根本を支えてきたのは、法学部なのだろうと思います。

     いま、法学部が沈下してきている現状に対し、研究者の間では、それを深刻に受け止め、その将来像を模索する動きは強まってきていますが、前記変革を目指した法科大学院の登場の趣旨を考れば、現状は必然的な結果であったということもできます。

     ところが、結果からすれば、法科大学院はそうはうまくいっていない。といよりも、もはや集中型ではなく、拡散型に生き残りの道を見出そうとしているように見えます。ただ、法学部の破壊を伴って。要は、法曹という資格者が「社会のすみずみ」に乗り出すという大前提、法科大学院がそのための実務家養成プロセスではなくなった。そのことを前記事業と、提携大学の期待感は、象徴しているように見えるのです。

     そして、それは別の見方をすれば、前記「改革」が描いた社会への変革を、この社会自体が受け入れていないのではないか、という問いかけにもつながるように思います。

     もちろん「断念」者のなかには、事前にこの法科大学院の「変化」を読み切れなかった人も含まれていると思います。今後は、志望者が、法科大学院を、法曹には限らない実務家養成機関として、100%承知のうえで、つまりは初めから別の世界行くつもりの人材が来ることになるのか、それでは妙味なし(そもそも法曹に妙味があるかも疑問)とみて来なくなるか、ということになるわけですが、少なくとも前記提携大学の期待感をみる限り、それでよし、としているようにとれてしいます。

     ただ、だったならば、多様な進路へのチャレンジ機会を担保する、法学部の改革でよかったのではないか、という気がどうしてもしてしまいます。


    ただいま、「日弁連の『法科大学院制度の改善に関する具体的提言』」「弁護士の質」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR