「科学の進歩」に逃げ込む誤判・冤罪体質

      「現段階の証拠関係からは被告人を有罪と認めることができない」。10月29日に行われた東電OL殺害事件再審初公判で、検察側はこう述べたと伝えられます。裁判は即日結審、無罪判決は確実となり、検察側はもちろん上訴権を放棄、確定へ。事件の犯人とされたネパール人、ゴビンダ・プラサド・マイナリさんの人生を、逮捕後15年間狂わせた先にあった、日本の司法のあっけない幕降ろしです。

      「検察官が従来の主張を変更したのは、確定審の段階では技術的に困難だった鑑定が、その後の科学技術の進歩によって可能となったことなどによるものであり、また、検察官がことさらに証拠を隠したなどの事実も認められず、その捜査・公判活動に特段の問題はなかったと考えているが、結果として、無罪と認められるゴビンダ・プラサド・マイナリ氏を、犯人として長期間身柄拘束したことについては、誠に申し訳なく思っている」

     閉廷後の東京高検次席検事は、それこそ申し訳のような謝罪コメントを発表しました。すべては科学の進歩が解決してくれた。心ならずも長期拘束なったことは、お気の毒なことだった、という弁明調の言葉からは、およそもっと早くコビンダさんを解放できたこと、あるいは一つ間違えれば、いまだ獄につなぐ結果だったこと、そして「冤罪」としての強い反省を読み取ることはできません。

     以前、書いたように、ゴビンダさんは、ある種の「幸運」によって、命からがら本国に戻ったというのが現実です。今回、高検が有罪主張維持を断念した決め手としたとされているのはDNAですが、そこにつながるものとしてDNA再鑑定で冤罪が確実となった菅家利和さんの足利事件がありました。さらには布川事件、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件。ノンフィクション作家の佐野眞一氏の言葉を借りれば、司法の不祥事の「逆バネ」が存在していたのです(「『司法』からの奇跡的な脱出」)。

     本当にもっと早く今回の結論に達することができなかったのか。弁護側が求めていた鑑定に対する姿勢や、本当に「証拠隠し」がなかったのかという真相。科学の進歩に逃げ込みを決めて「心ならずも」の意見表明で、検察はこれ以上の検証はせずに、この件に幕を下ろす考えのようです。

     しかし、前記証拠改ざん事件、さらには最近のパソコン遠隔操作の誤認逮捕事件でも、語れないはずの手口と動機が詳述された上申書が作られ、その内容が地検の自白調書にも書かれていたという事実。それこそ、ネットという世界の新たな技術的問題がある一方で、冤罪に巻き込まれないのは運頼みとも、表現したくなるような、捜査側の現在進行形の体質的問題を私たちは見せつけられています。

     もちろん、検察だけの問題ではありません。ゴビンダさんに関しても、一審でいったん無罪を出しながら、強制退去を間近に控えたゴビンダさんに対する東京地検の控訴と、執拗な再勾留要請に対し、東京高裁の再勾留決定、弁護団の異議申し立て棄却、最高裁の特別抗告棄却、控訴審逆転有罪、最高裁の上告棄却。再審開始請求から8年で決定という結果になったのか。これら裁判所というシステムの現実も、すべて「科学の進歩」をいう「心ならずも」で、国民が理解すればよいということにはとてもならないように思えます。

     無実の人間に罪を被せないということは、いうでもなく、そもそも「国民の期待」にこたえるとか、「市民のため」などという言葉で括られる以前の、絶対にあってはいけない「犯罪」的行為の防止、司法が最低限、最優先させなければならないテーマのはずです。

     国民の参加を求め、それが司法への信頼を深めるなどといっている、今回の司法改革が、冤罪・誤判防止を真正面から取り上げず、最低限・最優先テーマと位置づけていないことが、改めて不思議でなりません。


    ただいま、「裁判員制度」「検察審査会の強制起訴制度」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 刑事司法
    ジャンル : 政治・経済





    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめ【「科学の進歩」に逃げ】

      「現段階の証拠関係からは被告人を有罪と認めることができない」。10月29日に行われた東電OL殺害事件

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    冤罪回避が優先するか、被疑者見逃し回避を最優先するか。
    これには絶対的な正解がない、価値観の問題。

    筆者のように冤罪回避を優先するならば、被疑者見逃しの機会は多くなる。
    逆に、被疑者見逃し回避を優先すれば、冤罪の機会は多くなる。
    勿論、両立が理想ではあるが、神ならぬ人間である以上、両立は不可能と考える。

    で、昨今の体感治安の悪化の傾向から、世論的には被疑者見逃し回避を期待している様に感じる。
    それが良いことかどうかは分からないが、少なくとも、その期待に応える警察・検察の体制(いや、運営と言った方が適切か。)にはなっていないかと思われる。

    警察・検察の運営が期待に応えられる状態にはないので、現状では冤罪回避を優先するのが止むを得ないとは思うが、価値観としては、社会に共通する道徳観が失われている以上、ある程度、被疑者見逃し回避を期待したいと思う。

    ここ最近の冤罪事件の多発をみて検察も警察も裁判所もいい加減な仕事をやっているとつくづく感じます。
    彼らの古い意識が改められないと同様な事件は繰り返されると思います。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR