「激増時代」の弁護士の姿

     弁護士の最大関心事は何か。今、弁護士にこんなアンケートをとったら、どんな回答が返ってくるのでしょうか。

     何度も書いているように、弁護士界の中には、それこそいろいろな考え・思想をお持ちの方がいるので、「こうだ」といえば、「俺は違う」という言葉が、すぐ返ってくるような世界なのですが、それでもやはり、弁護士の増員問題の行方は多くの弁護士の関心事といっても異論が出ないように思います。

     実は増員問題は長く、弁護士会で議論されてきたテーマです。それこそ、かつては、弁護士から裁判官を採用するという、本来の「法曹一元」実現のため、その裁判官の給源確保という趣旨から、弁護士をもっと増やすべき、という話もありました。

     今は、そんな話は全くといっていいほど聞かなくなり、その必要性は「ニーズ」という言葉でくくられています。「ニーズ」があるから、増やさなければならないのだと。

     だが、皮肉にも、弁護士が今、増員問題に関心を持つのは、そうした「ニーズ」にこたえるはずの増員政策が、端的にいって、うまくいっていないからです。いうまでもなく、うまくいっていない中身は、弁護士の経済的な存立を揺るがしているということです。

     もっとも、多くの弁護士の関心事は、「増員の行方」よりも、もっと切実なものかもしません。

     ある中堅の弁護士に聞くと、返ってきたのは「管財事件と債務整理事件の動向」でした。その数の減少で、今、それで食いつないでいられる多くの弁護士の運命が決まるからだそうです。

     今、食べていくためなら、極端な話「何でもやる」という弁護士は沢山います。どんな法律相談でも、国選でも、見向きもしなかった簡裁での事件でも。簡裁代理への司法書士の進出に対して、神経をとがらす弁護士がいる背景には、そうした弁護士界内のムードも関係しています。

     これは若手ばかりの話ではありません。ベテランといわれている層にも、ひたひたと経済難の影が押し寄せているようです。ある意味、これまで弁護士・弁護士会が体験したことがないような状況といっても過言ではないと思います。

     この中に、問題となっているおカネに絡んだ弁護士の不祥事の種がひそんでいることもまた、もはや弁護士自身が否定できないことでしょう。

     なんだかんだいっても、やはり弁護士は、これまで恵まれた経済環境にあったと思います。それを需要に対して、供給側が調整を図る弁護士の人数抑制策が行われてきたからだ、と批判的に言う人がいます。要するに、一人の弁護士への実入りがよくなるように、司法試験という門を使って、自分たちで操作していたんだ、というわけです。

     そうとられても、しようがないとは思います。ただ、一概にいえないのは、これまでの経済環境だから、なんとかやれてきた弁護士の活動もあります。だれもやりたがらないような刑事事件、人権擁護活動、再審請求運動など、弁護士が手弁当で活動してきた世界があります。それには、多くの時間が割かれます。少ない時間を民事で稼ぎ、多くの時間をそうした活動につぎ込んできた弁護士たちを知っています。

     これまでの経済環境がこわれれば、そうした弁護士の活動そのものが維持できなくなります。そうなれば、結局、その部分が私たちの社会から欠落することになります。そのことは、「弁護士を甘やかすな」という話とは別の次元で、国民がとらえなければならないことだと思います。

     もっとも、激増時代の弁護士について、おそらく多くの国民は既に、増員推進派の方々が考えているのとは違うイメージを抱いているように思います。

     弁護士が増え、競争が起き、社会の隅々に弁護士があふれることで、この社会がよくなる、と考えている国民は、もはやどれほどいるのでしょう。弁護士が増えることで質の悪い弁護士が社会にあふれ、国民が騙されるケースが増えるかもしれない、気をつけろ、という不安感・警戒感が、ネットなどを見ても勝っているように見えるのですが。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR