「環境」を無視した「数」の効用論

     福岡県弁護士会の給費制対策本部事務局長の引退の弁が、自身のブログ(「福岡の家電弁護士 なにわ電気商会」)で掲載されています。同対策本部の活動がどういったもので、この給費制維持(復活)活動がとういった特殊性、困難性を持っているのかが赤裸々に語られていると同時に、彼が身を引く理由として、日弁連の姿勢の問題などが指摘されており、弁護士会内のこの問題をめぐる状況を知るうえでも、貴重な証言のように思います。是非、ご覧頂きたいと思います。

     ところで、このなかで彼は弁護士の公益活動というテーマに関連して、こんなことを書いています。かつて、ある弁護士が「これから弁護士は増える。増えたら会務も活発になる」と言っていた、と。これに対し、彼はこう言っています。

      「それを聞いて、私は逆だと思いました。なぜなら、会員が増えれば、仕事の取り合いになる。仕事の確保のために、会務どころではなくなる(業務に役立たない・つながらない会務)からです」

     実は、これは非常に重要な指摘だと思います。なぜならば、前記の弁護士のような論法をこの「改革」では、散々耳にしてきた感があるからです。つまり、これも弁護士増員の効用論です。弁護士を増やせば、自然と会務をやる会員も増える。ゆえに会務も活発化する。これは、弁護士過疎対策への効用と結び付けられていわれた、「弁護士が増やせば、自然と地方に行く弁護士も増える」や、かなり以前から人権派といわれる方のなかにある、「増えれば、人権問題に携わる弁護士も増える」といった論調を想起させます。

     要するに、それは違うと。会員が増えれば、限られた採算性のある仕事をめぐる競争が激化し、会務など逆に目がいく余裕がなくなる。逆に言えば、前記効用を強調する言い方には、共通して、こうした弁護士という仕事を成たせる経済的な環境を度外視しているようなところがあるのです。

     ブログ氏は、こう続けます。

      「それでも、業務に役立たない・つながらない会務をやるとすれば、・個人の「『燃え』る部分に依存するしかないと思うのです」

     つまりは、これは有志の精神です。過疎対策もそうですが、増員の効用とくくられるものの現実は、実は個々の弁護士の問題意識ややる気に支えられている部分が大きい、とみるべきです。環境を度外視した先で、それを成り立たせようとすれば、それは当然、ここに頼らなければならなくなる、あるいは現実的に頼っているという話なのです。ところが、皮肉にも、その依存している肝心のやる気、「燃え」る部分をそぐことになっているのが、ブログ氏の指摘のように、日弁連本部の姿勢でもあったりするわけです。

     彼も言っていますが、離反が始まった委員会は、「出ると仕事を振られる」あるいは個々の委員に回ってくる仕事量が増える、といった、よく聞かれる委員の負担感への本音もあり、さらに離反が加速するといったまさに悪循環に陥ります。ただ、環境を度外視し、有志の精神に期待するのであれば、当然、それも責められる話ではもはやありません。

     数ではなく、実は環境が弁護士の公益活動を本質的に支えるものになるはずなのが、数の効用に目が奪われ、結果、環境が破壊されながらも、実質、頼るのは有志の精神。それでも数の効用論を押し通すのであれば、それでも「燃え」る奇特な人材をつかむためには激増が必要、増やせば奇特な人材も増える、と開き直るくらいしか、手は残されていませんが、やはりこの「改革」路線を走るうちに、弁護士も弁護士会も、おかしな方向に転がり始めているように思えてなりません。


    ただいま、「地方の弁護士のニーズ」「弁護士自治と強制加入制度」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR