末期的な「合格させろ」論

     制度としての破綻が言われ始めている法科大学院の関係者から、とにかく司法試験の合格者を増やせ、どんどん合格させろ、という論調を聞く度に、二つの意味で末期的な気持ちにさせられます。

     一つは既に書きましたように、とにかく放出せよ、あとは競争による淘汰で一定の質は確保できるという立場に法科大学院が立つことの無責任さです。あとは野となれ式のこの論法は、淘汰による質確保の実現性もさることながら、彼らが存続という課題の前に、もはや質確保という使命を投げ出し、苦し紛れの主張を掲げているようにすら見えるのです(「無責任な法科大学院関係者の『擁護論』」)。

     しかし、もう一つは、ある意味、もっと理解しがたい気持ちにさせられます。それは多数を合格させれば、本当になんとかなると思っているとすれば、そのこと自体についてです。マスコミに登場する法科大学院関係者は、弁護士会の掲げる増員ペースダウンにも、もちろん批判的ですが、司法試験年間合格2000人の現在でさえも、弁護士の就職難がいわれていますし、給費制廃止と法科大学院での経済的負担がいわれています。とりあえず、合格さえする制度ならば、志望者が来るとの見通しは、あまりにも安直であり、これまた苦し紛れのような気がしてならないのです。

      「3000人政策が実現していても法科大学院制度が潰れるであろうことは目に見えていました。というよりも、3000人政策が実現していた方が法科大学院制度は早く潰れていたことでしょう」

      武本夕香子弁護士は、自身のブログで合格者が2000人程度に抑えられているのは、むしろこの制度にとっては「延命措置」になり、長い目でみれば望ましくなかったかもしれない、との見方まで示しています。年間合格3000人が実現していたならば、どうなっていたか。彼女の予想は、以下のようなものです

     昨年末の弁護士登録日における未登録者数は400人ではなく、2000人以上に。3000人政策が実現化せず、年間司法試験合格者数が2000人に押さえ続けられたからこそ、昨年の一括登録日における未登録者数が400人程度で済んだだけ。3000人の司法試験合格者数が出ていれば、就職未定者が年々累積し続け、一括登録日における未登録者数は、単純に1000人を上乗せした数では到底済まなかった。3000人政策が実現化していれば、若手・ベテランを問わず、多くの弁護士が経営難に追い込まれ、今以上に弁護士による事件漁りや事件数減少の一方での言いがかり訴訟急増による弊害が顕著に現れていた。そうなれば、司法試験に合格してもほとんどの人が就職先がなく、弁護士の赤字経営を余儀なくされることが今よりもより派手にマスコミに取り上げられていた。そうなれば法時間的費用的に多大な負担を求められる法科大学院へ好んで行く人は、弁護士の子弟以外、蜘蛛の子を散らすようにいなくなっていたはず――。

     末期的な気持ちにさせられるのは、前記「とにかく合格させろ」という主張が、こうした未来を全く見ていないようにとれるからです。それは事態をものすごく甘く考えているか、志望者・若手弁護士の直面する現実は無関係とみているか、それとも十分分かったうえでの単なる苦し紛れか、のいずれかに見えてしまうのです。

     法曹人口増員と法科大学院は、いうまでもなく密接な関係にあります。増員の結果がもたらす法曹界の現実は、やはり合格したとしても、負担が結果に見合わないものとして、志望先としての法曹界とともに、法科大学院もまた選択されない運命にあるのです。

     法曹人口増の必要性を声高にいう主張のなかには、いまだに「眠れる大鉱脈」を掘り起こす、掘り当てるための多数の「鉱夫」を必要とするというようなものもあります。ただ、この見立て方は、そもそも「改革」が取った、緻密な見通しに立たず、期待半分の、要するに増やせばなんとかなる論そのものです。それがどういう結果を生んだかは、いまや明白です。

     法科大学院関係者から聞こえてくる「とにかく合格させろ」論も、それと同じ、論理的でも計画的でもない論調に思えます。もはやその末期的な感じこそ、破綻という言葉の現実味を伝えるものになっているように思えます。


    ただいま、「受験回数制限」「予備試験」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR