無責任な法科大学院関係者の「擁護論」

     産経新聞が法科大学院に関して、後藤昭・一橋大大学院法学研究科教授と、安念潤司・中央大法科大学院教授の見解を紹介した「金曜討論」(7月6日付け朝刊)が、弁護士のブログで話題となっています。既に、「Schulze BLOG」「坂野弁護士ブログ」が、極めて「有効」といえる突っ込みを入れていますので、是非、そちらをご覧頂きたいと思います。

     後藤教授の発言についていえば、法科大学院関係者の、いわゆる看板を背負ったご発言ということでは分かりやすいといえます。合格率を上げれば、法科大学院の魅力が高まる。志望者が増え、受験者全体の単年度合格率を50%程度に上げれば、上位校では80~90%の合格率に達する。本質的に法律を学ぶ姿勢が一般的になり、会社を辞めてでも法曹を目指そうとする人が増える。日本は法曹資格を取得するのが、今でも過度に難しいのが問題。試験で測れる能力は限られ、専門職としての教育をしっかり受けることが大切。予備試験は、経済的事情のある人などに向けた例外的な措置と考えるべき。組織内弁護士の潜在的な需要は大きいはずだが、現状では他の先進国と異なり、市場が小さい。大学院を通じて法曹人口を増やし、活用の場を広げる司法制度改革の理念を官民ともに推進しなくては、国際水準から遅れた“ガラパゴス社会”化が進行する――。

     他力本願的とでもいうべきでしょうか。とにかく合格率をなんとかしてくれ。そうすればなんとかなる。プロセスの教育という理念は、基本的に間違いではなく、法科大学院本道主義の旗は降ろすべきではない。法曹人口増員政策は正しく、組織内弁護士の需要は大きいはずだし、官民で「受け皿」を作れ、と。「改革」路線、ならびに法科大学院擁護の典型的ご意見です。法科大学院制度そのものの見込み違い、失敗、反省の言葉が、見事に聞かれず、周辺的なことで法科大学院は生き残れるとする見方のようにとれます。

     一方、安念教授は合格者増の必要性と司法試験が難しすぎるという結論においては、後藤教授と同じですが、多様な人材の輩出など法科大学院制度の理念が実現できていないことについては、より厳しい評価を下しています。その意味で、前記ブログで坂野真一弁護士も、安念教授の方が「現状を正しく把握している点ではまだ、後藤氏よりマシだ」という評価も下しています。

     ただ、あえてどちらがより分かりづらいかと言えば、それは安念教授の見解の方であるように思えてなりません。彼は、法科大学院が理念を実現していないことを認めながら、とにかく司法試験に合格させろ、といっているからです。早晩淘汰される、この方向では魅力も一層乏しくなり、凋落さらに早い、としつつ、司法試験合格者は増やすべき、と。「法科大学院は不要か」と問われれば、「教育内容などから法科大学院を出たことを世間が高く評価するようになれば、自然と入学志望者は集まってくる」。

     記者のまとめ方がおかしいのかもしれませんが、これを読む限り、安念教授は、理念を実現できていない法科大学院でも、生き残らすために、合格率は上げるべきで、ゆくゆく修了者への教育効果が社会的に認知されてくれば、根本的に入学希望者増にもつながるはずだ、ということのようです。

     ただ、極めつけは次の発言です。

      (--現状を打開する手段は?)
      「毎年の合格者数をどんどん増やせばよい。平均的な法曹の質は当然低下するが、誰が困るというのか。上位合格者の質は変わらないだろうし、良い弁護士に相談したければ、医者や歯医者と同じように、自分で探せばよい」

      「質が低下しても誰が困るか」というのは、既に5月31日付け朝日新聞朝刊の対論形式記事でも、安念教授が展開されているお得意の論法です(「刷り込まれる『弁護士大増員』という前提」)。彼は、法科大学院制度にしても、増員政策にしても、「質」の保証は、勘案しなくてもいい、すべては淘汰よって解決するという立場に読めます。とりあえず、放出せよ、ということです。それは、前記法科大学院の教育効果が社会的に認知されるまでの間、理念的に実現されない法科大学院が法曹の卵を輩出する責任など、もとより念頭にないことを読み取ることができます。逆に言えば、理念的なものが実現されていないのに、なぜ、それならば法科大学院をそこまでして存続させる必要があるのか、という問いかけも、彼には意味をなさないことになります。

     後藤教授の、立場を反映したような苦しい擁護論よりも、安念教授の発言の分かりづらさは、むしろ責任という意味で、より法科大学院制度の擁護論にはなり得ないように思えます。


    ただいま、「受験回数制限」「予備試験」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    じゃあ裁判所の態度は何ですか?

    法科大学院制度に固執するのに加えて、修習生の給費を奪えと躍起になって日弁連に文句をつけたの、誰でしたっけ。最高裁が最強硬派だったと記憶してますが。

    裁判所が困るのは、これ以上ないほどの自業自得だとしか思えません。

    裁判所と顧客が困りますよ。

    「平均的な法曹の質は当然低下するが、誰が困るというのか。」
    という無責任な発言には、怒りを覚えざるを得ません。

    素人に毛が生えたような法曹が増えたら、
    裁判実務の場は大混乱しますし
    顧客が良質なサービスを選択できないという問題が生じます。

    裁判実務も知らない、実社会と関わることもない
    法学者、それも憲法学者風情が、
    法曹養成という国家の根幹に関わる大問題を、
    いかに軽んじているかがよく伝わってくる素晴らしいインタビューだった
    と評価されてしかるべきでしょう。

    彼ら学者は、自分たちの研究対象が誰によって支えられているのか、
    関心を持たないで居られる人種なのでしょうね。

    実社会と関わろうなどという出すぎたマネはしないで、
    さっさと、ドイツ語の文献でも訳す生活に戻りなさい、
    と助言を送りたいところです。

    法科大学院制度が潰れたところで、誰が困るというのか。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR