戻るべき「原点」への疑問

     朝日新聞が、また「原点」に戻れと言っています。司法改革をめぐって、何度となく目にする論調(「『改革』の反省と『市民目線』という描き方」)に、いささか慣れてきてしまっていますが、要するに今、起きていることが、当初掲げたことと違うという同じ切り口で、時に当事者の「変節」を批判しつつ、軌道修正を訴えているようです。

     しかし、これも共通していることですが、果たしてその「原点」そのものは正しかったのかどうか、ということは顧みられない方針のようにお見受けしますし、そもそも「原点」の設定が、果たしてそこなのか、という疑問が必ず浮かんできてしまうのも特徴のように思えます。

      「強制起訴制度 導入の原点に立ち返る」

     小沢一郎・元民主党代表をめぐる強制起訴に関連した、「朝日」のこの制度についての姿勢をこのブロクで取り上げたばかり(「『強制起訴』に対する『朝日』の立場」)ですが、「朝日」は5月22日付けで、こんなタイトルの社説を掲載しています。

     内容は、要するに小沢氏無罪を契機に起きている検察審査会のあり方見直しの議論を懸念し、強制起訴制度を守れ、ということのようです。やはり、前記エントリーで書いた通り、「朝日」は一生懸命制度を傷つけまい、としているのです。小沢氏への無罪が出れば「審査会制度のあり方も問われる」と以前、解説で書き、「『民意』による起訴であっても、刑事裁判は証拠がすべて」と率直に正論を掲げる同氏記者の一文を、先日「朝日」が「オピニオン面」で掲載したのは、微妙な論調調整かとも書きましたが、どうも本紙は、従来方針の方をここで念押しする必要あり、ととられたようです。現場と本紙論調に、やはりズレは存在したということでしょうか。

      「検察当局は原則として、証拠をぎちぎちに固め、有罪に間違いないとの心証を得たものだけを起訴してきた」が、「裁判は有罪を確かめる場となり、公判より捜査段階の供述が重んじられ」るような運用を生み、結果、「裁判所はどんな判断をするだろうと国民が関心をよせる事件や、新たな法解釈への挑戦が期待される場合でも、検察が冒険と思えば起訴しない。逆に、起訴した以上有罪めざして突き進む」といった現象をもたらした。だから、「公開の法廷で議論し決着をつけよう」――。これが「朝日」が、ここでいう強制起訴制度導入の「原点」というものです。「疑わしきは裁判へ」の発想につながっています。

     しかし、まさしくここに疑問があります。厳格に証拠に基づいて有罪の心証をもって起訴されること自体が悪いことのような書き方です。証拠によって、被告人の有罪が立証できなければ無罪とするのが刑事裁判であり、「国民の関心」や「新たな法解釈への挑戦」への期待にこたえることは、その目的ではありません。もちろん、検察に冒険を求める筋合いの話でもありません。ところどころに捜査段階の供述への偏重、検察の無理な有罪への固執といったマイナス要素を織り込んでいますが、それは検察側のあり方として問題にされていいことで、だから、「公開の法廷で決着しよう」、だから強制起訴制度だ、になるのかどうかの問題です。

     逆に、勇気ある前記同紙記者の、たとえ「民意」であっても、刑事裁判は「証拠」である、という主張は、そうした司法に対する誤解を生まないために、クギを刺しているもののように読めます。

      「より良い刑事司法をめざす営みは続く。そこでは、強制起訴か通常かを問わず、追及する側が納得のいく判決を求めて上訴することをどう考えるかも、重要な論点となるだろう」

      「朝日」は小沢氏無罪判決翌日の4月27日の社説で、「こだわる必要がない」といった控訴が行われたことについても、「いまの制度下、慎重な検討の末に導き出された結論として受けとめたい」と、擁護しつつ、前記のような一文で締めくくっています。どういう方向での議論を期待しているのか、今一つ分からないところもありますが、「納得のいく判決」ということ自体、前期「原点」を見る限り、司法の目的に対する「誤解」を前提にした議論が想定されているようにも読めます。

      「改革」で今、求められているのは、やはりこの論議で「原点」とされているものが、果たして本当にも戻るべき原点なのかどうかから、考えることのように思います。


     ただいま、「検察審の強制起訴制度」「今回の日弁連会長選挙」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 刑事司法
    ジャンル : 政治・経済





    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【戻るべき「原点」への疑問】

     朝日新聞が、また「原点」に戻れと言っています。司法改革をめぐって、何度となく目にする論調(「『改革』の反省と『市民目線』という描き方」)に、いささか慣れてきてしまっていますが、要するに今、起きていることが、当初掲げたことと違うという同じ切り口で、時に当...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR