弁護士「公的使命感」の行方

     弁護士は、どうあるべきなのか――。このことについて、今、これまでになく多くの弁護士が向き合い、頭を痛めているようにみえます。こうしたテーマについて、弁護士から意見を求められることも、ここ数年、際立って増えたように思います。それは、もちろん弁護士の増員がもたらしている経済環境の激変が、彼らに「生き残り」という課題を提示し、いわばこれまでは考えなくて済んでいたものを、否応なく考えざるを得ない状況になっているということは否定できません。

     ただ、そうした彼らの覚悟や自覚、心得といったものを見つけ出そうとするような姿とは別に、先のテーマに向き合う弁護士のなかには、ある種、判断不能への戸惑いといったものを感じることがあります。それを呼び起こしているものが、何であるのかを手繰っていくと、それは弁護士の公的使命、もしくは公的使命を伴う弁護士という社会的存在ということにいきつくように思います。

     実は、「失敗」ということがいわれている今回の「改革」は、弁護士について、結果として同じ方向を向いた「効果」を生み出しているように見えます。弁護士の公的使命感の減退ということです。別の言い方をすれば、弁護士が、この社会で公的な使命感を持ったものとして、現実的により存在しなくさせる方向にある、ということです。

     弁護士増員に伴う経済的な圧迫は、弁護士の一サービス業としての自覚、あるいは「競争」への覚悟を、前記「生き残り」の課題として促すことにつながりますが、それは弁護士にとっての公的使命へのとらえ方の優先順位を変えることにつながっても不思議ではありません。

     これはもちろん、弁護士会という存在との関係も変えることになります。弁護士会の自治を支える強制加入制度は、一サービス業を営む事業者へ高い会費を課し、その活動の足を引っ張る規制というとらえ方に、より傾くことになります。高い会費は、まさに弁護士会の公的活動を支えるものですが、そこに合意が得られないということは、そうした活動をする存在として弁護士会が維持されない方向に傾き、同時に強制加入・自治を支えきれないということを意味します。

     なぜ、高い会費をとられ、必ずしも賛同できない会活動を支えなければいけないのか、といった批判的な声を会員から聞くことも多くなりました。「左翼的」といった言葉が被せられることもしばしばですが、「人権擁護」という切り口までが、まるで神通力を失ったかのように、急速に会員意思を束ねるものではなくなっている印象もあります。

     そして、いうまでもなく「給費制」の廃止も、国費で養成されているという、いわば「カセ」を彼らから外し、もはや生まれた時から公的使命感というものの精神的な基盤がない弁護士たちが、この世界に生まれようとしているといっても過言ではありません。

     いま、弁護士の需要の将来性という意味では、「企業内」を含む企業系弁護士が、「有望株」として、志望者にアピールされている現実があります。そうした弁護士のなかには、それぞれ彼らなりの「公的使命」を自覚して業務を遂行している方々も、もちろんいますが、一方で弁護士自治の必要性や公的な存在の意義について、冷めた見方もあります。企業内弁護士を目指せとアピールすることは、弁護士自治自滅への道とまでとらえる人もいます。あたかも自由な営業活動が許される弁護士の将来性は、強制加入や自治という存在がない社会の向こうにあるようなとらえ方が、前記サービス業への自覚とともに醸成される環境になりつつあるともみることができます。

     さて、そこでどうあるべきなのか。いま、「弁護士」といっても、業態や世代によって、全く別の仕事といっていいような多様な現実があるなかで、もちろんこのテーマの受けとめ方の深刻度も、その先の答えも違います。ただ、前記判断不能に陥っているかのように見える弁護士たちは、少なくとも公的使命感を担わされたはずの弁護士がこのままの流れのなかに身を置いて果たしていのか、という疑問を依然、消し去ることなく持っているように見えます。

     いかに「改革」の設計図には、「公的」な存在として弁護士が描き込まれていたとしても、実際は違う姿でこの社会に登場させようとしている現実。弁護士の「生き残り」の問題ではなく、私たちの社会の問題として、それを見つめ直さなければいけないところに来ています。


    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR