薄らとした弁護士増員肯定論

     弁護士が増えると何かいいことがあると思うか――こうした問いかけを沢山の人にしてきましたが、やはり一番多いのは、「分からない」「何ともいえない」という回答です。これは、ある意味、当然のことで、それは増員の効果以前に、弁護士のかかわりが、一般の多くの市民には希薄であること、お付き合いすることが一生に一度あるかないかくらいの感覚であっても、決して不思議でない現実があるからです。

     したがって、弁護士にかかわった経験や、必要になったことがある人間という、この社会では少数派の人間に同じ質問をすれば、もちろん前記多数の市民とは違う感想が返って来るのもまた、当然のことです。だから、仮に前記一般市民にとって、その必要性が何も差し迫ったものではなく、それを全体として共有できなかったとしても、必要な人間の声を汲んで、弁護士の供給が考えられなければならないとは思います。

     だが、どうもこの「改革」論議での弁護士増員の考え方は、根本的にそうではないように思えるのです。「社会生活上の医師」にしても、「二割司法」にしても、「社会のすみずみ」「法の支配」云々にしても、市民の意識改革も含めて、社会全体がその必要性への認識を共有することにつながっているように見えるのです。

     むしろ「法化社会」といわれる中では、そうした社会になることが望ましいといっているようにとれます。弁護士をこれまで必要としていた人だけでなく、必要ないと感じていた人に、その必要性を自覚させる。「改革」を推進する側の描き方からすれば、あたかもそれは、弁護士の社会的役割の「発見」であり、「知らなかったが、弁護士はこういう風に身近で役に立つのか」と、市民が肯定的に受け止めるという大前提で進められている感があります。

     この描き方の立役者の一人が、大マスコミであることは間違いないと思います。「改革」推進派である大マスコミは、弁護士が増えることによる効用のみを強調し、慎重な姿勢をとり始めた弁護士会を「内向き」となじり、あたかも「国民のため」と言っていた旗を、自己保身のために下ろそうとしている、と非難します。

     もっとも、冒頭の市民の反応を見ても、その「効果」をいう大マスコミの主張が効を奏し、現段階で、その目論見通り、国民に浸透して、弁護士増員=市民の利益という形で社会に認識されているとまではいえないようにも思います。ただ、現実は、そうした積極的な増員支持が社会で醸成されていないことよりも、むしろ増員による弊害が、積極的に社会に喚起されていないという事実の方が見逃せない現実となっているというべきかもれません。

     経済界がいうような増員による淘汰の過程でどういうことが起こるのか。食いあぶれた弁護士が需要の掘り起こしとして、事件を焚きつけると状況を市民は見分けられるのか、カネ儲けに走り、公的使命感を失った弁護士が今よりも増えるのではないか、何かにつけ弁護士や司法に案件を持ち込まれることによって、こちらも否応なく、そうしたかかわりに巻き込まれる社会になるのではないか、社会のすみずみに弁護士が登場する社会は息苦しい社会ではないのか、そして、それはもはや米国のような訴訟社会化への道ではないのか――。

     おそらく大衆に投げかければ、容易にその危険性への意識を喚起するであろう、そうしたテーマを大マスコミは、意図的に提示していない、と言わざるを得ません。むしろ、この戦略においては、今のところ、一定の効果が出ているともいえます。

     それは、あえてやや乱暴な括り方をすれば、原発問題と同じかもしれません。危険性を喚起しない報道に接してきた国民が、漠然とその安全性と必要性を刷り込まれ、積極的に賛成はしなくとも、積極的な拒絶反応を示さなくなっていたように、ある意味、この問題でも、問題性に目がいかない薄らとした弁護士増員肯定論が社会を覆っているのかもしれないとも思えてくるのです。

     では、どうすればいいのか。最近、弁護士から度々尋ねられる、その質問に今、答えようとすれば、それはおそらく二つあると思います。一つは「国民に理解されない」論に惑わされないこと。フェアに伝えられれば、前提が変わるかもしれないことを、何度でも投げかけることだと思います。そして、もう一つは、弁護士が旗を振り、協力あるいは主導した、この「改革」の描き方の誤りをいったん完全に認め、きっちり現実をとらえる直すこと。数をやみくもに大量に増やすのではなく、どこにどれだけの弁護士が必要で、それが供給されるためにはどうすべきなのか、無償性の高いニーズをカバーするための弁護士をどう経済的に支えるのかを含め、議論をし直すことです。

     外に向かっての粘り強い発信と、自己の弱点の克服。それをどこまでやりきれるかにかかっているというべきです。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR