「国民に通用しない」論の真偽

     一昨年来の、「給費制」問題で弁護士会側から出された「おカネ持ちしか法曹になれなくなる」論は、いまや弁護士のなかでも、あまり評判がよくありません。その最大の理由は、以前にも書きましたように、それを言うなら、おカネのかかる法科大学院はどうなんだ、という話になることです。そうなるのは、日弁連・弁護士会が法科大学院本道主義の旗を降ろさないことと、明らかに矛盾するからです。

     ただ、もう一つ、この「おカネ持ちしか」論について、弁護士会内外でいわれたのは、これまたよくありがちな「国民に通用しない」という批判でした。弁護士になったらば、それなりに稼ぐ彼らは、仮に借金を背負っても返していけるといったことがいわれ、現にそれは貸与制移行の根拠にもされました。弁護士のなかにも、その根拠とされた統計的数値が、仮に現実を反映しているかどうかは疑わしくても、およそこうしたとらえ方は、社会的に通りがよく、抗することは難しいと、半ば諦めのような言葉も聞かれました。

     前記評判がよくない、というのは、こうしたことから、「おカネ持ちしか」論は、むしろ弁護士にとってはやぶへびな、あまり最上段に振りかぶらない方がいい、という扱いになってきている観があります。

     しかし、このとらえ方もやや疑問があります。以前にも書きましたように、話は「やれるかやれないか」に傾きますが、現実に法曹になっている層が富裕層で占められることの影響がほとんど伝えられてない、言い方を換えれば、そのことが過小評価されている気もするからです(「おカネ持ちしか」論と「多様な人材確保」) 。それは、そもそもこれまでの弁護士という存在が、やはり一面的にしか社会に伝わっていないことに原因があるように思います。

     「法曹の世界の貧乏人しめだし」

     最近、こうしたタイトルの一文を精神科医の和田秀樹氏がブログで掲載しています。

     「新司法試験やロースクールの制度になって、法曹の世界の貧乏人いじめ、貧乏人締め出しがひどいらしい。もちろん、そういう貧しい中から這い上がった人も、自分の成功体験から這い出せないほうが悪いという橋下市長のような人もいる。しかし、これまで弁護士や裁判官というのは、貧しい中、苦学しながら這い上がってきた人も多く、そういう人が、貧しい人の味方になってきたのは事実だ」

     彼はここで法科大学院修了の受験条件化、旧司法試験のような受験機会の喪失、法科大学院の授業料の高さや貸与制による司法修習生の経済的な厳しさにも言及したうえで、こう続けます。

     「そういうわけで、司法修習が終わった後、好きなところで研修できない、少しでも給料のいい4大法律事務所にいくというパターンになり、金持ち事務所の寡占化が進んでいるという話も聞いた。貧しい人が弁護士になれないようにしておけば、あるいは裁判官になれないようにしておけば、いつかは左翼は根絶やしにできる。貧乏人の味方が法曹界から消えれば金持ちは好きにできる。そう考えているとしか思えない。弁護士上がりの代議士の多い民主党政権がその片棒を担いでいると思うと背筋が寒くなる」

     彼は、「おカネ持ちしか」論に立たない未来図を、非常に分かりやすく提示しています。これは、本来、「国民に通用しない」論とも思えません。要するに、こういうとらえ方を大マスコミが、十分に大衆の前に提示していないということの方がまず問われていいはずです。「片棒を担いでいる」方々の本心は分かりませんが、こうしたとらえ方が、それこそ「改革」にとって、やぶへびと考えていらっしゃる方々がいるということになります。

     弁護士の増員問題でも、あたかもちゃんと国民に投げかけたうえでの反応をいうようにその意思を忖度して、度々「国民に通用しない」ということが言われますが、その根拠と中身、理由については、改めて問い直されていいように思えます。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    素晴らしい記事

    和田秀樹さんのブログも拝読しました。

    素晴らしい記事のご紹介、感謝します。


    「貧しい人が弁護士になれないようにしておけば、あるいは裁判官になれないようにしておけば、いつかは左翼は根絶やしにできる。貧乏人の味方が法曹界から消えれば金持ちは好きにできる」は、私見かつ印象論ですが、本質を突いていると思います。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR