圧力がかかる若手弁護士の「増員」批判

     驚くべきことですが、若手弁護士に増員政策を批判する資格があるのか、ということを本当にいう先輩弁護士がいるようです。最近も、日弁連会長選の公聴会後、ある候補の推薦者が、こう語ったという話が流れています。

     「増員政策で法曹になれた若手が増員反対を言うのは矛盾だ」

     以前にも書きましたが、この点をむしろ真剣に受け止めてしまっている若手がいるのは事実です。増員によって枠が広がった中に入った一人、いわば、その恩恵を被った立場かもしれない、という意識があるため、この増員政策に疑問を感じ、また、弁護士になった後、もろにそのしわ寄せを受け、批判したい立場にありながら、その批判に躊躇してしまう若手です(「『改革』批判を躊躇する若手の心情」) 。

     これは、心情的には十分理解できます。しかし、前記先輩弁護士の言い方が正しいとは思えません。増員反対をいう若手が、増員の恩恵で合格できたのかどうかを決めつけることはできませんし、しかも、制度の是非について議論しているときに、なれたかなれないで、発言する資格の有無につなげ、そこを矛盾とするのは、およそ弁護士らしからぬ論法のように思います。旧司法試験で受かる合格順位の方だけに発言資格があるとでもいうのでしょうか。

     もし、それを言い出したならば、旧司法試験下で今ほどおカネがかからないで、弁護士になれる環境を享受してきた先輩弁護士が、法科大学院本道主義に旗を振るのはどうか、ということになるかもしれません。法科大学院や貸与制だったら、今頃、弁護士になれていないと語る旧司法試験組はいくらもいます。さらにいえば、合格500人時代の経済的、あるいは弁護士修養での「恩恵」を被ってきたともいえる弁護士が、即独時代の弁護士たちに、需要は掘り起こせばまだまだあるとか、増員基調の「改革」は続けるべきということだって首をかしげる話になります。

     点からプロセスという旧司法試験から新法曹養成の議論でも、一部法科大学院関係者から聞こえてくるような、あたかも旧試験組が「欠陥」制度による「欠陥」法曹であるような言い方だって、新法曹養成で旗を振るならば、法曹自身がそれを自認しなければ、「矛盾」なんてことにもなってしまいかねません。

     いうまでもありませんが、要するに、そういう問題ではないのです。しかし、増員問題での冒頭のようなとらえ方は、一部の先輩弁護士の中にあります。あくまで若手を黙らせるための方便として。もし、これが前記流れている情報のように、この日弁連会長選の中で聞かれたとすれば、その狙いは、さらに明らかというべきかもしれません。いわば、若手の中にある、前記のような、ある意味、必要のない躊躇や、増員反対の声を上げることの後ろめたさの心情を衝いて、投票行動においても黙らせるということになるからです。もちろん、数としての若手への脅威の裏返しとみることもできます。

     これは、実に嘆かわしいことだと思います。もちろん弁護士の中には、こうした躊躇の心情を吐露する後輩の若手に対し、「気持ちは分かるがそれは違う」と肩をたたく先輩がいることも知っています。一弁護士の立場で、この法曹養成を論じていいのは当然です。「矛盾」などというのは、選挙対策で、何が何でも彼らを黙らせるために言っているようにとれてしまいます。

     これもまた、今の弁護士会の混迷する世論状況を象徴しているというべきかもしれませんが、嫌なものを見たような気持ちになります。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございます

    あなたの町の法律家さん

     お読み頂きありがとうございます。
     ホームページ拝見させて頂きます。
     今後ともよろしくお願いします。

    お尋ねの件

    とある地方の若手弁護士です、さん
    中堅弁さん

     お読み頂きありがとうございます。
     引用の発言に関してですが、まず、候補者ではなく、ある候補者の推薦者の方です。本文中でも、その候補者の実名を記載するかどうか考えましたが、この部分はあくまで伝聞ですので、とりあえず控えることにしました(弁護士以外、公聴会の傍聴が認められないのです。かつては緩くて、許可なくても傍聴取材ができたのですが。ただし、今回も聞いたとしている関係者には事実がどうかは確認致しました)。

     ただ、この件は、法律事務所にFAXされている反「改革」派候補の選対ニュースでも問題視し、明らかにされていますので、そちらで分かります。
     これで、ご了解頂ければと思います。

    おそらくその真意は

    私もその候補者を知りたいですね。
    どうせ旧主流派とされるお2人のどちらかでしょうが・・・

    「増員政策で法曹になれた若手が増員反対を言うのは矛盾だ」
    というのは、つまりは
    「増員の結果増えた若手は増員による変化を受忍すべき」という趣旨であり
    増えた彼らを使いやすい(買い手市場)使用者弁護士の真意でしょうね。

    大きな事務所のパートナーだったり、大手企業等を顧問先に持っておられる方々
    の発言としては、一貫しているのでしょう。
    残酷ですが、これも一つの現実だとは思います。

    どうも

    楽しみに拝見してますので、今後もがんばってくださいね!
    またきます!

    たまにはこちらにも遊びに来てくださいね^^
    http://sihousyosi111.blog.fc2.com/

    ご教示いただけましたら幸甚です。

    いつも、読ませてもらっています。
    もし、よろしければ、その候補者を教えていただけませんか?
    正直言いまして、選挙時になると候補者からは耳に聞こえがよいことばかり伺うばりで、本音がわかりません。
    幸いなことに、就職は出来ていますが、就労状況はいわばブラック企業ではなかろうかという気分を味わっており、これは改革の影響なのか、と危惧している次第です。
    様々な考慮をしつつ判断したいと思っておりお教えいただきたいと考えコメントいたしました。
    駄文失礼いたしました。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR