弁護士に関する苦情(3)「素人扱いされた」

     「私が相談した弁護士は、こちらのことを素人扱いして話にならない」

     前記した新聞社にいた時、市民の方からこんな不満の声もよく耳にしました。

     そりゃもちろん多くの市民は、弁護士に比べれば法律の素人です。「だから素人が素人扱いされてもしょうがないだろ」なんて言ったら、身も蓋もありません。この不満のニュアンスは、要するに「馬鹿にされた」ということと同じ意味です。

     例えば、市民がある解決の形を弁護士に求める。だが、法律的にはそれが困難であることを市民に伝えなければならないこともあるでしょう。問題は、その時の弁護士の態度です。

     「そんなことはできませんよ」

     あきれ顔でそんな風に答えたり、言下にノーを突きつければ、もうここで感情レベルでは「素人扱い」でアウトかもしれません。

     市民に「素人扱い」の中身をよく聞いてみると、「説明が不足している」とか「難しい用語を並べられて」といった声も耳にします。こちらが素人と分かっているのにあえてそうしてくるのは、「素人にいちいち説明してもむだだ」「素人は専門家の言うことに口を出すな」という態度にとれてしまうのです。

     かつて尾崎陞さんという弁護士は、「依頼者は素人だから信用するな」と口癖のように言ったと、お弟子さんだった弁護士が書き残しています。おや?と思う言葉ですが、実はこれは依頼者を「馬鹿にしていい」という話では決してないのです。

     つまり、法律の素人である依頼者は、要点が分からず、弁護士に対する話のなかで肝心なところを飛ばしても平気でいるかもしれない、結果も分からず肝心なところを隠してしまうかもしれない。それに乗ってしまっても、専門家の弁護士は決して言い訳できない、という意味なのです。

     お弟子さんは、「何も知らないのだから、そのつもりで依頼者には親切に対応しなければならない」という師匠の教えと受け止めていました。素人であるところも含め、弁護士が責任を負え、ということだったのです。

     もっともこの尾崎弁護士の言い方が、そのまま依頼者の耳に入れば、これはもちろんまた、「素人扱いされた」となるでしょうけど。弁護士も依頼者に対する表現は、十分気をつけなければなりません。

     また、医療の分野で、医師が患者に診断内容を正しく伝え、検査や治療について理解できるように説明し、同意を得る、あるいは選択してもらうインフォームド・コンセントという考え方がありますが、これは弁護士の仕事にもあてはまるものだと思います。

     専門家である以上、弁護士は素人である市民から頼られる。頼られる以上、きちっとした説明やフォローがなされなければならない。当たり前のようなこんな関係が崩れた時、弁護士と市民の関係には不信や誤解が生まれます。 

     威張る弁護士は昔もいたし、「敷居」もずっと高かった。しかし、最近は何やら弁護士の余裕のなさが、拝金主義や雑な依頼者への対応につながっているようにもとれなくありません。

     ここは、弁護士も尾崎弁護士の教えを、もう一度、思い出してみる必要があるのではないでしょうか。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR