弁護士の「ネガティブキャンペーン」

     先日、このブログで取り上げました「今後の日弁連に対する若手弁護士有志からの提言」(「現象としての『若手弁護士提言』」)の前文には、こんな一文が出てきます。

     「これまで、法曹養成制度、法曹人口や給費制の問題と関連して、結果として弁護士自身による弁護士に対する“一大ネガティブキャンペーン”が行われてきてしまった」

     これを読まれた、とりわけ弁護士の方は、これをどのように読まれたでしょうか。この一文の次には、こんな投げかけが出てきます。

     「しかし、本当に弁護士は魅力のない仕事となってしまったのだろうか。若手に未来はないのだろうか」

     この文脈で解釈すれば、「ネガティブキャンペーン」というのは、法曹養成制度、法曹人口、さらに給費制の議論が、既に指摘されているように、法曹界、とりわけ弁護士志望の敬遠傾向につながるものになったことを指しているようにとれます。

     いうまでもなく、お金をかけても法曹になれない法科大学院を中核とする新法曹養成制度の現実、法曹人口増員政策との関係でクローズアップされた弁護士の就職難、即独時代の到来、そして法科大学院に加え、給費制廃止による法曹志望者の経済的な負担増といったことが、広く伝えられることにより、前記敬遠傾向につながるような、いわば職業としてもはや魅力も妙味もない弁護士イメージが、社会に伝えられることになった――ということのように思えます。

     しかし、この一文で引っかかるのは、「弁護士による」という下りです。「結果として」という前置きがありますが、弁護士自身による弁護士のネガティブキャンペーンとは何を言いたいのでしょうか。昨年来の前記テーマにかかわる議論のなかで、法曹養成制度全体の見直し議論を主張し、給費制の存続を訴えたことや、法曹人口で合格者のペースダウン・減員方向での主張がなされたことが、あたかも弁護士が経済的な保身のために主張する存在として伝えられたということを言いたいのでしょうか。それともこの過程で、弁護士自身が増員の影響としての就職難など、マイナスイメージにつながる経済的に厳しい現状を対外的にアピールしてしまった、ということでしょうか。

     厳しい現状を伝えることは「ネガティブ」情報の伝達ということになるかもしれませんが、少なくとも前記したような点でいえば、弁護士・会側の主張を「自己保身」とか「既得権益保護」といったように、ネガティブに描いたのは、弁護士自身ではなく、弁護士・会を取り囲む「改革」推進論者です。

     もし、言葉通り、忠実に「弁護士自身」が結果的にこの「ネカティブ」な状況を招いたとするのであれば、法曹養成制度においては法科大学院本道主義の推進役に回り、法曹人口激増政策の旗を振り、また見通しの甘さから事実上、いったんは貸与制移行を受け入れた日弁連のこれまでの「改革」路線そのものの姿勢を指すともいえなくありません。

     しかし、彼らが言いたいのは、その意味ではないようです。彼らは、「市民のリーガルアクセスを改善し、社会を公平・公正に発展させていくため、力を尽くし」「活動の枠を拡大し,社会の隅々に法の支配を浸透させ」、「今後の日本の復興・成長に寄り添う存在となるべく」決意を表明するとし、法科大学院もあくまで存続の立場に立っています。日弁連の「改革」路線そのものを批判の対象にしたり、問題を提起しているわけではありません。

     だとすれば、彼らの目には前記テーマにかかわる弁護士側の主張そのものが、やはり弁護士の世界を貶めるようなものに映ったということのようにとれます。既に書いたように、彼らの提言の軸が、弁護士・会の対外的な主張よりも、より対内的に会員に対して、何をすべきかにあることを併せてみても、会員の目線にも大きな変化と、会員間の隔たりが生まれていることを感じます。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR