弁護士増員論議の中の「淘汰」

     最近出席したある会で、そこに来ていた経営者の一人が、「今回の司法改革は失敗だったと思う」と切り出しました。なぜ、そう思うのか尋ねると、彼はこう言いました。

    「弁護士を増やしても、結局、質の悪い弁護士が増えただけじゃないか」

     その後は、裏の取りようがない、彼の出会った質の悪い弁護士たちのエピソードが続く、よくあるパターンになったわけですが。ただ、少なくとも今、一般大衆が、「質が悪い」と感じる弁護士と遭遇した場合、それが今回の弁護士増員の影響として、結び付けたとしても、これはしょうがないと思います。

     経済的に追い詰められる状況になれば、総体的に悪いことに手を出す輩は増える、教育という意味でも、相当の上乗せがなければ、粗製乱造になっても当たり前じゃないか――大衆が、こう考えるのは、ある意味、自然です。

     あるいは弁護士側からすれば、弁護士に限っては、たとえ経済的に追い詰められようとも、そうはならない、そうはならないはず、そうなってはならない、といったことをいう人はいるでしょう。ただ、言ってはなんですか、そういう意味で、弁護士という存在を特別扱いしてみてくれる大衆のイメージが、もはや存在するのかどうかといわれれば、それは甚だ疑問です。

     弁護士増員路線の背中を押すものとして、法曹界や経済界のなかで、「淘汰」という言葉が使われてきました。数が増え、競争が行われ、良質なものが残るのだと。

     弁護士という仕事に、経済人がいうような競争原理はなじまない、といったような言葉が、弁護士界サイドから出ると、即座にこの「淘汰」を正当化する発想のもとに、弁護士の自己保身、特権的にあぐらを書いた思い上がりのように、たたく意見が出たりします。自由競争の社会で、当然といえるようなことに、弁護士は何を甘ったれた発想をしているんだと、そんなことで生き残れると思っているのか、と。

     もっとも、弁護士界でも、相当数の方が、頭を切り替えていらっしゃいます。ある弁護士は、こう言っていました。

     「富士山型に裾野を広げなければ、頂点も高くならない」

     要するに、裾野を広げても問題はない、「淘汰」のなかで、質の悪い弁護士は退場を余儀なくされるのだから、ということです。

     ただ、最大の問題は、この「淘汰」のプロセスです。確かに、競争が行われれば、退場者は出るでしょう。でも、その間の、実害はどう考えるのでしょう。質が悪い弁護士に出会えば、被害をこうむるのは、もちろん大衆です。しかも、それがいつまで続くかも分かりません。「淘汰」のプロセスでの被害は、やむなしということでしょうか。

     「淘汰」という考え方の、最大の弱点は、その間の質の保証は、どうなるんだ、ということです。そこを、他のサービスや商品と同列に語っているとすれば、それは、大衆にとって、次はない、一回の弁護士とのかかわりで、あるいは、人生まで変わってしまうかもしれない、その職業の性格をあまりにも軽視していないでしょうか。もし、ここを市場に預けるというのであれば、少なくともこのプロセスの部分についての、質の保証は放棄したととられても致し方ありません。

     それは、例えれば、新薬について、副作用があれば、その薬は売れなくなり、消えていくのだから、世の中に出してしまえばいいのだよ、良薬は、そうやって残るのだから、と言っているように聞こえます。裾野とされるところに、いったん質の悪い弁護士が放たれることをどう考えるか、の問題です。

     もちろん、「淘汰」をいうのであれば、今、いわれている弁護士の就職難や経済的困窮は、全く問題ではない、ということになり、あるいは弁護士会があわてふためいて組織的に対策を講じるような話ではない、と言い出す人がいてもおかしくありません。なぜなら、それこそが「淘汰」のプロセスということになるからです。

     ここで一つ、被害者になるかもしれない大衆に、正直にこうおうかがいをたててみるべきではないでしょうか。

     「よりよいサービスのために弁護士を増やして『淘汰』させようと思います。ただし、その間、少々、質の悪い弁護士が出て、大衆に被害が出るかもしれません。そこの質はちょっと保証しかねますし、それがいつまで続くかもはっきり申し上げられません。それでも、あなたは今、弁護士を大量に増やした方がいいと、お考えになりますか」。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

     ご返事ありがとうございます。

     まだ、あなたのブログを全部読んでいませんが、読み終えた頃に、私のブログからトラックバックを送ろうと思います。昨夜(今朝?)のコメントについて、詳しく理由を書き添えたいと思っています。
     私のブログはいま、原発関連の記事ばかりになっていますが、政治経済全般をテーマ・対象としています (したがって司法制度改革も扱っています) 。よろしくお願いいたします。

    ありがとうございました

    memo26さん、コメントありがとうございます。

    増員論に疑問は持っていますので、ある意味、ご指摘の通り、期待していますが、馬鹿にはしていません。増員論への懸念論に賛同する市民が馬鹿だとは思いませんし、今は、増員論に賛同する市民も、またどちらともいえないという市民がいても馬鹿だとは思いません。この世界をよくわかっているはずの専門家ですら、意見が分かれているのですから。「それでも増員で社会の利益になる」という、memo26さんのような方も当然いるでしょう。ただ、すべての市民がmemo26さんのように考えるとも思っていませんし、それを前提に世論を考えないと、馬鹿にしたことになる、とも考えていません。

    No title

    > それでも、あなたは今、弁護士を大量に増やした方がいいと、お考えになりますか

    はい。私はそれでもなお、今、弁護士を増員すべきだと思います。それが社会の利益になると思います。

    私は弁護士増員論を支持していますが、増員論者はみな、このように考えていると思います。あなたは、どうしてこんな当たり前のことを尋ねるのですか? 「それは困る。弁護士増員はやめるべきだ」と読者が考えることを期待しているのですか? だとすれば、あなたは市民を馬鹿にしているのではないですか?
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR