弁護士広告の「脅威」

     最近、増員もさることながら、広告が「脅威」ということを口にする弁護士が出始めています。どういうことかといえば、広告を派手に打つ法律事務所に顧客が流れる現象が、いわゆる街弁の経営環境をじわじわと圧迫し始めているということのようです。

     もちろん、これも地域によって、影響はまちまちかもしれません。ただ、この現象からは、少なくとも二つのことがいえます。一つは、弁護士広告にはっきりとした集客効果が認められるということ。もう一つは、否応なく、そうした競争に弁護士が巻き込まれ始めているということです。

     こういう表現には、あるいは疑問を持たれる方もいるかもしません。つまり、広告の集客効果があることも、また、そうした競争自体、別に特別なことではなく、巻き込まれるというよりは、積極的にかかわるのが、企業努力ならぬ士業努力だろう、と。

     前者についていえば、弁護士の広告解禁後も、業務広告がすぐさま集客につながると考える弁護士の方が、圧倒的に少数派だった時代がありました。それは、弁護士と依頼者とのつながりが、長く紹介というスタイルが基本だったこともありますし、依頼者・市民側が弁護士を広告を見て飛び込む存在と見ていないだろうという意識が弁護士側にあり、また、事実そうだったとも思います。

     一方、後者についていえば、こうした広告を介した競争状態が、弁護士という仕事にはなじまない、という考え方が弁護士の中に現在もあります。つまり、広告費を大量につぎこめる弁護士が、必ずしも優秀でも良い弁護士でもなく、逆に結果として依頼者・市民にも混乱や不利益を与えるという考え方です。

     この考え方は、しばしば「弁護士を甘やかすな」という方々の批判のターゲットになってきました。つまり、これはどんなサービス業でも、当然に行っていることであり、前記したような士業努力として受け止めるべきことで、それを回避しようとしているのは、弁護士の驕り・怠慢であると。

     また、その前提としては、広告が一般市民にアピールする効果は、むしろ市民側の利便につながるということ、前記大量に広告を打つ弁護士にいくかいかないかは市民の選択により、仮にそこで外れを引いても、それは「自己責任」であること、さらにいえば、広告費に注ぎ込める費用を捻出できる弁護士は、事業的に成功した成果としてそうした余裕があるのだから、逆に「人気」も含めて評価につながる、むしろそう見るべきであること、などの意見が聞かれます。

     これは、個々の弁護士としても認識が分かれるところだと思います。要は、弁護士が懸念するような、広告や広告の競争が健全に行われない場合のリスクを、弁護士という仕事の場合、どこまで他のサービス業と同列視して、依頼者本人の自己責任に転嫁できるのか、にかかっているように思います。それはこれまでも書いてきたように、扱っているもの自体の危険度(取り返しがつかないという意味においても)と、素人が弁護士側に主導権を握られやすい状況に置かれるという関係性の危険度の問題でもあります。

     しかし、冒頭で書いたような「脅威」が聞かれる状況は、もはやそういう段階ではないのかもしれません。もはや、前記した危険度の問題は棚上げにされたまま、逆に言えば、いわば玉石混交の状況を市民側はどうすることもできにないまま、広告が出ている弁護士に頼り、余裕のある弁護士ほど広告を打ち、その結果、他の弁護士も否応なく、この競争に参戦するか、できなければいかに儲け主義ではない良心的な弁護士でも生き残れないという時代が忍び寄ってきているということのようにとれるからです。

     それでもあくまでこの問題を、これまでの弁護士の努力不足、「心得違い」と批判し、こちらの方がよし、とおっしゃる方も沢山いるとは思います。ただ、現実はどうなのか、本当に弁護士になじみもない、一生に一度お世話になるかならないかの多くの大衆に、どちらが安全なのかを考えなければなりません。

     即日相談や着手金の減額キャンペーンなど、かつて見られなかったサービス業としての弁護士の士業努力ととれるものも、弁護士の間で目立ち始め、また、そうした意識そのものも弁護士の中に広がり始めているのもまた事実です。ただ、前記「脅威」もまた、自己保身からではなく、依頼者・市民の「脅威」につながることを懸念する見方があることも、フェアに伝えられなければなりません。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    紹介でしか事件を受けない弁護士

    弁護士の中には、紹介でしか事件を受けず、そのことを自慢するように話す人たちが、まだまだ相当数います。
    河野さんは弁護士広告の問題点については、かなり強調して書かれているようですが、紹介でしか事件を受けない弁護士がまだまだ沢山いる中で、広告により、弁護士にアクセス出来た依頼者が沢山いることについても、もっと積極的に捉えて良いのではないでしょうか。
    もちろん、派手に広告をしている弁護士事務所の中には、広告先行、処理能力や水準には疑問符、というところも多く、懲戒を受けた弁護士が多かったり、弁護士に対比して事務員の比率が非常に高かったり、新司法試験組の若手新人弁護士がほとんどだったりするところも多いです。デリバティブのような高度の専門知識を有する分野について、詳しくない弁護士が大々的に広告していることに疑問を感じている専門弁護士の懸念も分かるのですが。。。
    河野さんは影響が大きいですので、紹介でしか事件受けないし、それを誇らしげに語る弁護士がまだまだ多い状況にも、目を向けて頂ければと思い、筆を取りました。
    お読み頂き、ありがとうございます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR