日弁連「改革」推進派の内向きのアピール

     今回の司法改革に賛成している側の弁護士の受け止め方として、認識が分かれるのは、「規制緩和」の流れです。この「改革」をこの流れのなかで積極的に位置付けている方は、例えば増員問題にしても事前規制をやめて、事後救済社会になることによるトラブル発生に際して向き合う弁護士の量としての必要性といったことを結びつけてとらえています。

     しかし、一方でそうでない方もいます。「改革」を肯定しながら、「規制緩和」の流れに対し、弁護士が抗して「市民利便」「市民のため」といった切り口を強調し、「改革」の実をつかもう、とする考え方です。

     実は、この後者が、日弁連のこれまでの「改革」主流派のとらえ方であり、この意味での日弁連の存在感や活動の成果を強調するのが、日弁連の「改革」史観といってもいいものです(「日弁連『改革』史観の神髄」 「『上からの改革』という理解」)

     しかし、規制緩和的な流れのなかに位置付けられる司法制度改革審議会最終意見書の路線にのっかりながら言われ続けてきた、こうした、いわば日弁連「改革」史観的な解釈については、弁護士自身からも疑問視する声を聞きます。

     最近もある弁護士のブロクが、面白い分析をしていました。

     「弁護士で、法科大学院制度賛成・弁護士激増派で、新自由主義に好意的でない層の方々が、現行路線支持の理由として散見されるロジックが、『法の支配を社会の隅々まで』『法曹一元へのステップ』です」
     「最近思うのは、これは、撤退を転進といったのと同じ心境だったではないのか。ということです。つまり、法曹人口について、弁護士会が疎外され、完敗し、降伏せざるを得なくなったときに、自分を納得、正当化させるための理由だったのではないかと」
     「つまり、これは、降伏ではなく、新たな理想郷への第一歩なのだと。一種の現実逃避だが、負けを認めず、最後まで逆転を願い続ける心境。我々は、偽りの降伏の計を仕掛けたのだ。負けたと見せかけて、内部に入り込み、中から法曹一元を実現するという計略を仕掛けたのだ。そう考えることで全面降伏を自分自身に受け入れさせたのかも」(「ニガクリタケは偶に生えます」)

     法曹人口を増大させ、法曹養成が変わり、弁護士のニーズ論の誤りが弁護士の経済的基盤を脅かすとともに、登録後の修養過程を破壊し、ひいては弁護士会強制加入と自治を内部崩壊させていく――結局、この「改革」は弁護士の弱体化にあったといわれるゆえんです。弁護士側は当初予定していなかった増員を強いられ、悲願とされた法曹一元は影も形もなく、陪審制度は裁判員制度に代わり、旗を振った法科大学院本道主義も崩壊の危機にあるといった状況は、日弁連の「敗北」を意味するというとらえ方もあります。

     前記ブログ氏の「撤退を転進といったのと同じ心境」というのは、鋭い指摘だと思います。増員問題での「降伏」を「降伏」でないものとして、前記切り口を駆使して正当化し、会員を納得させようとしたのではなかったか、という話になります。

     「まだ負けていない」というのは、常に「逆転」の可能性があると言い続けることでもあります。はっきりした現実の前に、それは分かってやっている苦し紛れか、それとも信仰に近い物なのか、まだ本土決戦がある、最後は松代に大本営を移しても戦い続ける、きっと神風は吹く――と。

     これは、日弁連という組織の「外」に対してよりも、内向きのアピールとして意味を持ったように思えます。

     「負けを認めるのはいつの時代も勇気がいることらしい」

     前記ブログ氏は、こう締めくくっています。本当にこの「改革」を「市民」に実害を与える前になんとかしようと思うのであれば、まずは「改革」の「失敗」という認識に立って、とらえ直すところから始めなければなりません。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「次期日弁連会長に求めるもの」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR