日弁連「改革」史観の神髄

     2002年4月から2年間、本林徹・日弁連会長の執行部で事務総長を務めた大川真郎弁護士が書かれ、朝日新聞社から2007年に出版された本で、「司法改革――日弁連の長く困難なたたかい」というものかあります。

     2001年の司法制度改革審議会最終意見書を受け、政府の司法制度改革推進本部が中心となり、「改革」が具体的に進められ始めた時期に、日弁連執行部の中枢にいた人物だけに、この本も、以前触れたような、この「改革」がいかに日弁連主導で進められてきたかを強調する、いわば日弁連の「改革」史観に貫かれた代表的な一冊といえるものです。

     このあとがきに、こんな表現が出てきます。

     「日弁連が司法改革をいち早く提言し、推進しなければ、改革の着手は遅れたかもしれない。しかし、仮に日弁連の積極的な行動がなかったとしても、いずれ司法改革は実現したと思われる」

     日弁連が実行しなくても、「改革」は行われていた、と。彼がここで何をいいたかったかといえば、実は今回の「改革」への日弁連の影響力でした。つまり、わが国の政治、経済、社会システムの見直しが進む中で司法だけが改革されないことはあり得ず、「改革」は歴史的必然だった。しかし、「日弁連が司法改革にこれほどの取り組みをしなかったとしたら、できあがった改革の中身は相当違ったものになっていた」と。

     では、その違いとは何なのか。実は、ここに前記日弁連の「改革」史観の神髄があります。

     「日弁連の目的は、すべての人々が個人として尊重される社会を目指し、そのために『法の支配』を社会の隅々にまで及ぼすことにあった」
     「この点で日弁連が牽引車としての大きな役割を果たしたからこそ、抜本的な改革がなされ、『市民のための司法』がここまで実現したといってよいであろう」

     神髄といったのは、いうまでもなく、日弁連の手によって、この「改革」が「市民のための」ものになったという見方です。いずれにしても起きていた「改革」、それは言い換えれば、規制緩和の波の司法への影響ともいえますが、その流れのなかで、そうした日弁連の影響が結果に反映しているということになります。

     ただ、前記大川弁護士の一文は、今、2011年の日本に立ってみれば、いささか虚しい感じすらします。それは、本当にこの「改革」がその核になるようなところで、「市民のため」なのか、その疑問が、「改革」が形になるほどに膨らんできたからでもあります。裁判員制度、法曹人口増員、新法曹養成、いずれも、当初の主張と違う「改革」に日弁連は賛同し、それが結局、問題を引きずっていたり、また壁にぶつかっている。ここに日弁連の影響力を見る大衆はどのくらいいるのでしょうか。

     実はむしろ、この直後の一文に、大川弁護士が、図らずも最もはっきり真実を語っているととれるところがありました。

     「日弁連が、司法改革に背を向け、あるいは最高裁、法務省・検察庁だけの改革を求め、率先して自己改革をはじめていなかったとしたら、おそらく外のつよい批判を受け、その結果、到底容認てきない弁護士制度改革さえなされたかもしれない」

     日弁連が率先して自己改革に進んだのは、「外のつよい批判を受け」ることを恐れてのことだったのではなかったのかということです。結果は、「最高裁、法務省・検察庁だけの改革を求め」というよりも、弁護士自身が強い自己反省に基づいてなされた「改革」だけが着実に実行されることになり、日弁連が率先していなければ、「到底容認できない」ものになっていたというのが虚しく聞こえるほど、今、弁護士自身が納得できていない「改革」が現実のものになっています。

     「改革」の現状を直視すれば、日弁連の「改革」路線とともに、その史観も見直さなければいけないところにきているようにも思えます。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「弁護士会会費」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR