法律事務所系「回転ずし」という現象

     法律事務所が回転ずし事業に進出するという話が話題になっています(「Perfect & Complete」 「Schulze Blog」)。その事務所というのは、CМでもおなじみの弁護士法人アディーレ法律事務所(石丸幸人・代表弁護士)です。債務整理分野に特化した法律事務所としてスタートして規模を拡大、全国に18の拠点を持つ、急成長した大手新興事務所です。

     もちろん前代未聞のことです。そもそも弁護士が法律事務所の事業として回転ずしをやろう、という発想は、およそこれまでの弁護士の感覚からすれば出てこないものでしょう。奇抜といえばそれまでで、新しいという言い方ももちろんできますが、それ以前の理解不能ととらえてしまう弁護士の方も少なくないと思います。

     状況としては、もちろんいわゆる「過払いバブル」の終焉とともに、それに依存していた弁護士たちが新たな収入源を模索し始めていることと結び付けることもできる話ですが、ひとえにこれが弁護士の本業とするサービスから距離があること、その一点を弁護士たちがどういう意識で受け止めているのか、むしろそこが同業者としても問いたいところだと思います。

     アディーレ法律事務所の、この新規事業担当求人の募集要項に、彼らの考えが示されています。

     「私たち弁護士業界は弁護士の大増員時代を迎え、競争が激化してきたことも事実です。この競争時代に当事務所は新たなリーガルサービスを構築・提供することで対応して参りましたが、リーガルサービスにこだわったり、リーガルサービスと親和性のある領域に限定してサービスの拡充を行っていたのでは、組織としての大きな成長が見込めないことが分かってきました」
     「そこで私たちは、リーガルサービス『ではない』市場の可能性を求め、新たなステージに踏み出しました。一例を挙げれば、通販、保育、介護、葬儀、アジアへの展開も含め、あらゆる可能性を模索し続けています。リーガルサービスとの親和性なんて不要です。むしろそのような限定は、視界を狭めるだけです」

     「リーガルサービスと親和性」のある領域に限定していたならば、組織として成長が見込めない、逆に組織成長のためならば、その「親和性なんて不要」と言い切っているところが、すべてを言い尽くしているというべきかもしれません。こここそ、従来の弁護士がしなかった発想、まさにサービス事業として割り切った弁護士の姿の一つの到達点ともいうべきものです。

     「リーガルサービス『ではない』市場の可能性」を求める弁護士の姿は、組織拡大とそのための経済的な効果が見込めるいくつものサービスと、リーガルサービスを、その目的のために、まさに並列的にとらえる発想が見てとれます。「不要」と断定的にいう言葉は、そうしたことに対する従来の弁護士の抵抗感との決別宣言のようでもあります。

     もちろん、これは弁護士の雇用に貢献するものではありません。これを弁護士の業態のようにとらえて注目するのはおかしい、という冷めた見方もあります。

     「資金的に余裕があるうちに投資をして業務を拡張しただけでしょ。弁護士業で貢献利益も稼げなくなれば、飲食業に移行するんでしょ。事実上の転職ですよ。弁護士業を特別視すると変わった行為ですが、弁護士業とは関係ないただの事業投資でしょう」(前出「Perfect & Complete」へのコメント)

     一方で、こんな弁護士のとらえ方もあります。

     「弁護士会の動きにも注目ですが、それよりも司法制度改革を推進してきた人たちは、こういう動きをどう評するんでしょうかね。これも法律家が社会の隅々に行き渡るという一つの姿なんですかね」(前出「Schulze Blog」)

     「改革」が描いた、弁護士が増え、社会の隅々に顔を出してくる社会。そこに登場してくるのが、結局、リーガルサービス「ではない」事業への強い関心と意欲を持つ弁護士、否、弁護士バッチをつけた実業家であるということを「改革」を描いた側、それを受け止めた側もどれだけ想定していたのでしょうか。それとも、これもシナリオ通りなのでしょうか。

     もし、これがシナリオからずれてきたことを示すものなのであれば、やはりそはそれとして、この先の未来を描き直さなければならなくなるはずです。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    memo26さん

    既に閉店したようです。

    No title

     ふと思い出したのですが、「弁護士バー」というのが一時期話題になっていました。あれはどうなったのでしょうか? いまも続いているのでしょうか?

    かいおうのHPを見ると

    FC店舗の1つをフランチャイジーとして受け持つだけではないかと思われます。(株)海王コーポレーションが各地でフランチャイザーとしてFC展開しているようです。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR