「弁護士自治」という責任

     弁護士自治ということを考えるとき、「国民の支持」ということが、難しい側面を持つことは、以前にも書きました。弁護士が常に多数派の国民の側に立つわけではなく、時に社会的に孤立した少数者の側にも立つものであることを考えれば、多数派国民の支持を弁護士の自治の基盤とするわけにはいかないのではないか、という問題です(「『弁護士自治』崩壊の兆候」)。

     ただ、そもそも多くの国民にとって、弁護士自治の必要性というものが、実感しやすいテーマかといえば、そうではないということはできると思います。権力と対峙し、そのために独立していなければならない弁護士の自治という存在は、そもそもそうした刑事裁判など権力と対峙する局面に立たされている、いわば国民の中の絶対的少数者と、その立場に立ってこの意義を想定できる者だけがその必要性を強く認識している、といってもいいのかもしれません。

     これはどういうことを意味するかといえば、ともすれば多くの国民は、この弁護士自治の是非が問われた場合、より実感できる別の観点に価値を見出すかもしれない、ということです。その典型は、弁護士の綱紀という点だと思います。弁護士の不祥事が多発すれば、弁護士会の自浄作用が問われ、これが国家の監督に服さない、弁護士の自治の問題性としてとらえられるというものです。つまり、多数派国民の視点として、弁護士が自ら監督するのではなく、国家による監督を求める方がよい、という見方への傾斜です。

     これは、現実的には、さらに弁護士に対するある見方につながっています。それは、弁護士自治を弁護士の「特権」として批判的に強調するものです。前記立場に立って弁護士がいう自治の必要論に対しても、「特権」を主張することによって、社会にとって望ましくない弁護士の環境を「聖域」のように主張しているようにとらえるものです。

     しかし、弁護士自治は必ずしも「特権」という言い方になるかどうかには疑問もあります。あくまで、弁護士自治は前記目的からすれば、権力と対峙せざるを得ない国民のためのものであるといえるからです。いわば、多数派国民の支持が得られるとは限らない国民のためのもの、として主張されているといってもいいかもしれません。

     だから、本来、弁護士からすれば、不祥事をなくすことを課題として突きつけられ、それを受け止めるのは当然だとしても、だから自治をなくしてもいい、とは、弁護士の口からは言えない、ある意味、胸を張って言える立場にないということになります。

     「司法ウオッチ」の弁護士自治と強制加入制度について意見を聞く「司法ご意見板」で、吉田孝夫弁護士がこう書いています。

     「弁護士自治は、弁護士の特権ではなく、弁護士に付託された責任です。ですから、弁護士の立場からは、それを必要とか不要とか言うのではなく、言うなら、もう弁護士自治の責任は負いきれないから、弁護士自治の責任から解放して下さいと言うことになります。従って、弁護士自治が必要か否かについての発言は、弁護士としてではなく、すべて、国民としてです」

     前記エントリーでも書きましたが、今、弁護士の増員に伴う弁護士のビジネス化への意識、若手を中心とした経済的な余裕のなさは、ともに「経済的な自由」への要求を高め、「会費」負担への不満から、強制加入不要をいう声につながり始めています。それは、もともとビジネス志向の企業系弁護士から聞こえてきた不要論と同様のものだけではなく、むしろ自治の意義を自覚してこの世界にきながらも、もはやそれを実現できないという認識に立った若手の叫びも混じっています。

     しかし、自治の旗を降ろすことは、弁護士がその責任から解放されることだという吉田弁護士の指摘を、実は国民は危機感をもって受け止めなければなりません。それは、国民からみて、決して弁護士の「特権」の旗を引きずり降ろすことではなく、いうまでもなく、権力に対峙することを余儀なくされる国民にとってのシールドが解除されることを意味するからです。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR