法科大学院という「プロセス」の利

     弁護士を中心とした法律家の会合で、弁護士の出席者から出された、「司法改革」も法科大学院制度もうまいっていない、という意見に対して、会場で発言したことを匿名の犯罪学者の方が自身のブログ(「旅の途中のCriminoiog」)で紹介していました。

     「かつての試験制度を理想化することは間違っている」

     彼が言ったのは、旧司法試験の体制では、法学部も個々の教員も法曹養成には制度的に関与しておらず、合格は志望者の個人技で長年の勉強を続ける先にあり、そこでも運不運もあれば、生活費や予備校への費用負担もあり、「それに耐えられる条件のある者だけがそれに参加できた」のであって、出発点からして「平等」などなく、逆に社会的な視点では,若く優秀な人材を非生産的な閉じこもり勉強に長年拘束することで、「巨大な損失を生んでいた」。一方、法科大学院は専門的な仕事として法曹を養成するシステムとして登場したであり、「必要な知識と専門的な訓練に基礎を置くプロフェッショナルとして法曹を捉える事が必要だと,今も我われは信じている」と。

     法科大学院制度が、より法曹養成を制度化したことのメリットを強調するものです。「点からプロセス」という理念の基本的な正しさをいうものともとれます。法科大学院の経済的負担をいう指摘に対して、旧司法試験体制でもそれなりの負担があったことを掲げ、試験技術に没入する受験生活の先にあった合格ではなく、知識と訓練のプロセスの先にプロとしての法曹を置いた、とする法科大学院関係者から聞かれるご意見です。

     この犯罪学者の方は別にしても、こうした意見の先には、法科大学院修了自体への高い意味付けが伴っているととれるものもしばしばあります。つまり、旧司法試験では結局のところ、何回チャレンジしても合格にたどりつけなければ、何も残らないのに対し、少なくとも現体制では法科大学院という知識と訓練を学ぶプロセスを修了し、「法務博士」の学位も取得できる、あたかもその分、こちらの方がいい、というようなニュアンスです。

     もちろん、いうまでもありませんが、「法務博士」を現在、合格できない法曹志望者が有り難いものと感じているという話は聞きませんし、それが高い学費負担に見合うものとの話も聞きません。旧体制の受験断念者に彼らがいうように何ものこらず、あるいは「司法試験崩れ」といった称号が与えられるのと同様に、法科大学院修了受験断念組にも、受験回数制限下、三回受けても受からない「三振博士」の称号が待っているかもしません。以前にも書きましたが、「法務博士」を評価して受け入れる社会的な認識は確立していない以上、いくらそのプロセスの利を言っても、それは当の本人が自覚できない利ということになります。

     どうもこの犯罪学者の方を含め、旧体制よりもプロセスの利を強調する言い方は、現にその教育が知識と訓練でプロを養成するという理想を実現しているのかということ以前に、大学が運営するこの制度の「理念」と「権威」を重んじながら、法曹志望者のことを本当に考えているのかをやはり疑いたくなるのです。

     現にこの犯罪学者の方が、「出発点からして『平等』などなく」、「若く優秀な人材を非生産的な閉じこもり勉強に長年拘束」していたとする旧司法試験時代を、こんな風に振り返る弁護士のブログもあります。

     「法曹の能力を身につけることを考えたとき、ロースクールも司法試験予備校も、あれば相当な足しになるにはなるでしょうが、必要条件ではありません。しかし、現在は、ロースクール卒業が、法曹になるための必要条件となっています。私に言わせると、夢がなくなったな、という気がします。高い学費を払って、ロースクールに行かないと、弁護士になれないのです」
     「単に、これは、昔はよかった的な話ですが、職業選択の自由に対する制約ですから、制度自体の合理性は、問われてしかるべきです」(「大阪発→弁護士Kのブログ」)

     あるべき法曹を育てる話の前に、志望者の「夢」など次元が違うというとらえ方もされるのかもしれませんし、あるいはこの「夢」そのものも、「点からプロセスへ」の「改革」で消えてもらうものとして織り込み済みなのかもしれません。

     ただ、それでも、法曹の未来を支える志望者が実感できない「理念」や「権威」をいくら掲げられても、新体制はやはり理解されず、また、志望者は離れていくことになります。理念の正しさを「信じている」方々が、そのことに重きを置いていないように見えることが、やはり気になります。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「受験回数制限」「予備試験」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR