「弁護士自治」崩壊の想定度 

     これからの弁護士がおカネにならない事件には、より手を出さなくなるという予想は、いまや弁護士の多くの人がしています。正確に言えば、出さなくなるだけではなく、出せなくなるということでもあります。つまり、ここはどんなに志が高く、この世界にやってきたとしても、できないということが起こるということです。

     おカネにならない事件には人権擁護や弱者救済がありますが、そうしたものを敬遠もしくは不可能にするだけではなく、庶民のなかに大量にあるとされている弁護士のニーズにしても、採算性の高くないものはよりはじかれる可能性もあります。

     そして、そうした個人の弁護士業務だけでなく、前記した人権擁護や弱者救済に取り組む弁護士会の会務も、そうした状態のなかでは、当然、弁護士が離れていく対象になることは容易に想像できることです。ここくらいまでは、実は増員推進派の弁護士の方々も、当然、分かっているのだと思います。

     では、それから先どうなるのか。弁護士会の会務に非協力的な会員が増えれば、それだけその活動も制約され、同時に社会的な評価や期待感は下がります。もし、それに代わるものとして扱われるものがあるとすれば、少なくとも現在のところ、それは日本司法支援センター(法テラス)ということになってしまうかもしれません。

     法テラスが弁護士会よりも潤沢な予算のもとに、活動を広げれば、社会的な活動の受け皿として、弁護士会が担っていた部分をより担う方向になるかもしれません。弁護士会関係者の一部が、当初、懸念していたように法テラスが「第二日弁連」として本格的に浮上するということです。

     そうなれば、日弁連・弁護士会はその存在感を失い、まず、第一に強力な弁護士自治の不要論が台頭するでしょう。その場合に、もはや会務から離反し、かつ、少しでもおカネになる仕事をしているのに、高い会費を吸い取られ、また、そのことに意義を見出していない会員が、自治不要論に賛成こそすれ、反対するわけもありません。

     かくして弁護士自治という弁護士の牙城は崩壊し、その歴史に幕を閉じることになるというわけです。推進派の方のなかには、ここまではあるいはリアルに想像できない方もいらっしゃるかもしませんが、そこまでもすべてお見通しの方、そうなることも想定内の方がいらっしゃるような気がしてなりません。

     この流れの下地となる意識は、一つは弁護士を一サービス業として考える発想です。あるいは増員論者がいうような、社会がむしろそうしたことを望んでいるという風に自覚した結果ということもあります。むしろ割り切る形です。そして、それと対になる意識ともいえますが、公的な使命感への減退です。個人事業者を国費で養成するのは「国民の理解」が得られないとばかり、「給費制」をなくす時代、より弁護士は公的な意識から一個人事業者としての自覚を強めるということもあり得ます。

     実は、本来の弁護士自治の意義は、ここまでの話のなかでどこにも出てきていません。いうまでもないことですが、権力からの独立のためのもの、それが国家権力と対峙して大衆の権利を擁護する立場にも立ち得る弁護士に必用不可欠である、ということです。

     問題はこの弁護士自治の意義が今日、なくなったわけでは決してないということです。つまり、この意義は時代を越えて存在するはずなのに、それを状況と意識が変わることで、支え切れなくなるということなのです。

     前記したようなシナリオで弁護士自身が、弁護士自治に幕を引く形になったとしたならば、多くの大衆は実はそれがなくなる本当の意味ついて、気が付かないまま、あるいは気づかされないまま、永遠にその自らの盾を失うことになるかしれません。

     弁護士会内外の「改革」推進派の方々が、もし、そこまで分かっているとすれば、彼らの「国民のため」「市民のため」という目的も、それなりであることを想定しなければならないことになります。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございました

    匿名さん、コメントありがとうございます。

    ご指摘のようなご意見があることを踏まえて、この一文は書きました。かつて、それこそ企業系や渉外系の弁護士から聞こえてきたような自治や強制加入に対する冷めた見方が、この経済状況の変化で、ぐっと裾野が広がったという印象を持っています。

    ボランティアではやれない、というご指摘はその通りであり、結局、個々の弁護士の経済的な基盤が揺らげば、弁護士会務も自治も揺らぐ。この現実、ことの重大性を執行部や主導層がどこまで認識しているかということです。

    今後ともよろしお願いします。

    No title

    はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
    現在、弁護士8年目となりますが、正直な所、弁護士会の存在意義については?です。

    ひいては、弁護士自治についても?です。

    もちろん、理想論としての自治論は分かるのですが、まずは、自分と事務員が食って行かなければなりません。
    事務所を経営して行くというのは結構、大変なのです。

    こういう弁護士が増えることはよくない、という評価をされるのはしょうがないかもしれませんが、弁護士だけに必要以上にボランティア精神を要求する今の社会構造には疑問があります。

    また、当然のようにボランティア精神だけを要求する弁護士会や各団体には反発すら覚えます。

    弁護士も一社会人であり、普通のサラリーマンと何ら違いはありません。
    はっきりいってこれが正直な気持ちであり、口にするかどうかはともかく、このように考えている弁護士は少なくないように思います。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR