弁護士の品質保証

     弁護士数を増やすべきか否か。えんえんと弁護士会内でなされてきた議論の中で、度々登場してきたのは、増えた弁護士の質の問題です。増員慎重派の中には弁護士の粗製乱造が、結局は市民のためにならないと主張した人たちがいました。

     しかし、これに対し、反対の立場の弁護士からは、こういう言い方もよく聞きました。

     「増えたら悪くなるなどとは口が裂けても言うべきではない」

     これは、どういうことかといえば、弁護士会には強力な自治が認められていることと関係しています。この弁護士自治については、また回を改めますが、戦前の全体主義による圧力を受けたことの反省から、弁護士に対する権力の介入を排し、独立して活動するための、世界でも珍しい強い自治権が日本の弁護士には認められているのです。

     これは、実は一般には、不思議なくらい知られていないことですが、弁護士にとってはこれが極めて重要なものとしてとらえられてきました。その自治権の大きな柱に懲戒権があります。弁護士自らが弁護士を懲戒する権利です。いわばこれは自浄能力の証。そして、自浄能力があってこそ、どこの監督官庁にも服さない自治を胸を張って主張できる。逆に自浄能力が疑われれば、自治を主張する資格が疑われ、それがぐらついてくる。

     つまり、前記の発言は、「増えたら悪くなる」ということを弁護士自身が口にするのは、いわば自浄の断念、もしくは自浄能力の自己否定につながり、自ら自治を否定することになる、ということが背景にあるわけです。逆に言うと、自治を主張する以上、たとえ数が増えようとも、良質の弁護士を社会に提供するのは弁護士・会の責任ではないか、ということになります。

     さらに、別の意味でいえば、前記発言は、「そもそも弁護士が増えるのを反対するのは、既得権益を守ろうとする考えで、競争によって、弁護士がもっと市民に良質のサービスを提供すべきだ」とする経済界や大マスコミの中にある増員慎重論への批判的な意見を意識していることもあります。

     いずれにしても、弁護士が「増えたら悪くなる」と聞こえることを口にするのは、極めて「通りの悪い話」ととらえる向きが多いわけです。確かに、増員による質の懸念論に対して、経済界の人やマスコミが、「自治があるのにけしからん」的な言い方をするのも耳にしてきました。日本の弁護士に強力な自治を与えることを疑問視する人々が、ここぞとばかり突っ込んでくることも予想されます。

     そのことはよく分かります。ただ、問題は、現実的な品質保証をどう考えるのか、です。

     品質保証を掲げる以上、増えても良質を確保しなければなりません。ただ、それができるという説得力は、増産前の品質保証の実績によります。増産前に品質保証の実績が確固たるものでなければ、増産後の保証が社会に対し、説得力を持たないのは、当然のことです。大衆は、総体が増えれば、まがい物も増えるだけと考えるだけです。

     弁護士の場合は、どうなのでしょうか。「弁護士は増えようが減ろうが一件でも質が悪いことは許されないのだから」と、理念として正しいことをいったところで、実績を伴わなければ、話になりません。増えたことによる実害に対しても、当然、弁護士は責任を負うべきなのですから。

     弁護士会には綱紀・懲戒制度がありますが、これが本当に不祥事対策や質の確保に有効なのかについては疑問視する見方はあります。弁護士自治ということから考えても、現実的に保証できない増員に手をつけて、予想通り不祥事が増えたり、質が低下した暁には、いよいよ本格的な自治不要論の台頭につながるでしょう。

     こういう話をすると、「国民のニーズがあるのに、じゃあどうするんだ」という、慎重論に対する「けしからん」論がマスコミや識者の間からは出てきます。ただ、どうなんでしょう、当の国民としては。品質の現実的リスクを負ってでも増やせという話なのかどうか。しかも、ニーズというのも、増員を支えるお金について、「増やしてくれるなら、国民としてはお金は投入する用意がある」という風にはとても思えませんし、国が医者のように保険制度を作るという話があるわけでもありませんし。

     もっとも、国民には弁護士の品質保証とニーズから弁護士の増員がどうあるべきかの判断材料が、そもそもちゃんと提示されているようには思えません。まずは、「あるべき論」だけでなく、リスクを含めた現実がフェアに提示されるべきです。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR