「改革」批判を躊躇する若手の心情 

     法科大学院を出身の弁護士たちが、今の新法曹養成や増員問題をどう考えているのかということには、大変興味があります。ただ、当たり前のことですが、年間2000人からなる新人弁護士たちは、考え方も抱えている事情、状況もさまざまです。

     ついひとくくりにして、「新人類」的な視線をおくってしまうことは厳に慎まなければいけない、と思います。それでは、弁護士界を外から見ている人間の一部が、たまたま自分が出会った弁護士との関係でのおもわしくない結果をもとに、「弁護士なんてこんな奴らだ」と言っているのと、ある意味、変わらなくなってしまう恐れがあります。

     最近、そうしたことを感じることがありました。ネットで発言している法科大学院出身の若手弁護士たちの、司法に関する発言を目にしていると、ついそうした声を若手弁護士たちから聞けるような気持ちになっていたりするのです。

     ネット上では、若手からも弁護士激増政策への批判、給費制の存続、法科大学院のあり方への疑問、さらには司法修習の不要論に近いものまで目にすることがあります。さらには、弁護士会の会費を含めたあり方への不満、さらには強制加入や自治に関する率直な意見に触れることもあります。

     しかし、これまた当たり前のことかもしれませんが、こうした意見をネットで堂々と表明している若手は、おそらく多数派ではありません。多くの若手は、本音はともかく、こうしたことについて表だって意見を述べたりはしていません。

     それは、もちろん一般的な新人としてのわきまえ的な意識をあてはめることもできるとは思います。「まだこの世界に入って間もない自分が」とか、「半人前でえらそうなことはいえない」とか。およそ基本的に独立した自由業であるといっても、弁護士にだってそういう気持ちはあります。

     ただ、それ以上に、複雑な感情をみることがあります。例えば、増員政策についてどう思うか、と尋ねた場合、こういう趣旨が回答に込められるときがしばしばあります。

     「私たちはその増員政策のおかげで弁護士になれたかもしれないので・・・」

     つまり、増員によって枠が広がった中に入った一人、いわば、その恩恵を被った立場かもしれない、という意識です。それがあるがゆえに、この増員政策に疑問を感じ、あるいは疑問どころか、弁護士になった後、もろにそのしわ寄せを受け、批判したい立場にありながら、その批判に躊躇を感じる若手もいるということです。

     それは、法科大学院制度についても、同じことがいえます。そのあり方の問題点を引き出そうとしても、いわばそこを経て、弁護士になっている立場からすれば、前記同様の躊躇もあり得ます。

     もちろん、この点については学校によって、受けてきた教育内容のバラつきもありますし、合格上位校・下位校でも、かなり事情が違います。上位校で合格し、弁護士になっている若手ほど、あるいは、そうしたものが働くかもしれません。

     それでも、おカネと時間がかかる制度であることと、合格しないというリスクがあることは彼らが一番分かっていることです。それがこの制度の欠点という認識も一致しているようです。ただ、それがなかった時代の話をいくらされても、とにかく法曹にならなければ始まらない、と考えた彼らは、苦労の度合いはさまざまであっても、だだ、目の前のハードルがあったから越えたまで、ということでもあります。

     不満の声を聞き出そうとしても、やや淡々とした答えが返ってきてしまうような感じをもってしまうのは、そもそもこちら側の認識の問題なのかもしれません。

     冒頭に書いたように、もちろん一概には言えません。躊躇を覚えた彼らも、もちろん今度は一弁護士の立場で、司法の問題を見ていくことになるわけで、彼らの発言もまた変わっていくとは思います。

     しかし、法科大学院出身弁護士の置かれた立場を考えると、よりマイクが向けられていいのは、さまざまな時点・段階で、この制度のために法曹志望断念に追い込まれた人々と、やはりそういう制度を構築し維持している側、彼らの前に新しいハードルを作った側の方たちであることを改めて強く感じます。


    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    新喜劇

    法科大学院生さんのコメントは、一部ロー生によるロー擁護書き込みの、いつものパターンそのままですね

    ・ ロー強制制度=大学利権に奉仕できない人達への受験資格制限 の正当性については、全く何一つふれられない
    ・ まったく正当化できないけれど、ロー強制制度を批判されると、なんとなく自分が叩かれてる気分になっちゃうから反発します

    こればっかり。
    法科大院生さんもいずれ社会に出るわけですから、ちんけなプライドで言を左右してる自身を恥じ、
    善悪を自分の頭で考えることができる大人になって下さい。

    心理学の世界

    認知的不協和のフェスティンガー実験ですか? 無意味な作業をさせられた人は、報酬が低ければ低いほど、意義のある素晴らしいことだったと思いたがる傾向が強まるといいます。

    No title

    一つ前の人へ。
    法科大学院が司法試験の要件でなかったら、あなたは法科大学院に進学したの?

    都内のいわゆる上位ローに通っている者です。記事のご趣旨については仰る通りかと思うのですが、若手が表立って制度批判しない理由はそれだけではないことを付け加えさせて頂きたく投稿します。

    僕個人は旧司法試験でも合格できたであろう順位で合格することを目標にしていますし(単純に順位だけで比較できないかも知れませんが目安として500〜600番以内でしょうか)その自信があります。

    しかし、そうであってもやはり制度批判をする気にはなれません。ローは、旧と種類は違うと思いますが大変過酷な環境です。その中で二年間努力してきたのだからそれなりに愛着もありますし、この制度を通してベストを尽くしてきたという自信もあります。自分なりに正当なルートを歩んだと思いたいのです。また、正当化したいというだけではなく実際上もローのお陰で有用な知見を多く得ることができたという自負があります。無理を言って親に援助してもらっただけのことはあります。

    そういう思いもあって若手はなかなか表立って制度批判しない人が多いように思います。逆に若手で安易に制度批判をしているような人は、自分が与えられた環境の中でベストを尽くせなかったからこそ不満があるのではないかと思ってしまうこともあります。僕の周囲では、ローに来て良かったという感想を持っている人も多いです。

    このような思いから、自分から積極的に制度批判しないだけではなく、弁護士の先生方が盛んに制度批判されていることに対しても、必ずしも共感を覚えるわけではなく、新司ルートの価値を不当に低く捉えられているように思えて悲しくなります。

    とりとめのないコメントとなってしまいましたが、一意見として投稿させて頂きました。

    新の人達と自分たちが同じ資格だとは思っていません。

    勝者のおごり?

    実は,弁護士会や会派などでは,批判を躊躇すると言うよりむしろ,法科大学院出身の若手弁護士が堂々と「法科大学院はいい制度です!」「私は法科大学院のおかげで弁護士になれました!多様な人材を法曹界に送るのに法科大学院は貢献しています!」「法科大学院で学んだことはすべて役に立っています!法科大学院をなくすなんてとんでもない!」と胸を張って主張しています。さらには「旧試験のロートルにどうこう言われる筋合いはない」とまでいう若手弁護士もいます。どうしてそういう人たちがあまりネットに出てこないのかは不思議ではありますが,そういう層が,弁護士会の政策を決めている,と言うことを忘れてはならないと感じます。ただ,そのようなことを言う若手弁護士は,通常どこかのイソ弁だったり(都市型公設事務所や法テラスの場合もあります),ノキ弁でも条件のいいところに勤務していたりするので,就職戦線の勝者なのではないかな,就職戦線の勝者でない若手弁護士なら違う見方をするのかな,と思うところもあります。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR