歓迎できない「従順」弁護士の登場

     先輩たちが驚くような若手の弁護士たちの話が、伝わってきます。

    「依頼者に従順な弁護士が増えている」

     こう書けば、あるいは市民のなかには、それのどこが悪いんだ、そんなことを先輩がことさらに思うこと自体、これまでの弁護士が依頼者に対して、いかに威張っていたかが分かる、と考えてしまうかもしれません。

     しかし、そういう話ではありません。依頼者の意を汲み取る弁護士が増えることが、さすがに先輩が驚くようなトンデモない話のわけはありません。また、残念ながら、逆にそういう正しい姿の若手弁護士が増えた、と先輩方が称賛している話でもありません。

     これは、端的にいって、依頼者のおかしな主張に従順な弁護士ということです。つまり、どう考えても、同業者からみて、言い掛かりにしか見えない依頼者の主張を、プロの法律家がそのままなぞっているという形なのです。

     以前、どう考えても負ける案件を「ファイティングポーズ」だけで、依頼者の気持ちを引きつける弁護士が増えているという話が、やはり先輩弁護士から聞こえてくる話を書きました(「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」)。

     これと、この「従順な」弁護士は共通するものがあります。なぜ、こういうことになるかといえば、やはり、両者とも「能力」の問題といえてしまいます。つまりは、当該紛争での妥当な決着点、依頼者にとって現実的に最良の解決を認識すること、それに向かって依頼者を説得すること、の二つの能力が欠落しているととれるのです。

     その意味では、「従順」であるがゆえに、「ポーズ」をとっているととれる場合もあるでしょうし、「ポーズ」弁護士よりも、このタイプは、さらに主体性がないととれる場合もあると思います。

     結果として共通しているのは、これはいうまでもなく、当事者にとっても紛争の最良の解決にはならない、ということです。その意味では、能力もさることながら、そうした基本的な弁護士としての意識がない、ということもできます。弁護士の仕事は、たとえ当事者に伝えにくいことでも、きちっと伝え、納得を得ることが重要な意味を持つものです。ただただ、依頼者に従順であることが、その依頼者にとっても、決して良いことではありません。そこは、独立して判断する法律家の姿勢が求められるのです。

     ただ、こんなことを言う中堅弁護士がいました。

     「法曹の共通言語がなくなってきている感じがする」

     以前にも書きましたが、弁護士、裁判官、検察官は、同一の養成過程を経て、法律家として基本的な考え方を学習、訓練するなかで、法律、もしくは法律的なとらえ方という共通言語で話し合える関係が作られてきました(「弁護士の『同族意識』」)。それは、裁判という場で、裁判官がどういう考えのもとに判断を下すということを、一応、他の二者が共有して、裁判が進められるということにもつながる意味もありますし、民事裁判で相対する弁護士間においても、ふさわしい紛争解決を模索するうえで、意味をなすものでした。

     ところが、前記「従順な」弁護士においては、プロから見てあり得ない、相手側当事者の主張をなぞる弁護士は、もちろん和解交渉にも一切応じないばかりか、もはや交渉する「共通言語」すら持ち合わせていないように、先輩弁護士たちが感じる場合がある、ということなのです。

     もちろん、これまでだって、同じ法律家として理解に苦しむ主張を、依頼者に沿わして掲げてくる相手方弁護士に当たることなど、弁護士の経験を積んでいくなかでは、一度や二度ではない、という方もいるかもしれません。ただ、その程度において、同業者が驚く実態が、最近出始めているという見方もできるのです。

     こうした話題を書くときに、どうしても強調しなくてはならないのは、もちろんこうした若手ばかりではない、ということです。こういうトンデモない若手の話をするときに、先輩弁護士も必ず言うのは、「優秀な奴、志の高い奴も沢山いるんだけど」という話です。私が知る限りでも、本当にその通りだと思います。

     しかし、そうだとしても、この兆候は、やはり無視できません。弁護士が社会のすみずみにまで乗り出し、いろいろな社会生活に顔出すという絵が描かれるなかで、「言いがかり」のような主張に弁護士が加担するようになる社会がどんなものか、それを想像せざるを得ないからです。それは、前記した「共通言語」を持ち合わせない法曹たちがあふれる社会の紛争解決でもあります。

     もちろん、あるべき紛争の解決につながらないそれは、それ自体、不利益でもありますが、その不利益すら、当事者が分からないで処理されていく可能性まであるのです。

     何がそうした弁護士を生み出し、あるいはさらに生み出そうとしているのか、彼らにかかわらざるを得なくなるかもしれない大衆は、そこにはこだわらなくてはならないはずです。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    いつも興味深く拝見させて頂いております。

    ちなみに、私は某若手先生やIKさんとは違う角度からの見方をもっています。

    私は若手にもベテランにもひどい処理をする先生はいるが、質が違うような気がします。

    ベテランの先生は多分、勉強をしないで長期間経過したため、単純にひどいという書面が見られることがあります(優秀な先生の方がはるかに多いのでそういう人がいるというと言う程度です)。

    これに対して、若手に散見されるのは、準備書面としての体裁は整っているが、代理人としての意思を感じないただ、淡白な事件処理です。
    ちなみに、依頼者の言うがままの処理は、相手から散々突っ込まれますし、(私の場合)、和解期日で裁判官を通じて相手方依頼者を期日に引きずり出しますから、処理が長くなるだけです。
    もっと深刻なのは、淡白すぎて裁判官の言うことを金科玉条に敷衍して、裁判官との駆け引きや議論をすることが出来ない若手が増えている気がします。現在の法曹養成と関係が有るのかは分かりません。

    典型的な例でいうと、過払訴訟で2回、3回と期日を重ねているのに裁判官が訴外で和解をしなさいと言うとそのまま持ち帰って、訴外で交渉し、また和解が出来ないと(まけてくれといわれると)、また法廷に帰ってきて裁判官から早く訴外で和解しなさいと諭される場面です。やはり、一言でいいから法廷で「訴外で和解も検討しますが、判決もご準備ください。」くらいのことが言えないと話しになりません。

    多分、サラ金から満額(経過利息、将来利息付)払わないと裁判やるぞと言われると、依頼者に払わせちゃうんだろうなと言う気がします。

    例えば、それなら任意整理でなく小規模個人再生で処理してしまおうと言う工夫もありません。任意整理で受けたから任意整理あるのみみたいな感じです(依頼者の同意を得て方針変えてもいいのに)

    前記のようなひどい書面は昔からありましたが、残りの普通の弁護士の多くは昔は一癖もふた癖もあり、これが連帯感となって裁判を行い、依頼者を説得していた気がします。裁判になるような案件はマニュアルでの処理は出来ませんから、自分の頭で考える必要がありますが、最近は全体的にマニュアルチックになってマニュアルから少しでもずれるととたんに思考が停止する人が一定数出てきている気がします(裁判官も同様)。

    世の中の流れかもしれませんが、司法というのは紛争と言うレアなケースの解決の機関なのですから、あんまりマニュアルチックなのもどうかなという気がします。

    No title

    同じく私も、結構ひどい準備書面出されるのはベテランの先生であることが多い気がします。

    逆の見方有り

    興味深く拝読しました。私自身,共通の言語を身につけているのかどうかはよくわからないのですが,全く逆の見方をする人たちもいます。特に法科大学院教育に関わっている弁護士の中には,ベテラン弁護士こそとんでもない主張をしたり,ひどい書面を書いたりするのが多い,それに比べれば自分の事務所の若手はとても優秀だし,相対的に法科大学院を卒業した若手弁護士の方がまともな書面を書く,これは法科大学院の成果だ,と堂々と主張する人たちがかなりいます。どちらが正しいのかは,どちらの立場にも立たない弁護士や市民が判定するしかないのでしょうが,もはや法曹養成はイデオロギー闘争のようになってしまっていると感じます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR