法曹志望者の背後に近付く者たち

     「給費制」や法科大学院をめぐり、「おカネ持ちしか法曹になれない」という問題が指摘されています。その通り、いや、そんなことはない、というやりとりも議論のなかでなされてきたのですが、これは以前にも書きましたが、この問題は、法曹志望者の機会保障という意味と、もう一つは、法曹の人材の偏りという意味で、その現実的な弊害を考える必要があります。

     後者に関しては、もし「おカネ持ちしか」ということであれば、その結果、いわゆる富裕層が多く裁判官や弁護士になる状況が、果たして司法の在り方として問題にならないのか、という話にもなります。

     ところが、もう一つ別の見方も実はあります。「おカネ持ちしかなれない」ということよりも、「おカネ持ちならなれる」という方を懸念する見方です。これは、法科大学院修了者の7、8割程度の司法試験合格という当初の見通しが掲げられた時に、よく耳にすることがありました。

     暴力団などが資金提供した法曹志望者が法科大学院に入り、受かりやすくなった司法試験をパスする。つまり、法科大学院さえ入れれば、まず合格出来るという制度は、そういう環境を提供するのだ、と。経済的に厳しくて本来法曹界が欲しい人材が来なくなるかわりに、そうした経済問題をパスした望ましくない方々がやってきて、まんまと法曹になってしまう環境なのだということです。
     
     もっとも7、8割に遠く及ばない現在の司法試験合格率を見れば、入ったからといって合格出来ない人の方が7割以上いるのですから、そんな想像もしずらくはなっています。

     ただ、気になる話が3年前に出版された河井克行・衆院議員(元法務副大臣)の「司法の崩壊」という本の中に書かれています。法科大学院関係者の話として紹介されている法曹になる動機・目的を全く明らかにしない「チンピラ」風学生たちの話です。彼も言いますが、これまでも「ヤンキー」や「ツッパリ」風の法曹志望者はもちろんいましたが、確かにみんなそれでも動機や志については法曹志望者のそれだったりしたものなのです。

     河井氏は、「推理作家ばりの『想像』」と前置きして、この「チンピラ」風の学生たちが、「その筋」の団体から資金提供を受けて、法科大学院に通っている可能性を指摘しています。

     もちろん、動機・目的を明かさず、格好が「チンピラ」風というだけで、直ちに、こうした想像ができるのかという疑問はあります。ただ、彼も指摘していますが、こうした資金提供の噂は、裏が取りきれない話として、旧司法試験時代にも、存在していました。私の知っている限りでも、最終的に合格できたかまでは定かではありませんが、かつて大学院で勉強しながら司法試験にチャレンジしていた学生が、実はテキヤ系暴力団の準構成員だったという話がありました。
     
     河井氏は、こう書いています。

     「旧司法試験は最難関の資格試験であり、合格率がたかだか数パーセントだったから、資金を提供する側にとっても、危険性の高い投資であったに違いない。ところが新司法試験が始まり、一挙に合格率が跳ね上がった。ならば、その『投資』が採算に乗るかもしれないということは容易に想像できる」

     繰り返しになりますが、合格率が下降していて3割を切っている現在の状況は、河井氏の想像を少なくとも「容易」にさせるものにはなっていないようには思います。

     しかし、ここで二つのことがいえるのではないかと思います。一つは、とにかく司法試験の合格率を上げよ、とりあえず試験を通せ、という法科大学院側から聞こえてくる発想と、おカネがかかる現在の制度の取り合わせは、方向性において、前記のような関係が生まれる環境を作る危険性を高めることを否定しきれないこと。

     そして、もう一つは、「給費制」が存在し、「修習専念義務」が課せられ、そして法科大学院というプロセスのための経済的条件が問われなかった、かつての法曹養成が、志望者に対するそうした外部の影響あるいは誘惑を極力排除するものだったということです。

     いまの「改革」が生み出している状況は、弁護士になる前から、そしてなった後まで、そうした関係性をより生み出す環境を作りつつあるということには、目が向けられてもいいように思います。


    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    費用対効果

    費用対効果から考えて、法科大学院制の段階でヤクザが近づくことはないとおもいます。卒業後の、職が見つからない新米弁護士は、ヤクザの餌となるかもしれません。
    どんなに心優しい善良な若者であっても、奨学金という借金と、生活費という現実に襲われてしまえば、仕事がない限り心がすさんでゆくでしょう。

    それに、合格していない学生に金を出すヤクザなど、いないと思いますよ。合格しなかったら無意味ですからね。そして、ヤクザの紐付きになることをいとわない「思考力が弱い人間」が合格するとも思えません。
    だって、合格の見込みがある人間は、予備試験をつかったり、学費全額免除の中・下位校の既修を受ければいいだけの話ですから。下位校で学費全免を取れない程度の学生が合格する可能性は、それほど高くないでしょう。

    ヤクザの餌になるのは失業中弁護士です。
    新人・ベテラン問わず、金に困っている弁護士はヤクザの餌。たぶん。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    門野隆平さん、コメントありがとうございます。

    >なぜなら、資格試験で、人間的な評価をすることは、現試験制度では行っていないからです。資格試験においては、机に座って長時間勉強できる資質、業務に必要な知識および論理能力のみで判断しています。

    >試験のハードルをさげれば、アウトローが合格できるようになる、という思考は、資格保持者は人格的にも優れているのだ、という発想からくるのではないでしょうか。

    前者はその通りですが、後者はそういうことになるでしょうか。記事でも書きましたが、旧司法試験でも厳密な意味では、こうしたことは防ぎえなかったことだと思います。河井氏の主張は、結局、アウトロー側の「投資」する側の環境が、より整うということだと思います。もっとも、「7、8割合格」といった法科大学院に入学できれば、門野さんご指摘のように、人間的評価抜きにまず合格できてしまう環境を前提にして、より可能性が高まる話ですが。

    ただ、書きましたように、かつてよりも志望者にとって経済的条件のハードルが上がることになる法科大学院制度、あるいは「給費制」がなくなることで、外部からの影響は受けやすくなる、という見方もできると思います。修習専念義務の存在意義としても、こうした影響の排除という視点があったことを思うと、こうした点からも目が向けられていいと考えました。

    したがって、おっしゃるようなこれまでの資格制度が完全にこうした影響を排除し、それによって現資格者の方が人間的に優れている、という趣旨では全くありません。

    今後とも、よろしくお願いします。

    No title

    いつもありがとうございます。


    河野様は河井氏の主張を援用し、2点の主張をなされました。
    それは

    1、合格のハードルを下げた場合、合格者の質が悪くなること。

    2、合格要件に、受験者の所得が強く影響する場合、受験者の機会の平等性が損なわれ、結果として優秀な人材(所得がなく、優秀な人材)を損なってしまうこと。

    である、と認識しました。

    1について、思うのですが、

    河井氏は、例示としてヤクザなどのアウトローを出されていますが、従来の試験制度においても、試験に合格するだけの受験に関する知識があれば、こういった人たちも合格する可能性は充分にあるのではないでしょうか。

    なぜなら、資格試験で、人間的な評価をすることは、現試験制度では行っていないからです。資格試験においては、机に座って長時間勉強できる資質、業務に必要な知識および論理能力のみで判断しています。

    試験のハードルをさげれば、アウトローが合格できるようになる、
    という思考は、資格保持者は人格的にも優れているのだ、という発想からくるのではないでしょうか。もしそうであれば、それは行き過ぎたエリート意識であり、危険だと思います。


    つまり、まとめると、試験のハードルを下げれば、アウトローの合格者を出してしまう、という主張は、司法試験合格者が、あたかも人間的に優れている、という誤解を生みだしかねないのではないでしょうか。



    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR