「必要な弁護士」像の目標と発信

    一般的に考えて、弁護士からみた仕事の成功モデルとは、より効率よく適正に事案を処理し、安定的に収入が得られる環境を作ることにあるように思います。

     ただ、これもよく見ると、弁護士によって当然描き方は違います。弁護士にそもそもなった目的が、例えば人権擁護活動や弱者救済にあるという使命感か強い人ならば、そうした環境は、その目的を達成するために必要なものとなります。

     つまり、そうした活動が出来得るための、経済的安定であり、冒頭のような環境自体が目的化しているわけではない、という人がいるわけです。逆に言えば、そうした特別な使命感が希薄なほどに、そうした環境そのものが目的化していくことも、当然のことであり、日弁連のアンケートなどで示す「公式見解」はともかく、おカネ儲けがしたいと思ってこの世界に来た人ならば、そこが重要になるのもまた、致し方ないことではあります。

     一方、社会が求める弁護士像も一通りではありません。企業関係者のなかには、出来るだけ低額で、常に一定のサービスを企業ニーズにこたえる形で提供できる条件と能力を求める人たちがいます。弁護士を選択できる環境にある彼らに対して、いかにその要望にこたえられるかが、前記安定を確保するために必要と考える弁護士の課題となり、弁護士はそれに向き合うことになります。

     しかし、おカネを投入する用意がない多くの大衆、さらに前記したような人権にかかわる問題を抱えた人々の期待は、むしろ弁護士の使命感の方にあるといっていいと思います。正義の実現を使命として法に掲げている公的な存在として、できるだけカネ取り主義では望んでほしくない、正義感として助けてほしい存在になります。

     その意味では、そうした使命感をもってこの世界にきた弁護士ならば、それを歪めない形の、それを支えきれるだけの経済的安定を持ってもらうことは、そうした期待感をもつ大衆にとっては、本来は歓迎すべきことだと思います。安定化が目的化し、カネ取り主義で、事案に当たられることは、難しい法的処理の対応を弁護士に預けた形になる、あるいは前記した企業関係者のように必ずしも「選択」できる環境にない大衆にとっては、非常に油断できない、危なっかしいことでもあるのです。

     ここで私たちは、二つのことを考えなければいけいと思います。まず、一つは、この社会にとって、どういう弁護士を養成してもらわなければならないのか、ということです。別の言い方をすれば、どういう能力と意識をもった人が必要なのかということです。

     もちろん、意識だけでも、能力だけでも、通用しないことはいうまでもありません。仮に能力があっても、大衆にとっては、どういう意識の弁護士が必要なのか、そこがもっと問われていいように思うのです。

     そして、もう一つは、その意味において、どういう意識の人がこの世界を目指すべき、目指してほしいと、法曹界側が発信するのか、ということです。もちろん、動機は強制できません。どういうことを期待し、どういう仕事を選択するのかは、自由です。

     ただ、弁護士の経済環境が変わり、「まだこうした出番がある」「ここは収入的に安定している」というメッセージが社会に伝わったとすれば、とりもなおさず、そこを目指せということにもなります。羽振りがいいのは、やはり企業系となれば、間口が狭くても、もちろんそこが志望者の目標なるかもしれません。

     一方で、前記した使命感でこの世界を目指したいと思っても、それが実行できる安定した環境を作るのが、相当困難というメッセージが伝われば、この世界にくるのを断念する人も出てくるでしょう。その結果、そうした意識をもった弁護士に出会うのが大衆にとって困難な社会になってしまうかもしれません。

     法科大学院関係者をはじめ法曹養成にかかわる人のなかにも、一体、どういう法曹を、育てなければならないのか、戸惑っている方もいるようです。また、法曹界では、「まだまだ儲けている」「貸与制でもやれる」「甘やかすな」という、弁護士にとっては厳しいととれる意見が目立つなか、それでもやってくる有志を期待する声よりは、経済的条件が整っている人だけが来れる話と、使命感を持つ人も含めて来なくなる話がささやかれているのが現実です。

     結局、どういう意識の弁護士がこの世界に残ることになるのか、大衆に最も密接にかかわる、その肝心な不安が、伝えられていません。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR