「資格者」を輩出する側の自覚と責任

     法曹の質という問題になると、法科大学院本道主義を批判する立場に対して、旧司法試験の体制は質を担保していたのか、という反論を聞くことがあります。

     しかし、どちらがいいかといえば、司法研修所の教育にしても、あるいは弁護士が法律事務所で修業する態勢にしても、現実的に「質」を保つ適正規模、環境は以前の方が整っていたと思っていますし、本音ではそう感じている方々が、弁護士界にも沢山います。旧体制に改善点があったとしても、現状よりいい、という認識です。

     ただ、それもさることながら、率直に疑問を感じるのは、冒頭のような反論をする法科大学院関係者の口から、とりあえず合格者を増やし、社会に弁護士を放ち、競争による淘汰によって、質が良化すればいいではないか、という経済界方面から聞こえてくる増員推進派の論調にくみする発言がみられることです。

     以前にもご紹介した5月31日付けの朝日新聞朝刊が掲載した対論形式の記事(「刷り込まれる『弁護士大増員』という前提」 )で、安念潤司・中央大学法科大学院教授は、こんな発言をしています。

     「合格者を増やすと、法曹の平均的な質は当然低下します。だけど、それで誰が困るんてすか。上位500人は旧司法試験の時代と同じくらい優秀なはずです。ぎりぎり合格した連中だって、世の中に出せば意外と使い物になるかもしれない。入り口で絞るんじゃなく、チャンスは与えて、後は自由競争に任せればいい」

     これは、こと「質」ということに関していえば、法科大学院側の自爆的発言ではないでしょうか。旧司法試験時代の「質」担保の実績を認め、さらに、その部分についての責任を基本的に担う発想が感じられない言い方です。すべての法科大学院関係者が、同教授と全く同じとは思いませんが、少なくとも「淘汰」の論理にくみする以上、基本的には同じ方向を向いたご意見にとれます。

     つまり、法曹養成というものを考えるとき、社会に輩出する法曹の質の確保を念頭に置くか、置かないかの違いです。後者の場合は、市場原理がなんとかしてくれると考え、前者は一定の質が確保されていない法曹を社会に出すのは危険であり、法曹界側として一定の責任を負うという考え方です。

     ここで考えなければいけないのは、依頼者・市民にとって、「資格」とは、現実的にどういうものか、ということです。国家が能力によって「資格」を付与するという形。これは、利用者側からすれば、能力担保のしるしです。その意味は、具体的な機会と手段において、一定の能力を判別することが困難な専門家に対する信頼と選択の目安です。当然、利用者からすれば、「国家がお墨付きを与えた資格を持っている人」がより信用でき、それで判断して間違いない態勢が望ましいに決まっています。むしろ、それこそが「資格」の社会的な意味であり、効果だと考えている人がいてもおかしくありません。

     だとすれば、資格者を養成する側が何を考えなければいけないかは、おのずと明らかです。「資格者」として社会に宣明する存在の「質」の均一化、それが100%ではなくて、それに近づける努力をする姿勢が求められるのは当然ではないでしょうか。特に、強い権限を持つ、ある意味「危険」な仕事であればなおさらだと思います。弁護士という仕事は、大衆にとってまさにそういう仕事だと思います。

     司法研修所で、後輩を育てることに汗してきた先輩の実務家法曹たちが、まさにそのための努力をしてきたことを知っています。そこを少なくとも軽く考える姿勢ではなかったと思います。まして、とりあえず社会に出してもいいじゃないか、という発想ではありません。

     「淘汰」の論理にくみすること自体が、大衆にとっての「資格」や法曹養成の意味を度外視し、責任を負う気がない、担い手としての適格性をとわれる姿勢のようにとれます。増員ありきで、当然のようにそうした発言が大新聞で掲げられるなかで、その問題性も、またその結果が社会にもたらすものも、十分に国民に伝わってないように思います。


    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR