弁護士情報「非公開」の不信

     ブログや法律事務所のホームページなどでの、活発な弁護士の意見発信を日常的に見ていると、つい忘れてしまいそうになりますが、実は、まだ多くの弁護士は、インターネットを十分に活用しているわけではありません。

     法律事務所のホームページを持っていない所は多いですし、弁護士会の検索サイトや地域・コミュニティで名前と事務所所在地はネット上に挙がっていても、それ以上の対応に必要性を感じていないような姿勢の方は、それこそ沢山います。

     まして自らの経歴や意見をネット上に発表する人は、さらに全体からみれば少ないのが現実で、中には「やりたいとおもいつつ」という方もおられるかもしれませんが、かなりの方は「必要なし」という姿勢にとれます。

     まだ、発展途上という印象もありますが、弁護士界のなかの、こうしたことへの普及ペースは、意外と遅いという印象を持っています。もちろん、インターネットなんて当たり前の世代が急速に弁護士会で比重を示し出していますから、もはや流れは決定的です。ネット活用が、今後、拡大することは間違いないことです。

     最近、ある人から市民の「弁護士探し」について言われました。

     「市民は弁護士を探す場合、何千人ものなかから、良いと思う弁護士を選ぶわけではない。目についた人から選ぶのだ。だから、ネットを使うのが当たり前の時代、それを使って探すのならば、ヒットしない、情報が出ていない人は真っ先に対象外になる」

     当然のことかもしれませんが、いまだ「必要なし」と考えているとみられる弁護士の方々は、ことによるとこの現実を十分理解していないのでは、と思ってしまいます。

     あるいは、長く「紹介」という顧客との出会いを、基本的な業務スタイルにしてきた仕事の体質でしょうか。広告に対する消極姿勢とも共通するものがあるようにも思います。

     ただ、いうまでもなく、弁護士と大衆、双方にとって、これは不幸なことです。前記市民の発現を見れば、明らかですが、その消極姿勢があるべき出会いを阻害するからです。ネットに積極的に情報を流している弁護士のなかから、大衆が弁護士を選ぶとすれば、それはやはり選択肢のです。

     もう一つ、弁護士が考えなければいけないのは、「非公開の不信」です。これは、ネットに限らず、かつて長く弁護士の経歴を載せた書籍の出版に携わってきた経験からも、感じてきたことでした。情報が出ていない、ということは、大衆にとって、弁護士とのコンタクトの第一段階での、決定的な不信要素です。

     出ていないということは、隠している姿勢として受け取られるということです。

     「経歴やお写真が発表されていない弁護士さんなんですが、こんな方は当然、やめておいた方が無難ですよね」

     前記出版物を出していた関係で、編集部で何度こんな電話を受け取ったかは分かりません。もちろん、「出てないからやめるのが無難」なんて指南したことは一度もありません。しかし、出ていない人は問題外、住所だけより経歴が出ている人、簡単に書いてある人より詳しく書いている人、取り扱い分野が書いてない人より書いている人、ナマの声が伝わらない人より伝わる人、写真が出ていない人より出ている人。こうした選択は間違いなく行われています。これは、ネットでも全く同じだと思います。

     このことを意外と認識していない弁護士の方は多いのです。ご忠告しても、印象としては無頓着という感じです。とりわけ、写真については、出すことに抵抗がある方が、弁護士の中に多いのですが、弁護士が考える以上に、弁護士を探す側の印象に大きく影響していることがあります。

     以前にも書きましたが、「坂本弁護士一家殺害事件」以降、自宅の住所を含め、弁護士が個人情報の公開に慎重になってきた流れがあります。最近でも、弁護士の殺害に至る業務妨害事件が発生している現実もあり、自己防衛としてのこうした姿勢を頭から否定することもできない状況はあります(「弁護士の自己防衛は不吉な兆候」)。

     しかし、そのこととネットを活用した情報発信の必要性は別に考えなくてはいけません。いうまでもなく、これは今現在、弁護士個人がやることができる最大のアクセス保障への手段であり、価値ある努力だと思うからです。

     もっとも、これをここで言っても、これを読んでおられる弁護士のほとんどは、「そんなことわかってるよ」という、もはや実践されている方々という気もしなくはありませんが。


    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございました

    通りすがりさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘の通り、リスクが高いとも思います。
    ただ、インターネットという環境は、やはり弁護士探しにも活用されてしまい、いってみればご指摘のようなサポートの仕組みが整備される以前に、というかそれにかかわらず、状況が先行していくと思います。その意味で、弁護士個人として情報公開の姿勢が、現実的に依頼者のどういう判断につながってしまうのかを書きました。

    今後とも、よろしくお願いします。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    う~ん…

    難しいところですが、あくまで現時点の話で言うならばネット、中でも検索エンジンで
    一般市民が依頼する弁護士を探すことの方がリスク高いんじゃないかな。
    依頼者にとって安全かつ効率的な弁護士選びをサポートする仕組みは、まだ
    これから試行錯誤する段階、まだ緒にもついてないという印象があります。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR