「華麗なる」転職のすすめの本気度

     現在、討議が続けられている政府の「法曹の養成に関するフォーラム」に日弁連が提出した資料のなかに、日弁連が2007年10月に発行した「弁護士のための華麗なるキャリアプラン 挑戦ガイドブック」というパンフレットが含まれています。

     ご覧になったことがある方もいらっしゃると思いますが、企業内弁護士、任期付公務員、国際公務員弁護士・国際司法支援弁護士、法テラス常勤スタッフ弁護士・公設事務所弁護士、裁判官任官を紹介しているもので、弁護士の転職先の紹介、もっと言ってしまえば、転職のすすめといった内容です。

     「華麗なるキャリアプラン」というタイトルは、一体、だれが考えたのでしょうか。いかにも若手を意識し、転職の「可能性」を受け入れやすくする、みえみえの配慮がやけに鼻につき、「華麗なる」にいたっては、こびているというか、いやらしさまで感じてしまう、少々「痛い」パンフレットです。

     現に、当時、これを見た弁護士の中には、このパンフに首をかしげた方もいました。要するに、転職先としてこんなものがありますということを提示されても、若手はどうにもならない、本当に求めているのは、職域拡大ではないのか、というものです。

     つまり、ここで示されている「転職先」は、決定的に多数の弁護士を受け入れる受け皿にはなり得ないという現実を本当は分かっているのではないか、ということでもあります。そうであれば、「華麗なる」プランとは、いくら「可能性」を示したとはいえ、日弁連自身が、現実から目をそらしているような印象もとれなくありません。

     現に、坂野真一弁護士が、当時のブログであきれ返っていました(「日弁連の大いなる誤解」)

     「若手の弁護士が求めていることは、すでに知っている弁護士の職域に関することを改めて教えてもらいたいというものではありません。弁護士会として(他士業等が法律違反を覚悟で浸食し続けてきている)弁護士の仕事を守り、そして新たな職域拡大を図って欲しいということです。それが弁護士増員を容認した日弁連執行部の、若手弁護士に対する最低の責任であるはずです」
    「こんなあほらしく無駄なパンフレット(イラスト入り、フルカラー)を作成し郵送する費用があれば、他士業と弁護士の扱える業務の違いをきちんと広告することもできますし、弁護士法違反をして不十分な解決しかできない者を摘発して司法への信頼を取り戻すこともできるでしょう」

     実は、こうした「転職のすすめ」は、弁護士の経済難からの増員慎重論を「けしからん」とする経済界、法科大学院関係者、大マスコミが、その弁護士批判論調で、つとに挙げてきたものです。「こんなにいろいろあるじゃないか」と。ただ、彼らも、その企業など受け入れ側が現実にどのくらいの規模を収容するつもりがあるかについての、突っ込みは極めてあまく、せいぜい「採用してみたら」といった調子です。

     つまり、本当はその現実から逆算して、増員自体を考えてもいいはずのところが、弁護士側の心得違い、まるで「転職」への気概のなさが原因のような言い方になっているのです。

     坂野弁護士も指摘したように、日弁連執行部には弁護士増員容認の責任があるはずなのですが、このパンフは、どうもそのことを脇に置いて、心得違いをいう「けしからん」派側のスタンスから作られている印象すら感じます。「君の挑戦しようとする気持ち一つでいろいろ道は開けるのだよ」と。

     ところで、現在の日弁連は、なぜ、今これを討議の資料として、この「痛い」パンフを「フォーラム」に提出しているのでしょうか。前の執行部のことながら、これまでの日弁連も、ちゃんとこうした受け皿を会員に勧める努力はしていたのです、というアピールでしょうか。

     問題は、もしそうだとして、その趣旨が、そうやっても現実的な問題は解決しないということを伝えるものなのか、それとも、依然として、日弁連は「けしからん」派の方々のいうように、会員の「挑戦」でいけることを前提に勧める努力をする所存を伝えるものなのか、はたまた、もはやそのどちらでもないのか、そのことが一番、気になります。


    ただいま、「弁護士の増員」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR