弁護士が「モンスター」に見える時

     民事事件の相手側が、どう考えてもめちゃくちゃな主張を掲げてくる。こんなことは、よくある話です。その際、そのめちゃくちゃな主張側についている弁護士が、どのように相手側市民の目に映っているかといえば、もはやそれはいうまでもないと思います。

     私も近い経験をしたことがありますが、まず思うのは、「正気か?」と。そして、必ずそのめちゃくちゃな主張への弁護士の深い関与を想像するのです。

     敵対している弁護士に言わせれば、相手弁護士は依頼者の意向にそわせて、法的な体裁を繕って、裁判所に書類を提出しているだけ、という見方をする場合も少なくないようですが、当事者の気持ちはそこではおさまりません。めちゃくちゃな主張は弁護士の入れ知恵ではないか、はたまたどこまでが入れ知恵かと、まず疑うのです。

     「めちゃくちゃな主張」とくくっていますが、正確にいうと、一般人からすれば、無理筋の主張に、理屈をつけているものです。法律家からすれば、理屈が付く以上、主張できることになり、無理筋でもない、ということになるかもしれませんが、真実を知ってしまって、相手の嘘を知ってしまっている一方当事者からすれば、相手側依頼者とともに、その弁護士も、嘘つきに加担する醜い姿に映ります。

     例えば、必ずといって市民が想像するのは、法的なことは全く分からないまま、窮地にある依頼者の相談を受けた弁護士が、どう考えても依頼者側に非があることが分かったうえで、それを逃れるための、あるいは相手を攻撃するための算段として、何が必要かを指南するという図です。

     これを不正義とみる相手側市民のなかには、すわ懲戒ということを口にする人もいますが、現実的なことをいえば、そう簡単なことではありません。もちろん弁護士はあくまで依頼者の有利になるような活動をしますし、正当な権利として主張できる余地があれば、それを十全に主張するのが仕事です。

     多くの場合、弁護士の前記したような行動、正確にいえば、確実にはその実態をつかみきれない依頼者間とのやりとりについては、弁護士の本来業務として堂々と自己弁明できる立場にあります。これを弁護士に聞くと、そこは「それが弁護士の仕事だから」という人もいれば、「そこに逃げ込める仕事」と評する人もいます。

     ただ、逆にいうと、そのめちゃくちゃな主張の側についている弁護士の態様も人によって違うことがあります。依頼者側の主張は掲げながらも、和解の交渉での態度では、明らかな違いが出ます。つまり、それなりにこちらの意をくみ、めちゃくちゃな自分の依頼者を説得する姿が、相手側弁護士・依頼者にも分かる場合があるのです。もちろん、それも和解のテクニックかもしれませんが、それはまだ、弁護士として救いがあるという感じもします。

     既に書きましたが、むしろ、こういうレベルではなく、最近は、玉砕覚悟でめちゃくちゃな主張で突っ込んでくる弁護士が増えているという話があります。もはや勝算ではなく、その姿勢だけで依頼者の気持ちを引きつけるという話です(「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」)。

     かつては、いかに依頼者の頼みであっても、そんな主張は法律家としてできない、ということを言う弁護士は沢山いました。それは、ある意味、プライドが支えていた面もあります。もちろん正義感もあるでしょうが、法廷で裁判官と相手側弁護士の前で、恥ずかしくて主張できない、という感情が働くことだってありました。

     最近も、会社が労働者に対して起こした損害賠償請求について、その代理人にあきれかえる弁護士のコメントが記事になっており、その中にも前記した意識をうかがわせるものが出てきます(J-CASTニュース「仕事つらく、耐えられずに退職 何と会社が2000万円損害賠償請求」)。

     「モンスター」に付いて、その声をそのまま発する「モンスター弁護士」の登場が、説得という弁護士の能力低下によるのか、それともかつてあった弁護士のプライドがなくなりつつあることによるものか、はたまた今の余裕のなさがもたらしているとみるべきか。いずれにしても、市民にとっては、いい話ではありません。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございました

    名無しさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘のような現実を考えるにつけ、やはり弁護士という仕事は、とりあえず増やして、社会に放てばいい、といえるような資格ではなく、「危険」な仕事としてとらえておかなければいけない、と感じます。現実問題として依頼者側の安全が守れない状況が存在するように思います。

    今後とも、よろしくお願いします。

    No title

    そのめちゃくちゃな主張をしている弁護士は金目当てです。
    ここで言う金とは、勝訴時の賠償金の事ではなく、依頼者から取る着手金や日当の事です。
    裁判に勝訴する気など、さらさらありません。

    要は、依頼者から相談を受けた弁護士が、「この裁判は勝てますよ」みたいに言うのです。
    そこまであからさまに言わなくても、勝訴の可能性をほのめかすような事を言います。
    そして、勝訴できる見込みはないし、勝訴する気もない裁判の弁護を引き受けるのです。

    当然、最高裁までやっても敗訴するので、裁判終結後に依頼者とトラブルになるのは目に見えています。
    しかし、弁護士の勝訴をほのめかす発言は、所詮口頭での発言なので、言った言わないの話になるだけで、依頼者は実質的に泣き寝入りを強いられます。
    依頼者が弁護士を訴えるにしても、録音でもしていない限り、口頭での発言は証拠がない(裁判では全て証明責任は原告にあります)ですし。

    ありがとうございました

    西谷慎一郎さん、いつもありがとうございます。

    大変興味深い情報であり、重大な問題ですね。確かに国レベルの話ですが、弁護士・会はどう受け止める(受けとめている)のでしょうか。かなり不勉強でした。調べてみたいと思います。

    今後ともよろしくお願いします。

    弁護士がどうというより

    国としてダメなんじゃないかって気がしますね。

    上関原発 反対運動へ 中国電力が提訴した SLAPP訴訟
    http://ugayaclipping.blog.so-net.ne.jp/2011-06-06-1

    米軍演習場のヘリ基地に反対したら国にスラップを起こされた住民
    http://ugayaclipping.blog.so-net.ne.jp/2011-06-07

    でも、この代理人になってる弁護士はもうどうしようもないですね。

    ありがとうございました

    東京在住の肥後もっこすさん、コメントありがとうございます。

    なるほど。そういう見方もありますか。

    どこかの国の総理大臣の退陣詐欺のシナリオに

    モンスター弁護士の匂いがプンプン。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR