経営弁護士の苦悩と未来

     弁護士の経済状況が激変する中、弁護士の話のなかには、かつては聞かれなかったような自覚や認識を示す発言を聞くことも度々あるようになりました。そのなかでも、最近、富に聞かれるような印象があるのは、「経営者」目線の話です。

     いうまでもありませんが、「経営者」といっても、景気のいい話ではありません。イソ弁や従業員の生活を心配する、経営不安定な中小・零細企業の社長をイメージしてしまうような話です。

     もちろん、これまでの事務所「経営者」弁護士は同様の悩みを抱えてこなかったわけではありません。昨日今日始まったことじゃない、とおっしゃる方もいるかもしれません。

     しかし、事件数の減少、弁護士の増加が、じわじわと経営を圧迫し、弁護士たちのそうした発言になって現れている観かあります。

     弁護士自身はよく口にすることですが、「自分たちの仕事は水商売」だと。お客さんの入り次第で、来月の収益が必ずしも見込めている仕事ではないのだというのです。言われればそうのですが、おそらく一般の人は、弁護士の仕事をそんな風にはイメージしていません。

     事務所が大きくなるにつれて、経営弁護士が事件処理業務ができなくなる現実を、前島憲司弁護士が最近のブログで書かれています。

     「最初は本来的業務である事件処理の片手間でマネージメントとマーケティングという経営面での仕事していた。しかしながら,事務所が大きくなるにつれ,経営面の仕事に労力を注がなくてはいけない。段段事件処理は勤務弁護士や事務局スタッフに任せることが多くなり,最後にはまったく事件処理業務をやらなくなる。つまり専門性を捨てることになります」

     これはある意味、個人事業としてやっていた時代との環境の違いではあります。ただ、前島弁護士も指摘していますが、依頼者がきめ細かなサービスや迅速な事件処理、より低額のサービスといったことが弁護士に求められていくなかで、集団的・組織的処理が不可欠というとらえかたをする弁護士が増え、その結果として、選択された組織化のなかで、当然に生じてきた現象ではあります。

     しかし、一方で、弁護士を取り巻く経済環境の悪化は、逆にこうした弁護士事務所にとって、より過酷な状況をもたらしていることもまた、冒頭、引用の「経営者」弁護士の発言からもみてとれます。事務所の大規模化のスケールメリットが、この経済状況でプラスに働くのか、それとも大規模化の負担の方が上回るのか、といった話になります。

     雇われ弁護士の方が気楽、と考えている方もいないわけではありません。ただ、弁護士を大量に雇う新興法律事務所の経営弁護士の中には、こういう経済状況で、安く弁護士を雇えるメリットの方に重きを置いているようにとれる方もいます。これもまた、見方によっては、経営弁護士の方から弁護士の専門性よりも、安い労働力に目をつけているようにとれてしまうあたり、これまであまりお見かけしなかった弁護士の「経営者」目線のスタンスのようにも見えます。

     さて、前記ブログのなかで前島弁護士は、事件処理面での専門性を捨て、経営に専念する弁護士、果ては法律事務所経営の専門家弁護士が登場する未来を予想しています。

     現在の法制度では、病院経営を医師が担うことが義務化されているように、法律事務所の経営者は弁護士資格をもっていなければいけません。ただ、病院の世界でもこの形に疑問が呈されているように、前記したような流れは、あるいは経営への弁護士資格限定が外される方向に、社会が傾斜することを後押しすることになるかもしれません。

     こういう方向のなかで、この国に残る弁護士は、果たして時として商売抜きでも市民のため立ち上がってくれる存在として残ってくれているのかどうか。かつての弁護士では考えられないようなセリフも、これからもっと、弁護士の口から聞くことになるのではないでしょうか。やはり、きれいな絵ばかりは想像できません。

    ただいま、「弁護士の経済的な窮状」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR