「会費」と弁護士会の事業仕分け

     「高い」ということで、弁護士の中で不満が高まっている弁護士会の会費については、以前も書きましたが(「弁護士会『会費』の無理」)、今回、立ち上げた投稿サイト「司法ウオッチ」で、この問題をテーマに設定したところ、早速、こんな書き込みがありました。

     「これだけ爆発的に弁護士が増えてきているのに、会費が安くなる傾向は一向に見えてきません。スケールメリットはどこに行ったのでしょうか」(新人弁護士・東弁)

     実は弁護士会外の人に、この会費の話をふって、その人が弁護士の増員を知っていたのならば、まず、このことが返ってきます。弁護士が増えているんだから、個々の弁護士の負担は軽くなるんじゃないのかと。まあ、普通はそう考えるかもしれません。まあ、なかには、会費の高さ自体に「さすが儲けている人間たち」という評価もあるようですが。

     会員数が増えれば、会員の入退会の管理は増えるかもしれませんが、一般的に考えれば、会員数増に伴って、事業活動を拡大するのでなければ、負担が減ってもよさそうなものです。もともと弁護士会の会費は、純然たる会員管理の事務費だけではないわけで、しかも、極端な人数の増え方をしているのですから、なおさらそう考えたくなります。

     実は、会員自身がよく分からない、というところに、さらなる問題があると思います。つまり、そこのところを基本的に了解できていないのです。

     こんな意見も書かれていました。

     「公益活動というのも、本当に必要な活動かどうか、弁護士会がやる必要があるのかどうかという事業仕分けも含めて考えないと、弁護士はただでさえ不景気で収入が減少しているのに、会費負担(金銭)+会務負担(労力)で死んでしまいます」(向原栄大朗弁護士)

     弁護士会の会費が、一般的な会費というイメージとは違う高いものになるのは、それが公的な領域をフォローしているという、その性格にあることは、前記エントリーでもご紹介しました。ただ、その領域についても、了解が得られていない、ということです。

     「事業仕分け」という言葉が出てきましたが、およそ弁護士会活動には、そういう視点があったのか疑問です。もちろん、弁護士会活動が選別されてこなかったわけではありません。ただ、弁護士会の活動にふさわしいか、とか、社会的な意義があるか、という論点は強調されても、現実に支えていかれるのか、支えていかれるという観点からの優先順位という視点が欠けているような観もあります。弁護士会にふさわしければ、何としてもやる、という姿勢にも、限界があります。また、一度、旗揚げしたものをひっこめることを嫌う風がないわけでもありません。

     弁護士会は、できないことはできないと、もっとはっきり言うべきかもしれせん。

     「事業仕分け」ということでいえば、およそ「無駄」という観点で、こうした話がされていることは、ほとんどないと思います。弁護士会としてやるべき、という立脚点ですから、「無駄なんてことがあるか」という話にもなります。

     ただ、別の話がないわけでもありません。前出「新人弁護士・東弁」さんのコメントにもこんな下りがありました。

     「我々新人弁護士層が日々の暮らしにも汲々としているなか、必要性があるのかないのか判然としない視察を大人数で行ったり、イデオロギー的に偏った(と私は感じている)行動を行われたりすると、率直に言って『すでに地歩をガチガチに固めている上層部は気楽でいいなぁ』と思います」

     偶然、つい最近、弁護士会外の人間からも弁護士会の海外視察についての批判的意見を聞きました。よく政治家について聞かれるような、物見遊山のような話に耳を疑いました。もちろん、同行していたわけではないので、それがどういうものかは分かりませんし、真面目に視察の目的を果たされている方々も沢山いらっしゃるとは思います。

     ただ、部外者にそうみえた実態があったとしたならば、それも無視できませんし、少なくとも前記コメントのように、弁護士のなかにもその在り方に首をかしげている人もいる、ということです。仕分け人が一応のチェック対象としてもおかしくはありません。

     さて、了解が得られていないということには、おそらく異論が出る、と思います。会費の徴収については、適正に議事にかけて、多数の賛同を得ている、と。つまり特定の公的な領域に会費が支出されること、そのために一定の高い会費を支払うことは、多くの会員が了解済みだということです。

     だとすれば、いっそのこと、その部分については、献金制にすればどうでしょう。払いたくない、納得のいかない人は、基本会費だけを払う。意義を感じる人は献金する。多くの会員が、その意義を感じて、賛成に手を挙げたというのであれば、その方は、払えばよし、多数が了解済みなのですから、収入減は小さくて済むはずです。

     自由意思にゆだね、強制徴収でなくなったとたん、献金する人も誰もいなくなったなどということはあってはいけません。それでは、その人たちは、本当は全く了解していない方たちか、目をつぶって手を挙げてしまった方たちという風にも、とれてしまいますから。

    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございました

    弁護士HARRIERさん、いつもありがとうございます。

    そうした対応もされていらっしゃるんですね。カンパでその範囲でとなると、規模の限界を言い出す方がいらっしゃるかもしれませんが、ある意味、健全な感じもします。それこそ、これまでの会活動の発想に縛られずに、模索する段階なのかもしれせんね。

    今後とも、よろしくお願いします。

    No title

    当会では、給費制維持活動に関して、東京集会への委員派遣を決めたとき、会でカンパを募ったところ、一定人数を派遣するに足るだけのカンパが集まりました(自腹で東京集会に出た先生もおられます)。
    特別な運動に関しては、このような在り方がひとつの道かもしれませんね。いろいろと模索しなければならないと思われます。

    ありがとうございました

    zzzさん、コメントありがとうございます。

    申し訳ありません。あくまで自分が見たことてはないので、あえて具体的なことは書きません。もともと書くつもりもありません。彼から聞いたことの、うらはもはやとれませんから。あるいは自己負担のプライベートタイムのことだったのかもしれませんが、少なくとも彼は弁護士の視察目的の渡航というイメージでなかったことに驚いていました。もちろん、会が出費していなくても、視察旅行先の弁護士たちの行動が市民の目にどう映ったかということは別問題だと思いましたので、あえて触れました。

    今後ともよろしくお願いします。

    No title

     海外視察といっても、私が聞いたものは弁護士の自己負担でした。自腹であれば、観光がセットされていたとしても何ら問題はないでしょう。
     それは会が出費したものだったのでしょうか。また、批判的意見とは具体的にどのようなものだったのでしょうか。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR