FC2ブログ

    「有志の精神」と「若手」頼みという課題

     一定の弁護士経験者が裁判官になる、いわゆる弁護士任官も、弁護士が赴任することで弁護士がいない地域をカバーする、いわゆる弁護士過疎対策も、基本的にそれを支えてきたのは、弁護士の有志の精神であり、そのことが一面、両政策のネックでもあるようにとれます。

     つまり、いずれも弁護士側の犠牲的ともいえる、負担を前提にしており、有志の精神頼みの現実があるということです。

     弁護士任官には判事について、弁護士在職10年以上(非常勤は5年以上、判事補は3年以上)という経験年数の条件があります。弁護士経験者から裁判官を採用する、弁護士会の悲願である、いわゆる法曹一元制度への「一里塚」のように会主導層がとらえた制度だけに、この経験ということには、当然、意味があります。

     しかし、当初からいわれたのは、この経験があればこそ、弁護士にとっては現実的なハードルが高いということです。いうまでもなく、ベテランになればなるほど、顧客との関係を含め、これまで築いてきたものを犠牲にしなければならないからです。もともと裁判官になりたい人が、法曹一元の意義を理解し、10年間その意志を維持して弁護士から任官するというのであれば別ですが、弁護士としての経験があるほど事務所の維持を含めて失うものが大きく、また、精神的にもつらいという話が聞えてきます。

     「名誉職」的な評価をする人もいる最高裁裁判官でさえ、就任が決まったベテラン弁護士は、事務所を整理するときの気持ちを「自分のお葬式をしているようだ」と語ったのを聞いたことがありますが、やはり築いてきたものを犠牲にして、新しい世界に入るのは当然、特別な覚悟がいるといわなければなりません。

     言ってみれば、一元的意義から任官を考えると、最も活かされるべき弁護士経験を持つ者ほどハードルが高くなる現実は、制度の構造的問題といってもいいように思えます(「弁護士任官の建て前と本音」)。

     一方、弁護士過疎対策にも、自分の開業地で築き上げたものを失うという意味では、同様のハードルの問題はあるはずですが、大きく違うのは、そのしわ寄せが結局、ある意味、露骨に若手にいっている観があることです。つまり、若手ほど失うものがないだろう、だからチャレンジせよ、という方向です。「改革」によって、経済的安定を得られない状況があるほどに、過疎対策の先兵に指名されている形になっているともいえます。

     地域にニーズが沢山ある、だから若手で経済的基盤がまだ作れていないのならば、失うものは少ないのだから、チャレンジすれば、という論法も耳にします。しかし、これに対して、そんなにニーズがあるというならば、それを声高にいうベテランがチャレンジしてもいいのではないか、という皮肉めいた反論も聞こえてきます。失うものというけれど、自分たちはしっかり経済的妙味で選択しているではないか、ということです。

     とかく年齢的なことと併せて、フットワーク云々も若手のメリットとしていわれますが、本来、ベテランが過疎地に赴任することにだって、地域にとって意味がないわけではないはずです。弁護士過疎が、そもそも弁護士の経営環境の問題であり、その現実の反映の、いわば必然が生み出しているということを考えれば、経済的合理性から対策の有無を考えるか、その合理性で割り切れない必要があるならば、経済的補てんがどこまでできるのか、のどちらかで考えるしかありません。それは、持続可能性ということを考えれば、そもそもが若手・ベテラン以前の問題のはずなのです。

     いわば、どちらにも割り切れず、「なんとかする」という考え方が、有志の精神頼みであり、若手への有言無言の圧力となっているともいえるのです。

     「まだまだ、地方に弁護士が足りないという印象を持っている」
     「地域で働く若い弁護士が増えることは望ましい」

     「ひまわり基金法律事務所」開設20周年記念のオンラインシンポジウムで発言した、「八重山ひまわり基金法律事務所」所長のこの言葉を伝えたネットニュースの記事(が、ネット界隈の弁護士間で話題となりました(弁護士ドットコムタイムズ Schulze BLOG)。同所長は、「今後の課題」として本音を語ったものだと思いますが、弁護士の反応をみれば、彼らの目に、これがやはり相変わらずの、前記した過疎問題への根本的対策の視点を欠いた、若手頼みの発想に映ったようにとれました。

     まず、有志の精神と若手頼みの限界と無理から、政策の構造的問題にメスを入れる発想が求められているように感じます。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    No title

    大丈夫。リーガルテックが救ってくれるよ。僻地の市町村役場にも一つ導入したら、市民無料相談のコストを下げられる。裁判所と違ってコロナでも休まないよ。医療分野では既に5年前には広く導入済みだよ。
    https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/joho/2009_03chiiki/pdf/ICTzirei2009_Medical.pdf

    医師会と違って、弁護士会からは時代とユーザーに合わせた提案は出ないから、役場の人が頑張らないと。

    刑事事件は本庁に配点できるよ。

    No title

    地方には新規登録者がほとんどいない?
    https://twitter.com/purapura415/status/1340554047158247425

    No title

    な、なんということだ……
    法曹界で著名な書籍「全国弁護士大観」などを発刊 法律新聞社(神奈川)が破産へ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/62c0c18757f6da6cdaa3bf487190c2aed8a58943

    No title

    刑事弁護に並々ならぬ関心を持つ方々は、若手を屯田兵のごとく送り出し、その後のキャリアパスは自己責任と放り出し続け、ひまわり基金元派遣弁護士が帰郷後ほどなくして自ら命を絶ったり、任期満了後2~3年で退会したり、困窮化したり、という状況を、20年近く放置し続けています。それでもまだこの制度を続けるという。
    最近は声を上げ始めた元派遣弁護士が増えたこともあり、裁判所や検察庁は本庁で被疑者の身柄をとるようになりました。現実的な視点を持って対応し、多勢の弁護士の味方をしてくれるのは裁判所と検察庁であって、弁護士会ではないようです。

    弁護士自治という名の専横と私物化は、もういらないのでは。

    No title

    若手で経済基盤がしっかりしていない実態
    https://twitter.com/Alicandros/status/1334160829948706818

    No title

    過疎地から要望があるわけではなく、刑事弁護委員会の都合。

    No title

    馬で裁判所に通う弁護士の書籍を思い出したが
    昔はのどかなものじゃった。

    No title

    後任者が来ないと定着しなければいけないから、そりゃ必死になるよね・・・。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR