FC2ブログ

    「社会生活上の医師」という期待と現実 

     司法改革以降、業界内でさんざん聞かされてきた、弁護士についていわれる「社会生活上の医師」という言葉には、もはや虚しさと、哀れささえ覚えます。司法制度改革審議会が「法曹」という括りで、果たすべき役割を医師に例えたこの言葉は、明らかに当時の弁護士に好意的に受け取られ、その後、この「改革」とともに、彼らがこぞって用いてきたといえるものです。

     そこには、いろいろな思いが垣間見られます。「改革」に絡めて、自らへの「べき論」としての意味、その一方で社会に対しては、増員時代の「身近になる」想定だった弁護士という存在の再認識を促したり、イメージ化しようとする意味。弁護士界から発せられる業界アピールは、「みなさんはご存じないかもしれませんが」と前置きを付けているようなものが多いように思いますが、この言葉にも、どこが市民・国民にその存在についての気付きを与えようとするような響きがあります。

     さらに、ここに業界的な印象を一つ付け加えるとすれば、この言葉が弁護士に好意的に受けとめられた背景として、彼らの医師という仕事に対する強い羨望が透けて見えることです。社会的地位の高さで並べられる資格業でありながら、弁護士からすれば、保険に支えられている経済的基盤も含めて、社会に保護されている存在の必要性(度)、あるいはその認知そのものの違いは明白であり、ある意味、この言葉はその点への思いを刺激する。そして、それは彼らに「改革」への期待感につながった、正確にいうと、その違いを埋めるような未来を「改革」の先に描きたかった、ようにとれるのです。

     今、この言葉に感じる虚しさと哀れさの根底にあるのは、一言でいえば、そのことだと思えます。これまでも書いてきたように、そもそもこの例えには無理があったといわなければなりません。医師にとっての病気のような絶対的共通の敵を持たず、あらゆる階層の立場に立つ弁護士は、社会のさまざまな「正義」の主張を背負うことを宿命づけられています。

     もちろん、弁護士は「人権擁護」を最大公約数的にとらえ、その侵害をいわば「共通の敵」のようにとらえ、また強制加入によって会員を束ねている弁護士会も、そこに存在意義や価値を被せてきました。その立場からすれば、「共通の敵」がないということに異論も出そうですが、前記弁護士という仕事の実態からすれば、少なくとも、それは決定的に社会には分かりにくい(「弁護士の『本質的性格』と現実」 「『医師』に例える思惑」)。

     「なぜ、凶悪犯の罪を軽くするための活動をするのか」「おカネさえもらえば、どんな側の弁護にも立つのか」。こんな言葉が相変わらず、繰り出されることそのものが、弁護士の社会的イメージと、弁護士の前記発想や自覚との決定的に埋まらない乖離を感じさせます。

     今にしてみれば、当時の弁護士たちは、この言葉の無理に、その思いや期待感はともかく、もう少し冷静な目を向けるべきだったように思います。有り体にいえば、弁護士という仕事に、医師のように、必要度が裏付けている社会の反応を本当に期待できるのかについてです。弁護士の役割の社会的認知が進めば、潜在的にお金を投入する用意がある市民が、経済的に自分たちを支えるはず。だから社会の津々浦々に進出する弁護士を社会は拍手をもって迎えるはず。潜在的ニーズがある、行政も企業も、われわれを必ずや遇して迎え入れてくれるだろう。だから、弁護士大増員も大丈夫なはず――。

     「社会生活上の医師」は、その役割の重要性が認知、評価されるほど、弁護士も医師のように社会に遇される未来を描いた、マジックワードとなっていたというべきかもしれません。

     「私は残念ながら、弁護士像を理想化しすぎた日弁連・司法制度改革審議会の誇大妄想ではないかと思っている。弁護士が過疎地を含めて常に身近にいるだけで社会が良くなるなんて思い上がりも甚だしい」

     坂野真一弁護士が、弁護士増員で司法過疎は解消できるのかというテーマに切り込んでいる最近のブログエントリーで、この言葉の発想に関して、こう厳しく指摘しています。

     また、前記「共通の敵」に関する医師との違いに言及したうえで、弁護士が裁判で勝てば勝つだけ、その勝利の数に応じて、裁判での争いに負ける相手方があふれるのだが、日弁連は、勝つべき事件だけ勝ち、負けるべき事件は負けるという、客観的正義を実現するような、理想の弁護士像を描いている可能性を指摘。負けるものは負けましょうという弁護士に誰が依頼するのかと疑問を呈したうえで、「職業が生活の糧を得るための手段であるという厳然たる事実を直視すれば、自営業者にそのような態度をとるように求めることは、不可能を強いるもの」と断じています。

     一方、預かり金口座の保険会社からの損害賠償金3千万円を横領した長野県弁護士会の弁護士に、11月17日付で退会命令が出された件が、業界内で波紋を広げています。額の大きさもさることながら、最も深刻に受け止められているのは、この手の依頼者のカネに手をつける弁護士の不祥事が止まらない現実です。日弁連の預かり金口座義務づけといった対策の無力さも、決定的になっているという指摘があります(「『預かり金流用』という弁護士の現実」)。

     メディアの取材に、同弁護士会会長は、謝罪とともに全会員対象の研修など再発防止に取り組む意向を示したことも報じられています。立場としては、こういわざるを得ないことは一応理解できても、あえていえば、本当にこれはこの言葉通りの形で責任が負える話なのか、という疑問を持ちます。おそらく多くの弁護士は、こうした状況の根本的な背景が、「改革」が生んだ弁護士の経済的変化・窮状にあること、そしてそれが解消されない以上、いくら倫理的自覚を促しても、あるいは片っ端から排除していくという論理で、再発防止ができない現実を知っているはずです。

     自治の建て前論もあります。つまり経済的問題を理由にすることが、会の自浄作用を疑われるという発想を背景に、倫理的自覚の促進と規制で、いわば「なんとかなる」「なんとかする」という考え方です。ただ、これは前記効果の問題を考えた時、本当に利用者被害の防止を何よりも優先した対策といえるのかという疑問が湧きます。これで本当に何がつながるのだろうか、という思いになります。

     「実際の弁護士像と日弁連の想定する理想の弁護士像がずれたままで弁護士増員だけが進行しても、実際には飢えた傭兵が社会の中に増えるだけで、社会正義の実現はもちろんのこと、司法過疎の解消には全くつながらない」

     前記エントリーで坂野弁護士は、こうも指摘しています。弁護士(会)は、現実を直視できないまま、「社会生活上の医師」という言葉で彼らが期待した世界とは、もはや遠くかけ離れてしまったという観があります。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    No title

    No title

    弁護士が社会生活上の医師になれない案件だな
    「借りていた桃畑の桃の木が全部抜かれていた…犯人を見つけ出した結果、責任を追及することができなくなってしまった話」
    https://togetter.com/li/1629506

    こういうところに法の光が隅々まで照らされるべきなんだが

    No title

    医師の受診義務なんて守られてないですからね。それなのに医療機関ばかりが保護されて・・・ということで、削られていくのも仕方がない。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b9207e603a03dcabe3bbd766bacf743673c6f6b

    >福井裕輝・性障害専門医療センター代表理事は「性依存症は精神科でも門前払いされることが多く、適切な支援や治療につながる人は少ない」と指摘。性暴力の被害者を減らすために「加害者や依存症を抱える人への支援をもっと手厚くする必要がある」と話した。

    No title

    >なんかここ数日間、弁護士過疎の取り組みを揶揄するツイートが目立つのだが、なんも知らない奴がハスってるだけのが目立ってて、正直「クソが」と思っていたりする。
    >何か?過疎地に行った弁護士は「送り込まれた」と思ってるのか?お花畑か?

    はい。

    いずれあなたも分かるよ、刑弁教(自分たちのやり方で全国の刑事弁護を均質化したい)と地元会(過疎地の国選をやりたくない)の裏取引にうまく使われ、人生台無しにしてしまったということが、いつかきっとわかる、そのときに手遅れとなっていないことを祈るよ、お若い人・・・

    No title

    無医村へはベテラン医師が行きますが、「ドクターコトー」のプロパガンダで若者が狙われました。
    現実には、若い医師は教育投資回収が至上命題とされているので、誰もいかない。
    かといって都会でも投下資本が回収できない。
    だから医学部受験生が減る。

    周回遅れで、医学部も法学部のようになってきました。

    No title

    「地方に弁護士が足りない」の声も ひまわり基金シンポ
    https://www.bengo4.com/c_18/guides/1852/
    >「まだまだ、地方に弁護士が足りないという印象を持っている」と指摘し、「地域で働く若い弁護士が増えることは望ましい」

    No title

    ひょっとして本文中で引用されている医師って、今の高齢者世代のイメージでしょうか。現実は違いますよ。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55871?page=2

    No title

    医師のリベート問題。いやはや。。。
    https://www.asahi.com/articles/ASNCR5SJ4NCRUTIL00L.html

    No title

    >その程度の責任さえ拒絶し、ただの好き勝手で仕事の選り好みに固執し

    弁護士の態度の良し悪しは議論とは別に置いておきますが
    もし、弁護士に依頼受任義務があるとすれば、医師ならそこそこできる「A医師の方針よりB医師のほうがいい」と患者が判断した場合Bに乗り換えることはできるわけですが(大病院の紹介制度は別)、弁護士はまだまだそうはいかないでしょう。乗り換えた場合の着手金の扱いなどもどうなるか。
    法律事務の扱いも、国民皆保険制度のように全国民から保険料を徴収して段階的に点数を付けて……などとするのは大変では。
    仮にそういう保険制度に変えたとして、その保険料の負担に国民は耐えられるのかもついでに。

    社会生活上の医師で思い出すのは、年配の方が仰る「宅には昔はおかかえの弁護士がいましたのよ」ですね。
    犬神家とかドラマの見過ぎじゃないかと思いましたが、ああいうのを理想としてイメージしているなら『社会生活上の医師』もわかる気がします(気だけ)。
    本当に犬神家みたいのの顧問弁護士になりたいですかと言われれば全力でNOですが。

    No title

    >それは医師法違反なのでしょうか

    医師法第19条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

    「正当な事由」があれば、拒んでいいんですよね。医師はもともと。
    もし医師法違反で訴えられても、裁判官が「そんな状況だったのなら、やむを得ないね」と認めるような事由、と聞いてますが、違うんですか?

    その程度の責任さえ拒絶し、ただの好き勝手で仕事の選り好みに固執しながら、自分たちを医師になぞらえるおこがましさを改めない図々しさを批判するのが、どうしてそれほど気に障るんですか?

    No title

    国もスイッチOTC医薬品の拡大とセルフメディケーション税制を導入しており、社会保障費抑制のためには医師の経営状況には配慮しないという方針です。
    医学部志願者が本格的に減ったのも、スイッチOTC拡大あたりからと存じます。
    日本医師会は「本来のかかりつけ医の仕事まで浸食する」と猛反対しましたが、これについては政治献金も効かなかった模様です。
    そんなときに筋悪の患者を引き受けると、医師や従業員がメンタルを壊し、経営悪化。元手のあまりかからないサプリメントや化粧品やダーマローラー販売に手を出す。信用を無くし、良い患者を減らす。
    そこにコロナ問題が追い打ちをかけました。

    みんな大変だ、みんな仲良く、ということで。

    No title

    医師も世間に尊敬される仕事ではなくなっているし、それに応じて志願者数も減ってるんですよね。
    https://ishin.kawai-juku.ac.jp/exam/result/

    本文中の、医師への羨望というのも、たぶん最初から存在しなかった。
    仮にあったとしても、かなり古い話です。

    >まず第一に、医師法第19条と同等の、依頼受任義務を弁護士法に追加しろ。

    医者も昔から、弁護士と同じように、困りものの患者は断ってます。

    例えば、違法行為やまじないの類を医師に対して強要する患者は即断る(社会保険から初診料等は取り、患者からも取ってるけど)。

    また、医師は患者と方針が違えばはっきりとそれを言い、患者の言う方針には従わず
    「そんなことはできない」
    と治療をせず(医師側の勉強不足ということも多い)、あるいは強引にねじ伏せて思うような治療をする。苦情になれば患者が悪いことにする。

    それは医師法違反なのでしょうか。とすると、殆どの医師が処分されてしまいそうですね。しかし、そうなってはいない。こういうのを空文化といいます。

    患者だけでなく、医師が困りもののこともありますね。うちの近所の内科医なんだけど、やたらサプリメントや菜食主義や絶食を進めてくるので、通うのをやめました。

    化粧品は効かない(薬事法)のに、さも効くような誤解をさせる内容のユーチューブ動画で宣伝して売ってる美容外科医も多いですね。

    小児科なんて、十数年前は「発熱くらいで来院するな、医師は大変なんだ」という態度でしたが、今では「患者数が四割減った、病院には来るべき」と、まぁなんてご都合主義なんだろうかと。

    ま、今更、社会の医師なんて目指しても仕方がありません。古い話です。

    No title

    「社会生活上の医師」というのは、日弁連の主流派、とりわけミスター司法制度改革の中坊さん(「中坊」に「さん」を付けるなというヤジが飛んできそうですが。)が宣揚したスローガンですが、反主流派からは批判されていました。

    医師と弁護士は異質です。医師が戦う相手は傷病ですから(戦争協力は例外と見られるでしょう。)、基本的に人間は敵ではありません。

    それに対して、弁護士が戦う敵は人間であり、時には大多数の人々、時には権力者を敵にしなければならない職業です。そのような職業的立場に置かれていることを考えれば、「社会生活上の医師」という表現は、弁護士の本質を隠蔽する言葉です。

    司法制度改革が、弁護士の本質に反する「改革」であり、弁護士を変質させるための「改革」であったことが、ここにも現れています。

    この問題は弁護士自治の本質に深く関わっています。日弁連主流派は1970年代以来、弁護士自治を弁護士の利権のようなものと捉え、大多数の国民を弁護士の味方にしなければならないと主張してきました。弁護士という職業が必然的に敵を作る職業であることを隠蔽してきたのです。

    No title

    自分たちを医師と同等の存在だと思うなら、医師と同等の義務を果たせ。
    まず第一に、医師法第19条と同等の、依頼受任義務を弁護士法に追加しろ。
    それはできない、絶対に嫌だというのなら、自分たちを医師になぞらえるような図々しい真似など一切するな。

    私がはっきり言いたいのは、とりあえずこういうことです。

    No title

    医師はこんなことされない

    「消費期限切れの生物をお土産と言って持参する相談者」
    https://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10806
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR