FC2ブログ

    変わらない弁護士「激変」記事の欠落感

     週刊東洋経済が11月7日付号で、久々に「弁護士」にスポットを当てる特集を組みました。表紙には「激変 弁護士」とタイトルが踊っています。お決まりの五大事務所の状況を「頂上決戦」などとして取り上げたり、大手事務所からの独立傾向、分野別「依頼したい弁護士」、弁護士の仕事とカネの「リアル」といったピックアップは、経済誌の読者を意識した企画としては定番のイメージ。それに今年の日弁連会長選挙の地方会候補の当選、アディーレvsべリーベスト、裁判官・検察官の待遇、第三者委員会、弁護士出身大学の勢力図、そして司法試験の迷走などが取り上げられています。

     幅広く、網羅的ではありながら、正直、テーマの目の付けどころそのものは、それほど新味があるとはいえません。そもそも仕方がないこととはいえ、相変わらず、「激変」という切り口でないと、この世界は取り上げにくいのだなあ、と感じてしまいます。

     2009年ごろから、経済誌などは「改革」がもたらした弁護士の「異変」に目を付けた企画を組み出し、一時、一斉に報じました。そこには「エリート」イメージの資格業の没落と、その意外性が、読者の関心を呼ぶという狙いが透けて見える面もありました(「弁護士『没落』記事の効果」)。

     そこが、どうしてもこの企画の新味性の評価につながってしまう面があります。ことに弁護士界内の同業者の反応には、今回、そんな感じもみられました。「激変」そのものの今更感もさることながら、サブタイトルにある「文系エリートの頂点」といった括られ方を、いまだにされることへ違和感の声が聞かれ、そのことの方が、むしろ多くの弁護士の「リアル」にも見えました。

     そして、違和感の反応の対象としてもう一つ付け加えれば、企画冒頭に登場した今年の日弁連会長選記事が、現会長の当選を地方会の勝利として、ことさらに注目している印象になっている点です。記事は、この選挙が単純な大都市会vs地方会ではなく、主流派同士の分裂であることを押さえており、また今後の日弁連会長選の方向について、確信的な推測を交えているわけでもありません。しかし、それでも地方会の発言力を含め可能性を秘めた「地殻変動」をイメージさせるような記事に、やや冷めた声が聞かれました。ここにも会員の感覚の「リアル」があるように感じました。

     もっとも、これらはあくまで業界目線であるといってしまえば、それはそれで終わりかもしれません。この雑誌の読者の関心や周知を考えれば、「改革」がもたらした「激変」は、まだまだ一般読者の驚きや関心を導き出す「意外性」あるテーマとして扱える。そのくらい、依然、弁護士業界の実態は、読者から遠いという判断になるのかもしれません。

     こうした企画の欠落感とは、一言で言ってしまえば、「改革」の評価につながるはずの、こうなっている(なってしまった)ことの「価値」をどうみるのがが、全く問われないことにあります。「エリート」という言葉にこだわれば、今、現在の弁護士という仕事が「エリート」に値するかどうかよりも、実は「改革」そのものが経済的な意味において、確信的に、むしろ徹底的にこの資格を「エリート」の座から引きずりおろす結果となった。それが正しい選択とすれば、「改革」は、その代わりとなるメリットをいかに社会にもたらしたというのか――。

     何度も書いていますが、やはり「改革」の結果として現れた志望者の減少を捉えるとき、食えるか食えないかで考えるのは、おかしい気がします。有能な人材に経済的魅力を度外視して、以前のようにこの世界を目指してほしい、という話が通用するということでしょうか。「エリート」という表現が本当に正しいのかは別に、社会がそう評価してきたというのであれば、それが支えてきたものを壊すという選択の結果と「価値」が正しく評価されるべきです。

     志望者減が底を打ったとして、安堵するような論調が、最近業界内にもありますが、既にその内容そのものが、変わってしまったうえでのことであるのを抜きには語れません。この企画で、唯一、直接「改革」に言及し、司法試験改革の迷走に言及した記事は、きちっと現状を拾い上げていますが、ひとつ残念なのは、予備試験vs法科大学院の競争との描き方によったため、志望者の不満の根本的な根拠が、司法試験対策をせず司法試験合格率で結果を出せない法科大学院教育のミスマッチにある、といっているようにとれる点です。

     学費・時間の負担の秤の反対側には、資格取得後のリターンが期待できない業界の現実を置かないわけにはいきません。司法試験合格率でなんとかなれば、という発想こそ、法科大学院制度維持派の意向の反映になってしまいます。

     東洋経済の特集には、これからこの世界に来る人間たちに向けられたととれるベテラン弁護士の「弁護士論」も載せられています。しかし、目を離して、この特集全体を見ると、果たしてこの世界は、志望者がかつてのように目指したくなるような世界だろうか、ということをどうしても考えてしまいます。

     ロースクールを出ても、実務で「使えない」扱いされかねない現実、大手事務所は「予備試験」優遇、高収入でも競争は激しく、街弁就職にしても、その先の独立にしても安心・安定の材料がそんなにあるわけではなく、そこにこだわれば、唯一、組織内弁護士に潜り込むしかない。「改革」の申し子のような新興事務所もなにやらギクシャクし、金銭問題が転落弁護士に直結した事例が紹介されている――。

     ビジネスセンスの必要性が強調され、一部の成功者が紹介されても、生存バイアス的な見方もできてしまう。少なくとも、弁護士という資格業の「妙味」には、非常に見通しが立ちにくい不確定な要素が多くなってしまった。「どんな仕事でもそうだ」という声が、すぐさま返ってきそうですが、少なくともそれは、仕事を選ぶ側からすれば、あるいは業界の人間が考える以上に、シビアな目線を送る選択条件であり続けるはずです。当然、優秀な人材も含めて。

     以前も、弁護士「没落」記事は、本当に私たちがたどりつくべき「改革」の評価の手前で、ぼやけてしまうことを感じる、と書きました(前出)。残念ながら、今回もその印象は変わりません。そして、その意味で、記事が伝える業界の先行き不透明感も、以前と何一つ変わっていない印象を持ってしまうのです。


    弁護士の競争による「淘汰」という考え方についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4800

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こんな記事もありますね
    https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210316/se1/00m/020/042000c
    週間エコノミスト
    弁護士ドットコム・週刊エコノミスト共同調査 「弁護士が選ぶ弁護士」ランキングは圧巻!

    No title

    https://twitter.com/sollamame/status/1353184394836496385
    >最新号の週刊東洋経済では「2030年に消える仕事」として弁護士がランクイン。

    No title

    新年早々ですが
    貧乏弁護士、バイトする僧侶…「稼げる/稼げない人」の分かれ目とは?
    https://nikkan-spa.jp/1722495
    >若手は依頼者をお客さんと見るサービス業の意識が強いように感じます。弁護士の権威を自ら落としていることを危惧しますね

    No title

    社説(11/20):民事裁判のIT化/利便性に潜む格差に配慮を
    https://sp.kahoku.co.jp/editorial/20201120_01.html
    >日本の民事裁判では、弁護士を付けず訴えを起こす「本人訴訟」が認められている。原告がアプリを使う際に手間取った時、誰がどうサポートするのか。代理人は技術的に精通する必要があろう。
    >訴訟当事者が習熟度により不利益を被ることがないよう、弁護士会によるバックアップが欠かせない。

    No title

    こういった弁護士は何とか支援したいもの

    「店を維持できない」札幌の外出自粛要請でススキノに打撃、出所者雇う弁護士の飲食店にも危機
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b1e15eee46639f09b1ed0e6dd9d61a393436e31

    No title

    No title

    医師会の会費は安いなぁ。
    それで強大な政治力と政策提言能力と政治献金(任意加入団体なので)と票をもって、国民皆保険制度をアメリカから守っているのですから、ご立派ですし、お金の有効活用です。
    https://www.kurashikiooya.com/2020/11/08/post-11045/

    No title

    弁護士法違反容疑で弁護士を逮捕 「仕事がなく…」 任意の調べに
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f98126b30856dbfcb4b754a107d7b3f374a7254
    >逮捕前の任意の調べには「弁護士の仕事がなく、男性被告から1件につき10万~15万円の報酬をもらい、顧客の紹介を受けていた」と話したという。相談料の一部を男性被告から受け取っていたとみられる。同課は19年1月以降、約30件の紹介を受け、計300万円以上の報酬を得たとみて調べている。

    No title

    弁護士はともかく、裁判官と検察官の不遇は、マスコミ報道されることは少ないですね。忖度しているのでしょうか。
    転勤による二重生活で家計は苦しい。退職金は離婚・新生活準備・教育費などのローン返済に消える。年金は手取りで20万未満、年金分割すればさらに少額(離婚しなければ夫婦で20万円台半ば)。在任中の資産運用は禁止。ごく一部の例外を除いて再就職のつぶしが効かない。
    他の公務員であれば就職時の年齢が22歳程度、判検がその約5年後、給与所得だけで軽く5000万以上違い、年金等も違います。常識的に人生設計をする人であれば、任官はしません。

    No title

    「弁護士学園」
    https://bengoshigakuen.com/
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR