FC2ブログ

    失われた発想と生まれた発想が意味するもの

     個人事業者として見た場合の、弁護士の特殊性は、何と言っても弁護士法1条の使命を抱えていることといえます。つまり、他の事業者同様、自らの事業活動による収益で生存していく前提でありながら、同条にある「基本的人権の擁護と社会正義の実現」を使命とするという、人権と公益にかかわることが宿命付けられているということです。

     そもそもが限界を抱えた、一見して無理をはらんでいるようにも取れる、この仕事の性格の特殊性が、従来、あまり問題化せず、内的にも外的にもなんとなく成り立ってきたのには、二つの要素があるといえます。一つは、弁護士の経済的な安定性の担保。弁護士は、収益性の高い活動で経済的に安定させることで、採算性がとれない活動が可能になる、という考え方は、弁護士会内で一昔前まで当たり前のようにとらえられていました(「『経済的自立論』の本当の意味」)。

     もっとも、儲けた先に、それがどの程度「使命」への貢献になっていたのかは、各弁護士の意識によっていた、というべきですが、逆にこの世界に根強く存在して来た、「弁護士はビジネスではなく、プロフェッションである」という捉え方を、それが矛盾なく支えてきたともいえます(「弁護士『プロフェッション』の行方」)。

     そして、もう一つの要素は、弁護士会という存在です。前記「使命」達成へ弁護士個人が抱えている「限界」があればこそ、その先を担うものとして弁護士会があった、ということです。弁護士会の活動への参加や意識もまた、個々の弁護士によって濃淡があり、現実的にはかつても消極的な関与者は絶対的に多数だったといっていいと思います。しかし、サイレントマジョリティが支える形のなかにも、前記「使命」とつながる弁護士会に対する、一応のコンセンサスがあったようにみえました。

     度々話題になる、高い会費にしても、強制加入への諦念や、あまり気にしなくても済んできた前記経済的「余裕」だけではなく、自らは活動に参加しないが、協力・貢献はしている、という納得の仕方が、公費で養成されたという意識の裏打ちもあって、会員の中には確かに存在していたということです(「弁護士会費『納得の仕方』から見えてくるもの」 「『改革』のあいまいさと職業モデルの関係」)。

     司法改革は、この弁護士という資格の特殊性を支えてきた「形」を結果的に壊すものになりました。いうまでもなく、弁護士の増員政策は、前記「形」を支えた経済的安定性を奪っただけでなく、個々の弁護士が競争と採算性を意識せざるを得なくなるなかで、これまでの「形」そのものに疑問を持つ方向になりました。「改革」は自分たちに、普通のサービス業としての自覚を迫ったのであるから、その中で、考えるべきではないか。そして個々のバラツキのある使命感に支えられてきた「形」ではなく、「改革」が求めている自由競争の中の、対価性のなかで達成されるものとして使命をとらえるべき、という発想へ――。

     そして、こういう発想に弁護士がシフトし出したとき、従来の発想のうえに成り立ってきた、前記強制加入と高額会費を伴う、弁護士会に対する、彼らの位置付けも変わってきた、というべきです。つまり、弁護士のあり方についての再定義をはらんだ前記発想に立ち、自由競争のなかで「覚悟」を迫られている弁護士たちにとって、負担だけがのしかかる、むしろ弁護士会自体が、その「覚悟」の足を引っ張る規制のように映り出したのです。

     しかも、困ったことに、この「改革」の旗を振ったはずの弁護士会自体は、旧来の「形」をどうやら現在においても壊すつもりはない、というか壊すことになる「改革」の旗を振ってしまった自覚はないようなのです。有り体にいえば、「改革」以前の弁護士が経済的余裕のなかで、一部の強い使命感と、多数の基本的なコンセンサスによってきた「形」が、(あるいは表向き)今後も維持できると思っているということなのです。

     一方で、弁護士の増員政策を止めようとせず、弁護士会員が自由競争への「覚悟」を迫られる状況を横目にみながら、いつの日にか有志たちが新たな需要を開拓し、かつての「形」を取り戻す、と。事業者性を多少犠牲にしても、これまで以上に弁護士は奉仕者性を高められるはず、という、当初の弁護士会「改革」主導層の発想は、思えば需要顕在化の見通しだけでなく、そもそも自由競争が弁護士にどういう覚悟を迫っるものになるか、現実的に想定できていなかった、というべきです。ところが、「改革」の結果がはっきりした今も、その発想が変わっていないようにとれてしまうのです(「弁護士と社会が払っている本当の『犠牲』」)。

     個人事業者としての経済的安定性によって、採算性がとれない案件を弁護士が使命感で引き受け(られ)、弁護士会そのものがそうした使命感への了解のうえに、強制加入と高額会費を維持できた「形」。それを今の弁護士たちが、過去のものとして批判的にとらえること自体は、もはや仕方がないことであり、むしろ「改革」の成り行きとして当然のことというべきです。

     問題はむしろそこではなく、その「形」がかつてなんとか背負っていてたものは、「改革」によってどうなったのか、これからどうなるのか、ということの方です(「弁護士の活動と経済的『支え』の行方」)。法テラスはそのその代わりとして、無償性の部分をきちっと担っていると胸を張れるのでしょうか。弁護士の犠牲的精神に依存する形は変わったのでしょうか。そして、本当に今後も弁護士が支えることに期待するのであれば、今、何が必要なのかは議論されているのでしょうか。 

     「弁護士を追い詰めても、結局手弁当の部分はなくなるだけ、成立しなくなるだけ」。かつて、この「改革」の結果を、こう懸念した弁護士がいました。それが現実のものになり、むしろ「手弁当」の過去の、無理とサービス業としての不健全さの方が強調されかねない状況で、私たちの社会が現実的に何を失おうとしているのかを問い直さなければ、あるいは弁護士に依存することの無理と限界がはっきりしただけの「改革」になってしまいます。


    弁護士会の会費についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4822

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >「外れないでください、お願いします」と頭下げるのも、「嫌なら辞めろ!」するのも、その穴埋めをして制度回すのも、「会則かえる」って言って総会で頭下げるのも、しんどいなあ。


    数か月前までは、
    「国選、いやならやめろ」「原則否認で当然」
    と、マッチョなことを言い放っていた人が、いざ本当に国選登録者が減り、しかも僻地の国選をいけにえ(派遣弁護士)に押し付けるべく作ったひまわり基金制度が行き詰まるや豹変し、上記のように被害者面をして他人事のようなことを言い出す。北海道だけではなく、渋谷あたりでも見かける。

    No title

    かえよう会にせよ主流派にせよ、会費減額をメインの争点とはしていない。
    「ちょっと理解を示しています」といった程度で、あてにならない。
    特に主流派は、強制加入制度という便利な集金システムを手放すことは、絶対にない。

    来年4月あたりから、弁護士は通年で減少に転じる。
    経営難の弁護士は、法テラスなどの赤字類型を残す。
    余裕のある弁護士は、仕事を処理してからやめるので、黒字仕事は残らない。

    なお、町弁の仕事を素人でもできるという人は、確かにご自身にはその程度のことしかできないのだろう。弁護士に成りすました素人が言いそうなこと。

    No title

    こういう統計もどんどん使っていきましょうや
    https://www.nichibenren.or.jp/document/statistics/fundamental_statistics2019.html

    No title

    そこで「変えよう!会」
    http://change-nichibenren.com/?p=86

    ブログ主殿、どうせ選挙近くなれば各陣営に言及することは難しくなるのですから
    今のうちに各陣営の記事を執筆したほうがいいですよ。

    今回の総本山選挙ほど候補者が乱立することは今後あるかどうか。

    No title

    https://twitter.com/fukazawas/status/1199838265731235840
    >「→弁護士を競争させれば安くなるのではないか」
    ごく一部を除いて,基本的に高くなった。

    No title

    上の続き。

    これからも、会員の、会費に対する目は、よりシビアになると思います。

    今、会員にアンケート取ったら面白いと思いますよ。

    1 会費は高い?
    ①高い・・・70%(若手95%)
    ②適正・・・29%(若手4%)
    ③安い・・・1%(若手1%未満)

    2 会費を下げて欲しい?
    ①下げて欲しい・・・80%(若手98%)
    ②据え置きで良い・・・20%(若手2%)
    ③上げてもよい・・・0%

    3 会費を払うほどの価値が弁護士会にあると思いますか。
    ①思う・・・20%(若手3%)
    ②思わない・・・80%(若手97%)。

    No title

    化けの皮が剥がれた、ということなのではないでしょうか。

    こういう流れでしょう。
    弁護士会活動は「公益活動」という見えづらいヴェールに身を包んでいたものの、実はその多くが無価値(経済的価値のみを意味しません)であったことが会員にもバレた
                  ↓
    もともと苦しい状況であることを承知してこの業界に飛び込んできた若手の増加/彼らの営業に対するバイタリティ
                  ↓
    従来の街弁事務所でやるようなプラクティスは、若手でもできることがバレる
                  ↓
    会員の経済状況の悪化が目立つようになってきた(幸い個人的にはたいへん好調なのですが、周囲で、離婚・刑事・破産を中心プラクティスとする従来の街弁事務所は、軒並みキツそうに見えます)
                  ↓
    それまで、弁護士の希少価値(=選択肢が少ないために高値を付けられること・社会的信頼感も高かったこと(その分敷居も高かった))によって自動的に儲かっていた弁護士の、お金に対する考え方がシビアになった

                  ↓
    アッーーーーーーーーーーーーー!(*´ω`*)

    でも、こういう状況って、もう10年くらい前から始まっているのですが、どういうわけか、会は、これを正視する気がないとしか思えない政策ばかり繰り返していますね。
    やっぱり、上にいるヒマとカネを持て余したおじいちゃんたちが「けけけけ憲法は護るべきぢゃ」とか「しっっしし死刑は反対ぢゃ!死刑に賛成するのは野蛮人ぢゃ!」と、時代錯誤な「夢」を、会のお金で実現しようとする体質があるからじゃないのかなと思います。
    このおじいちゃんたちって、会館の談話室なんかで時々見るんですけど、「ゥホホホ、こうやってたまーに弁護士会に来ると、知り合いに会えるので楽しみでのう」と、弁護士会をサロンかなにかだと思っているような人が大半なんじゃないかなと思うんですね。

    弁護士業界って、おじいちゃんたちが思っているほど、今や地位は高くないです。収入が低下したのだから当然でしょう。
    まして他士業による侵食も激しい。法テラスやLAC、そして弁護士保険など、弁護士(特に街弁)のプラクティスに対する世間の金銭評価は、これからもどんどん下げられてゆくことでしょう。おじいちゃんたちが、弁護士に「公益活動だ!」といって強いた諸活動(刑事当番弁護や国選もしかり)が、弁護士の価値をどんどん低下させていることに、早く気づいてもらいたいものです。

    おじいちゃんたちのご尽力の甲斐あって、弁護士は、
    専門性も微妙な、何をやっているのかよくわからない、ただ「死刑反対!」とか「護憲!!」とか胡散臭い仕事にしか見られなくなりつつあります。

    No title

    弁護士会、への矛先は違うのでは?
    「ロウ○○」と言いましょうよ。実際仕切っているのは会そのものではないですから。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR