FC2ブログ

    ある「改革」批判者の絶望

     当ブログのコメント欄でも紹介されていましたが、法科大学院制度や弁護士会の現実に、舌鋒鋭く、批判的な分析を加え、業界関係者を中心に注目されていた、弁護士(のち請求退会)ブログ「黒猫のつぶやき」が、今月28日の更新を最後に、新たな記事を掲載しないことを発表しました。

     「改革」の失敗と、それによる法曹界の変質を直視した論調は、「改革」論議が過去のものになりつつある業界内にあって、貴重な視点を提供する役割を果たしてきただけに、それが今後、新たに見れなくなることを惜しむ読者の声が聞こえてきます。その一方で、時に旧試体制との比較において、新法曹養成体制で生まれた法曹の質の問題に触れる、辛辣な表現には、一部から反発や異論の声も出されました。

     彼の主張の根底には、常に「改革」後のこの世界に対する、失望感もしくは絶望感が横たわっていたようにとれました。「改革」によって壊れた、彼からすれば劣化した法曹養成と法曹、そしてそれについて自覚のない業界に対する、緻密な批判的分析は、今にしてみれば、それ自体、彼のこの業界に対する嫌気の発露だったといえます。そして、その言葉通り、やがて彼は弁護士会から離れ、そして今回、その業界を見放すかのように、批判者の立場にも幕を下ろすことになったのでした。

     28日の「最終記事」と銘打った投稿は、まさにそんな彼らしい、法曹養成をめぐる「改革」に関する総括的な彼の見方を提示するものとなっています。ただ、彼が振り返る「改革」と弁護士界の変遷を、ずっとウオッチしてきた立場からすると、正直、的確に言い当てていると感じる部分と、微妙な違和感を覚えるところがあります。

     もとより立場の違い、あるいはこだわりどころの違いはあります。彼はあくまで業界の中にいた人間として、業界にとっての失敗と劣化をえぐります。一方、業界の近くで見てきた一市民である、当方の立場からすれば、あくまで「市民のため」「国民のため」と銘打った「改革」が一体何であったのか、その誤魔化しのない「価値」そのものに一番の関心があります。だから、当然、彼のような業界への絶望を背景に、見放すと形で終わらせるという結末にもなりません。

     それはともかく、彼の「最終記事」には、次のようなタイトルが振られています。

     「『弁護士=負け犬』の構造」

     彼は、ここで「弁護士業界の凋落」の経緯を時系列的に取り上げていますが、彼が言いたいのは、司法改革批判者が考えているような、小泉政権下における、今回の司法制度改革がその原因ではなく、それ以前からその前兆があったということでした。

     詳しくは、お読み頂ければと思いますが、昭和の高度成長期を通じた経済発展に伴い法律関係の需要増大と、司法試験受験者増のなかで合格者が長年抑えられてきた事実。その背景にあった政府・自民党側の増員欲求と、官僚司法打破、判検を含む法曹三者増員を条件化する日弁連の対立と、法曹三者間の合意の不調。その結果としての、司法試験の超難関固定化、合格者層の高齢化。そのなかで、難関を突破したというエリート意識にあぐらをかいた弁護士たちは、実は経済的合理性や採算性を度外視した発想の持ち主であり、資格によって生活が保証されていただけで、そこに客観的には既に「負け犬」の構造が成立していた、と。

     その後の、実質弁護士のみの合格増を受け入れることになった「中坊路線」、経済界や大学法学部の復権を目論む法律学者・文部科学省などの政治的圧力に屈していったのは、そうした昭和の時代からの、多くの「おかしな信念の持ち主」である弁護士が、経済界の需要に応えられなくなり、そうした彼らの弁護士に対する不満が爆発したことによる、のだというのです。

     そして、彼は弁護士会主導層や旧世代弁護士に矛先を向け、次のような、いつもながらの「黒猫節」を炸裂させています。

     「日弁連や大規模弁護士会の執行部で実権を握っている高齢の弁護士たちは、大半が前述のような馬鹿げた信条の持ち主」
     「自分たちが、経済的損得など考えず何年も司法試験の勉強を続けた結果ようやく弁護士になれた『エリート(笑)』である以上、同じように経済的損得など考えずに法科大学院へやってくる人間だけが弁護士になればいいという発想の持ち主が、呆れるほどに多い」
     「結局のところ、何年もかけて『難関』の旧司法試験に合格したことの一事をもって、自分は社会のエリートだと勘違いしている旧世代の弁護士も、他に逃げる術もないため弁護士の肩書にしがみつかざるを得ず、現実逃避のために自分は司法試験に合格した法務博士様であるから社会のエリートだと主張し続けざるを得ない法科大学院世代の弁護士も、そのほとんどが愚かな社会の負け組であるという一点においてはほぼ同類」

     法科大学院世代の法曹に対する、旧試体制で輩出された法曹の、実力面での優位性が強調されているイメージがあった黒猫氏の論調のなかで、今回はその旧試体制で生まれ、「改革」を主導した(受け入れた)法曹たちの発想の問題に着眼しているのが特徴です。彼は「負け犬」「負け組」と表現していますが、それを自覚していない当時の弁護士たちが、その無自覚のゆえに、「改革」につながる、当然の社会の不満を呼び起こし、その「改革」の結果が法曹養成を破壊するものであってもなお、いまだに無自覚であるということになります。そこで「弁護士業界が持ち直せる可能性」がなくなったと見切った結果が、今回の彼の最終決断ということになります。彼の絶望が導いた結論です。

     確かに、「改革」主導層の無自覚さがあることは当ブログでも書いてきたことです(「問われる弁護士会主導層の現実感」 「司法試験『選抜機能』の危機が省みられない事情」 「現実を直視できない増員路線」)。しかし、前段の日弁連・弁護士会がこの「改革」を受け入れざるを得なかった、つまりは必然的に「中坊路線」が登場せざるを得なかった、という論調につながる見方は、むしろこの「改革」の旗を未だに振ろうとする側と、「改革」の失敗に対して弁明しようとする側の捉え方と変わりません。

     「改革」側の思惑に乗せられ、あるいはその意図通り、弁護士が変質したという事実、警鐘を鳴らし、あくまで抵抗した弁護士たちもいたという事実を見てきた側からすれば、弱点をまんまと突かれた(法曹一元待望論、法曹養成でのイニシアティブ獲得、あるいは抵抗しても無駄という敗北的現実論等)という方がしっくりくるように思えます。弁護士会全体を俯瞰した時に、盲目的な無自覚が、現在の状況に至る「負け組」の起源というのは、何かしっくり来ない表現のように感じます。

     より早くから経済界から不満が出ないような、経済的合理性を持った弁護士の自覚があれば、こんな「改革」の結果になっていないということを言いたいのでしょうか。そうだとすれば、「改革」推進論者は、この「改革」は間違っておらず、遅すぎたくらいだと言うでしょう。そして、この混乱と淘汰の先に、お決まりの経済的合理性を持った弁護士が生き残る姿を描くでしょう。

     また、「改革」主導層の現在の無自覚は、「改革」の失敗を認めて舵を切れないこと(その意味では無自覚ではなく、自覚しながら認められないだけかもしれませんが)。経済的合理性を考えれば、弁護士過剰状態に対して、もっとはっきりとした姿勢を示せるはずなのに、市場原理に乗っかった増員を受け入れながら、それはできない、という矛盾にこそ、問題があります。

     「負け組」というのであれば、逆に一体どういう形が勝利の形であったのか、それがよく分からなくなってくるのです。それはもちろん、前記したような立場の違いからすれば、やはりそもそもその答えも違うのかしれません。しかし、少なくとも、彼を絶望に追い込んだ、「改革」と業界の現実と、私たち社会にとってのその意味には、今後も目を向けていかなくてはなりません。その意味で、最後までこのブログは、貴重な視点を提示してくれているように思えます。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

     意味のない法科大学院批判はもう止めると書きましたが,新ブログ『線路の外の風景』で,法曹に関する記事を全く書かないとまでは言っていませんから,その辺お間違いなく。

    https://ameblo.jp/eisenach2019/entry-12523579059.html

    No title

    9月の初回の記事のアップがやたらと遅いなと思っていたら
    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52240452.html
    9月といえば司法試験合格発表だからか。
    明日には記事更新かな。
    ただし、質云々の議論は控えてもらいたいものだ。
    質を測ることなどできないのだし、自分達が受けていない試験について云々言うのは間違っている(どこぞの未来のなんとかの何とかに属する弁護士など、あまりはかばかしい結果ではなかったのだから)

    No title

    やれやれ。
    昔は同業者を
    >業界的なスペックは低く、さすがにこれではいつの時代でも不遇をかこつのは仕方ない。
    などと揶揄することはしなかったものだが……。

    あの人は未修出身だがその代わりITスキルはかなり高くツイッターで絡まれることに関しても容赦しないからあまり怒らせない方がいい。

    No title

    「公務員か会社員になったほうがいいよ」
    と言っている人は、文3で三流法科大学院の未修出身なので、業界的なスペックは低く、さすがにこれではいつの時代でも不遇をかこつのは仕方ない。
    黒猫さんの場合も、疾病だから仕方ない。
    しかし、そういう局地的な現象ではなく、新人から中堅の間で各期1割~3割近く辞めている、という、請求退会の広がりが、当業界の末期症状を示している。

    No title

     もう,長期間にわたって更新していなかったので,誰も読んでいないと思っていましたが,意外に反響があったのですね。
     ご指摘を踏まえて若干補足すると,あの記事で私が言いたかったことは,経済発展に伴い弁護士需要の増加が見込まれた昭和40年代から50年代にかけて,現実の需要を見ながら徐々に弁護士の数を増員する方策を取っていれば,少なくとも今よりは弁護士業界もまともになっていただろう,ということです。
     これに対し,中坊氏に代表される司法改革路線というのは,現実の需要を見ながら弁護士業界のシェアを戦略的に拡大して行こうというものではなく,内ではこれまで裁判所や検察といった国家権力に向けられていた改革のエネルギーを弁護士の自己改革に向けるといった,単なる精神論で事を進めようとする一方,外では国家権力に迎合するものに過ぎず,経済的合理性を持った改革路線とはとても言えません。
     そのような改革に批判的な弁護士さんも相当数いましたが,その多くも単に古き良き時代を懐かしむだけであったり,業界全体の実情を睨みながら,建設的な議論ができそうな人はあまりいませんでした。今後の弁護士業界で生き残っていけるのは,改革に賛成するか反対するかを問わず,経済的に合理的な考え方を持った少数の人だけでしょう。そうした人は,おそらく改革の是非についてはほとんど何も発言しないか,内心で嘲笑いながらも改革に賛成する振りをするでしょう。現状では,それが経済的に一番合理的な行動だからです。
     また,そのように経済的合理性を持った考え方を持てる人は,今後更に弁護士業界を忌避するようになるでしょうし,弁護士業界もそうした人を歓迎しないのですから,結果として弁護士業界全体が更なる「負け組」に落ちぶれて行くのは,もはや避けようがないでしょう。

    No title

    >ボス弁が、イソ弁のデートを取りやめさせ、徹夜で起案させる、という内容

    これ保全でしょ。事案によっては当然やんか。
    それに、いやならイソもはっきり不当だと言えばいい話。
    それじゃぁ研修ビデオにならんから仕方ない。
    フィクションに目くじらたてるなって。
    試験問題にケチつけるようなもんだろ。

    あるいは筋悪事件をはっきり断らないで受任しやがったボス弁のほうに問題提起をするものとしては良い内容。

    No title

    弁護士会や法科大学院に加え、研修所による絶対服従の洗脳も半端ない。

    例えば、ブラック事務所礼賛ビデオ鑑賞が、毎年のルーティン講義になっている。
    (ボス弁が、イソ弁のデートを取りやめさせ、徹夜で起案させる、という内容。)

    自衛隊や警察のほうが、ずっとまし。研修所に行かずに企業に就職(有職者は今の職を続行)、研修を終えても弁護士登録しないで企業に就職、というのが、人気なわけです。根本的に、法曹を志す人が激減しているのも「仕方ない」。請求退会者の激増も「仕方ない」。

    No title

    純粋に
    合格おめでとう!
    ではなく、別の目的があるからね・・・。
    (合格おめでとう!だって、ほかの組織では、検察庁も裁判所もやらない。ほかの資格でも、医師会も公認会計士協会も司法書士会も税理士会もやらない。なぜ弁護士会だけ??なぜ不人気部門を宣伝??スタ弁養成事務所には法テラスから人件費相当額が入るという事情も、知っておいた方が。)

    No title

    >オーナー&ブラック企業と考えればもっとも実態に近いといえます。

    つまり総本山職員か弁護士会職員になればいいということ(なんか見た)

    No title

    霞が関の弁護士会館で、合格祝賀会があるけれども、参加されませんように。法テラスや過疎地派遣を検討するようにしつこく付きまとわれる危険性大。

    そもそも、合格祝賀会など、昔はありませんでした。これを開催して勧誘するような不人気部門で、人生を台無しにされませんように。ただでさえ厳しく自己責任が求められる時代です。そして、これだけ情報を入手・分析できる時代に、わざわざどぶ板を踏みぬく必要性は全くありません。

    弁護士会は、会員の味方ではありません。オーナー&ブラック企業と考えればもっとも実態に近いといえます。きれいごとを言う人間ほど、疑いましょう。

    No title

    河野さんの周囲にいらっしゃるであろう高齢の先生方には興味のないお話かと思われますが、テック関係における、単位会の能力格差が問題です。現状の各種サービスでも、例えば、日弁連の広報課の女性は優秀、二弁の男性は残念過ぎ。

    IT化には、お金と能力が必要です。二弁でも残念なのだから、より規模の小さい多くの単位会は惨憺たる将来が予想されます。

    日弁連のみ強制加入とすれば、ぎりぎり日弁連の自治だけは守れます。それとも、このまま突き進み、約5年後にはなし崩し的に制度崩壊か。

    No title

    なんだかんだいって、黒猫が独立してから何年も経った割には
    誰も共同事務所でやっていこうとか、イソ弁にしたいとか
    そんな話なかったんだよな。

    黒猫がブログ辞める段になってから、さんざん持ち上げたっておせーよ。

    No title

    過払いが楽なのは、エッジのきいた仕事をしている弁護士ではなく、いい加減な和解をしている事務所だけ。

    利息制限法引き直し計算は、一通りではない、何通りもありうる。

    ぎりぎりに詰めて大量に過払いを処理したら、例えば一連計算とかケースバイケース的な最高裁判例があるため、かなり負担の重たい事になる。

    また、そういうエッジのきいた仕事を大量処理する事務所には、残債のある事件については、金融業者が弁護士会基準に歩み寄ってはくれなくなる。つまり、残債のある事件で、訴訟リスクが高まり、強制執行リスクも高まり、依頼人の受ける不利益が大きくなる危険性がある。それはつまり弁護士の懲戒処分リスクを高めることにもなる。

    ちなみに、昔から、過払いのある多重債務事件は例外で、残債のある事件のほうが多かった。

    むかしのことを過払いバブルという人もいるが、残債のある事件や破産・再生事件は、依頼人がデフォルトしている事件(支払い能力が低い)なのだから、実際のところはそんな結構な時代じゃなかったよ、と、ため息が出る。

    (かつて驚かされたのは、とある多重債務者が、数十万円借りて数千円程度を数回返済しただけで、当然ながら残債がたっぷりあるという状況なのに、テレビや新聞で聞きかじった過払い金返還請求をしたい、といったこと。この人は、いくら残債があると説明しても、納得しなかった。)

    また、詰めのきつい仕事をする場合、過払いの額の見通しが難しくなる。つまり、引き直し計算方法が何通りかあるため、楽観シナリオと中間シナリオと悲観シナリオでかなりの差が出る。
    そのため、依頼人への説明も慎重を要する。
    交渉で早期に済ませるかわりに減額に応じるのか、訴訟提起としてどこまでやるか(訴訟外で減額和解して早期に解決するか、さらに訴訟を続行するか)、判決まで行ったとして訴訟費用まで請求するか、論点に対する裁判所の判断次第による一部・全部敗訴リスクをどう評価するか、貸金業者側の倒産リスクをどの程度評価するか、倒産可能性がある場合にその時期をどう予測するか。強制執行が空振りに終わり経費倒れになる危険性もあるが、それでもやるのか(実際、依頼人が、仮差押えのコストを負担できないにもかかわらず本訴・強制執行による全額回収にこだわり、それに時間がかかっている間に、貸金業者側がいわゆる夜逃げをしてしまい、すべてのコストが無駄となったうえ、回収できなかったことがある。)

    黒猫さんのメンタルがつぶれたのは、このころの話で、詰めのきつい仕事をしていたせいだと思う。

    ちなみに、仕事のクオリティ(ハッキリ言えば、過払い金の回収成果やそれにかけた手間、減額交渉の丁寧さ)にかかわらず報酬に対する規制を一律に厳しくした弁護士会に対する不信感もあるし(丁寧にやっていたら、ペイしなくなってしまった。つまり、大量処理事務所以外は債務整理をやらなくていいよ、という規制を、わざわざ日弁連執行部が作ってくれた。そういう日弁連の後押しによって増長したアディーレなどを、突如として、というか、実際には事前に情報漏れがあったが、懲戒処分するのだから、老人たちのご都合主義にもほどがある。)、多重債務者には大量処理事務所があるんだからいいんじゃないの・お似合いですよ、というのもあって、ほとんどまともな事務所はとっくのむかしに多重債務問題から手を引いている。

    まぁ、本当に、最近は、多重債務者並みに安直な考えの学生・修習生・新人弁護士が多くて、困ったもんだ・・・。

    はっきりいって、月30万で安定した仕事があるならそっちに行きます、という弁護士は、過半数くらいになると思うよ。

    No title

    >過払事務所でメンタルが壊れるのはなんででしょう。一番ラクそうじゃないですか。

    ここらへんの闇深は、黒猫先生のブログを全部読めばいいですよ。
    過払事務所は受任しているほうはいいですけど、事件振られたほう(イソ・事務員)はなかなかに辛いんですヨ。

    No title

    過払事務所でメンタルが壊れるのはなんででしょう。一番ラクそうじゃないですか。
    一番メンタルヤバイのは交通事故しかやらないニューウェーブ事務所でしょう。被害者意識強い連中を相手にするからですね。
    過払いなんて、依頼者に被害者意識が全然ないし、ほとんど事務員が引き直し計算しているだけだから、弁護士の関わる部分がすごく少ない。
    もちろんサラ金から分断主張されたりするだろうけど、あるていど決まりきったパターンがある。
    そもそもそういう事務所に志願して入ったのは自分だしね。

    No title

    このブログの右のリンク先のそのまたリンク先の(主に司法改革反対派の)先生方のブログも記事更新がされていなかったりという中で、黒猫先生のブログは一貫していたと思います。

    執筆活動は続けられるようなので、いろいろ落ち着いた後にでも、改めてその時に司法制度について御意見を賜りたいです。

    No title

    「変えよう!会!」の全国行脚の会員の声が興味深い
    http://change-nichibenren.com/?cat=18
    >厚顔無恥な人たちがいまの日弁連主流派を動かしている。これを変えないと。

    黒猫氏ではないが、昔の(弁護士に希少価値があり、それほど営業活動をしなくとも経営が成り立った時代)感覚を引きずっていることが既に一部会員からは厚顔無恥と見える(弁護士業界ではなくともいわゆる「老×」と表現される)のはある意味正しいだろう。

    特に黒猫氏のボス弁(そして黒猫氏のメンタルはここで壊される)は
    >この混乱と淘汰の先に、お決まりの経済的合理性を持った弁護士が生き残る姿を描くでしょう。
    経済的合理性でアレだったが如何せんやり方がク○すぎたためにアレになってしまったから、それも黒猫氏の「負け組弁護士像」に大きく影響していると思われる。
    経済的合理性のみで考えるなら、過払い訴訟バブルにうまく乗り、イソ弁(黒猫氏)や事務員を使い、法人化もしたということは評価できた。経営感覚というか人権感覚がアレでさえなければ。
    結局ボス弁が
    >『難関』の旧司法試験に合格したことの一事をもって、自分は社会のエリートだと勘違いしている旧世代の弁護士
    だったことが黒猫氏の人生を狂わせたのだからあながち間違いではない。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR