FC2ブログ

    「超人」弁護士たちへの目線

     おカネをとらずに、弁護を引き受ける弁護士がいます。私が尊敬している故・遠藤誠弁護士もそういう人物でした。おカネのない、闘う市民の弁護は、タダで引き受ける。仏教者であり、左翼であり、革命夢想家であった彼は、あくまで本業はそちらの方で、「人権派弁護士」を自認しながらも、「弁護士はあくまで余技、趣味」とまで言い切っていました。

     彼との思い出、というよりも、彼の存在と生きざま自体が、今でも強烈に私のなかに焼き付いていますが、彼は自分のスタンスについてこう語っていました。「革命でも法律でも救済されないものがある。そのために仏教が必要なのだ」と。彼は、自らの思想を、釈迦とマルクスを信奉する「釈迦マル主義」であるとも、真剣に主張していました。

     「奇人」と言われていましたが、彼には幅広い分野の熱狂的なファンが沢山いました。左翼・右翼活動家、仏教をはじめとする宗教関係者、メディア関係者、彼が主宰する仏教の会でつながる市民たち、日弁連会長経験者を含む法曹関係者などが、時々開かれる彼を囲む会に集まり、彼を持ち上げたり、こき下ろしたりするのを、いつも末席で見ていた私はつくづく、彼は多くの人に愛され、幸せな人だなあ、と思ったものです。

     そして、その集まった人々の中には、いつも前記彼の信念に基づき、弁護士としての彼に救われた市民が、まさに手を合わせるように彼に感謝の言葉を述べる姿もあったのでした。

     「『お金のために、というのは僕の生き方じゃない』 北海道の山奥に移住、費用ゼロで公権力に挑む”山小屋弁護士”」

     こんなネットニュースの記事が、最近、ネット界隈の弁護士の間で話題になりました。ここに登場する市川守弘弁護士も、思想的な背景が同じかどうかは分かりませんが、遠藤弁護士同様、自らの信念に基づいて、弁護士費用を受け取らとらずに弁護を引き受けるタイプの弁護士として紹介されています。

     彼はこう語っています。

     「極力経費は落としちゃって。食っていければいいんだから。その代わり、意味のある公益的な事件は率先して弁護士費用なしで取り組めたら、僕の残りの人生、生きがいがあるんじゃないかなあと」
     「昔ながらの戦後の日本の経済成長と同じで、地域社会がしわ寄せを受けながら、儲かるところが大きく儲かっていこうという、その構図が現代においても典型的に現れている。これは正義に反する、アンジャスティスなんですよ。こんなのは許せない」。
     「弁護士である前に一市民であると思っているし、市民として行動するときにたまたま自分が弁護士という職業についているんだから、その職業についていることを市民として生かせればという風に思っている」

     ここでやはり二つのことを、あえて確認しておかなければならないように思います。一つは、弁護士界には、昔から業界内でも話題になるような、時に清貧という言葉をあてがわれるような、彼らのようにおカネ度外視、経済的成果度外視の、信念に基づいて闘う弁護士がいること。そして、もう一つは、それは昔から決して一般化できない、絶対的にレアな存在であったこと、です。

     この記事の中で登場する、同業者をはじめとする関係者の声を見ても分かるように、市川弁護士も遠藤弁護士同様、「奇人」の部類に属するという扱いです。一般的な資格業としての弁護士とは、別の、あるいはそれを上回る「価値」を見出している個人的な信念がなければ、彼らのようなことはできないし、彼らの領域に達することはできない(遠藤弁護士にとっては、本業ですらなかったのですから)。

     だから、逆に彼らのような姿勢を、弁護士業という資格業に求めるというのは、違うというべきなのかもしれません。別の言い方をすれば、資格業たる弁護士から入って、彼らのような人材に辿り付くのは、ある意味、昔も今も無理があるといわなければならないように思うのです。

     以前から時々、メディアで取り上げられる、彼らのように信念に基づき、無償で弁護を引き受ける弁護士について、ひとつかつてと大きく違ってきたと感じることがあります。それは、彼らの取り上げ方に対する同業者の目線です。今回のような取り上げ方がされる度に、こうした弁護士の姿勢が一般化される、そういう形で社会に伝わることの方を危惧する同業者の声が、ネットなどを通じて聞かれるのです。

     「彼らは尊敬できる。でもどの弁護士もが、彼らのような『超人』になれるわけではない」

     同業者のそうした声は、当然、利用者市民の過度な要求につながることを懸念するものといえます。彼らのような「超人」が、弁護士の鏡であり、あるべき姿のようにとらえられれば、即座に「なんであなたはそれをやらないのか。やっている弁護士もいるじゃないか」という依頼者市民の声が返って来るのではないか、そういう声につながるのではないか、というおそれです。

     しかし、もともとそれは現実的に無理といわなければなりません。資格業として成り立たせ、普通に生活をして、家族も養う、そのなかでゆとりや豊かさも求める。そういう前提でない人だけが、弁護士になるなどということは、過去においてもない。いかに人権の擁護と社会正義の実現を使命にする資格であっても、「超人」「奇人」だけが務まる仕事という話はどこにもないのです(「弁護士『薄利多売』化の無理と危険」)。

     もっとも、かつてと違うところもう一つ挙げるとすれば、「超人」も「超人」予備軍の人材も、「改革」によって、かつてよりも生きづらく、生まれづらくなった、ということはいえるかもしれません。おカネをとらない弁護士たちが、何で生活できているのかには、そもそも個々人の一般化できない事情や有利な条件がある可能性もあります。しかし、それを脇においても、増員政策による弁護士の経済的激変は、彼らの信念を貫けるだけの、最低限の経済的余裕も奪っていることは考えられます。

     どこまで耐えられるかは、それこそ彼らの信念と価値観に委ねられることですが、依頼者市民にとっては、それこそ手を合わせたくなるような彼らの信念を、貫き難くする方向、いわば足を引っ張る方に、「改革」が作用していることは十分に想像できることです。

     もう一つ、メディアの取り上げ方に関係して、同業者の不安をかき立てている事情を付け加えておく必要があります。それは、日弁連・弁護士会主導層の姿勢が、自己犠牲を前提にしている弁護士像を、弁護士法1条の使命の先に、理想としているように見えることです。そして、それは個々の普通の弁護士として、決して有り難くないアピールを社会に対してしているのではないか、ということです。

     採算性ではなく、あるべき論を前提に、弁護士のニーズを考える。まさに増員政策の失敗につながった発想は、基本的に変わっていないのではないか、と。強制加入でありながら、会費が個々の弁護士の業務にプラスに跳ね返ってきているという実感できない現実につながっているものです。そして、そうした主導層の弁護士自身は、必ずしも「超人」ではない、という事情も付け加わっています(「問われる弁護士会主導層の現実感」 「日弁連の『改革』の発想と会員の『犠牲』」)。

     市川弁護士の記事のなかに「絶滅危惧種」という表現が出てきます。昔も今も彼らのような弁護士は「絶滅危惧種」だったというべきです。また、彼らのように生きて、信念を貫き、感謝されることは、遠藤弁護士に感じたように、傍目にもそれは幸せな人生のようにも思います。しかし、間違えてはいけないのは、それは彼らの個人的な信念を貫く幸福感のうえに成り立つものです。増やせば「超人」も増えるのではないか、という期待感も介入しがちですが、資格業のあるべき論につなげることは、一般の弁護士たちにとってだけではなく、結局、弁護士という資格が成り立つ基盤を根底から揺るがし、そして私たちにとって有り難いはずの、彼らの「信念」も絶滅に導くということは分かっておく必要がありそうです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    いやもう、誤解を呼ぶ表現で申し訳ないが、亀石先生は給料をもらえなかっただけだからまだいい。当職、経費負担の名のもとに、個人事件の売上の半分を事務所に上納・事務所事件は無報酬・交通費や通信費などは個人負担・事務員は無能なので使えず自分で専用の事務員を雇う、などの経験あり。
    その他、事務のバイト料の未払い、事務の残業代未払い、事務の可算残業代の加算せず、通信料延滞でネットが止められる、正社員に有休をとらせない(有給申請を事前にして休んだ事務員でも、給与が減らされた)、闇金からの取り戻し金を入金している預かり口座から生活費に流用するとか、弁妻もやりたい放題。リーマンショック前の出来事です。
    経営弁護士は、単位会の紛議委員とも、日弁連過疎地対策(ひまわり基金)の委員会や派閥で親しく。ゆえに、弁護士や事務員が単位会に相談したところで本人に筒抜けになっただけで、悪化こそすれ解決しなかった。

    弁護士業界は、人治であって法治ではない。司法制度改革のお手本のアメリカでは決してありえず、中国にすらなれず、北朝鮮レベル。裁判所でも部分社会法理か何かが適用される、アンタッチャブルな世界なのでは。

    No title

    下のほうのコメントで引用されている亀石氏のツイッター
    いやはやこれは絶望するわ(黒猫先生を哂えない)

    >弁護士司法委員から、業界で今後も仕事していくんなら雇用主の不正は水に流せ、との趣旨の和解勧試を受け、今めちゃくちゃモチベが下がってます。

    多分声をあげたのがこの亀石氏だけで、業界で今まで黙らざるを得なかった人達もたくさんいるのだろうな

    No title

    なるほど、弁護士をやめるということは、特別なことではなくなっているわけですね。アメリカでは会費や登録料が年間ゼロから数百ドル程度なので、弁護士業務を行わずに登録している人は多いのですが(弁護士業務を行わず登録だけであれば、会費を半額程度に減額する州が多いようです)、日本では高額ですし。日弁連などの会員検索システムでは事務所情報が公開されるので、形だけ自宅を事務所にするのもセキュリティ上難しいですね。そうすると、確かに、弁護士登録抹消の動機付けは日本のほうが強く、今後は合格者数にかかわらず弁護士は減るでしょう。実際、言われてみれば、周囲にも、弁護士をやめた人はすでにかなりいることに気づきました。会社員になった人、悪質な依頼人やブラック事務所により人格崩壊し療養中の人、海外で活躍している人など、様々です。1割では済まないと思われます。残っている会員の男女比的はおおむね5対1ですし、出身大学の問題でもないようですから、全体的な広がりと思われます。

    No title

    こんな統計を弁護士会が出しているとは知らなかった。このような統計を取りながら、弁護士会は、判断すべき場面でことごとく判断を誤り、間違った対応策をとり続けた。
    自分の合格年はようやく合格者が1000人を超えたころだった。任官・任検が150人程度、合格者数からそれを差し引いても100人近く程足りない。なお当時の修習辞退者が数人(しかし、別年の修習辞退者が入るので、合格者数と修習生数に変化なし)。しかも、これは5年前の情報で、今はさらに退会者が出ている。
    請求による弁護士登録抹消というのは、もはや例外的事象ではない。弁護士増員を前提とする現在のシステムは、遠からず崩壊する。

    No title

    4月の大量退会はおそらくは裁判官の職務経験者
    https://www.shirahama-lo.jp/topics/blog/ より

    しかし某先生もK先生のブログが停止してからいきなりブログやツイッター更新しだしたね(応援している会の関係だろうが)。

    No title

    2015年3月31日時点でさえ、50期台以降は1割程度が辞めている(司法試験合格者-任官任検-弁護士数)
    http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2015/1-1-5_shushukibetsu_2015.pdf

    新65期はすでに4分の1がやめたという見解もあり、数年で急減している模様。
    http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20190905172208

    No title

    普通の法律事務所の実態はこんなもの
    http://kyouhourou.iinaa.net/
    (左の「2019年実態調査アンケート」でアンケート結果が見える
    本来の団体である全国法律関連労組連絡協議会ではまだ公表されていないようだが)

    No title

    >辞任した単位会会長、理由は?日弁連副会長兼任者?

    https://twitter.com/mstk_Horiguchi/status/1169847013283729408

    No title

    >裁判所は労働者性を認める判決は出さない。弁護士会に何を言われるか分からんから、だそう。

    簡裁だからでそ。
    地裁移送すればわからんて。
    あと本人訴訟(いくら弁護士でも)は辛いわさ。
    なんか知らんけど代理人としては冷静なもんでも、当事者になった途端冷静にならなくなった人ならいっぱい知ってる。

    No title

    弁護士にはならないほうがいい。弁護士は辞めたほうがいい。かつては独立すれば年収1000万など普通だったから、それを励みに一時的な搾取には耐えられた。今は一桁少ない。赤字もざら。経済的に詰められると、この亀石先生(立憲民主党の亀石先生とは別人)とは違って、狂信者になる可能性がある。刑弁教でも僻地教でもよく見かける、自分が搾取されるだけでなく他人を勧誘して煙たがられる末端信者。つまり、被害者であると同時に加害者。これはホラーストーリーでしかない。が、現実に起きている。ブラック事務所礼賛のビデオを流す研修所も、勤務弁護士の労働者性を認めない弁護士会も、その弁護士会に忖度する裁判所も、タダ働き礼賛のマスコミも、それをもてはやす世間も、すべてグル。ところで、研修所で刑事事件が起きたそうだが、証拠をコンビニのごみ箱辺りに捨てたうえで、完全黙秘だろうか。

    ・・・・・・

    >亀石
    弁護士会を心から信用できない理由は、他人や社会にさぞ真っ当になれと意見を述べるのに、イソ弁の労働者性や法律事務所のイソ弁の労務管理に関しては沈黙し続けているところもある。

    弁護士法人相手の未払い給与請求訴訟、やる気なくした…

    裁判所は労働者性を認める判決は出さない。弁護士会に何を言われるか分からんから、だそう。

    このまま無理やり判決に持っていっても、裁判所は間違いなく業務委託契約で認定してくる。
    それは自分には全く構わない話だが、全国のイソ弁の皆さまにとっては全くいいことではないだろう。

    なので予備的主張の業務委託をもっと厚く書いてくれ、と言われたので、既に書いてるし向こうの主張に合わせただけだから内容まで知らん、厚くなんて書けんと突っぱねる。

    俺の主張が業務委託になれば、裁判所も安心して判決書けるだろうね。弁護士会は大喜び、俺は全国のイソ弁に怒られる、という構図

    その判断が法的構成ではなくて、「弁護士会に何を言われるかわからない」という理由でなされようとしていることに本当に愕然としました。

    No title

    辞任した単位会会長、理由は?日弁連副会長兼任者?

    No title

    ニュースソースは言わんよ。そんな子供っぽい挑発には乗りませんて(失笑)

    去年、ツイッターで、新弁護士会設立構想というアカウントが話題になりました。実は、10数年前にも、東京のごくごく一部で、その種の話が盛り上がっていました。そのような中、リーマンショックが起きて、
    「新弁護士会どころではない。弁護士を続けるべきかどうか、そこから考えなければ。」
    となり、解散。退会時期はばらばらだったので、目立たなかったけれども。

    今回はかなりの数に上りそうですね。

    No title

    匿名だったら何とでも言える。

    別に弁護士になった者は一生弁護士でなければならないなんて法律があるわけでなし、辞めたかったら辞めて、やっぱり弁護士が好きだと思ったらまた戻ってくればいいだけじゃないのかね。

    No title

    日弁連執行部が、職務基本規定改正のための臨時総会を12月に開く。
    単位会や委員会などに対する照会は行わない。
    今までさんざん反対意見が出てきた件。

    当職も弁護士廃業計画を立てている。
    「勝手なことをしたい人たちだけで勝手ににやってれば」
    って感じも、行きつくところまで行きついた感じ。

    No title

    ほほーと思ったけれども
    >去年12月、引っ越し作業に追われる市川の弁護士事務所
    まだ山小屋に引っ越したばかりじゃねーか
    >極力経費は落としちゃって。食っていければいいんだから
    いやいやいや
    北海道の冬はきつい。
    この弁護士が何歳かは知らんけど、妻が70歳近いということは夫もそのくらいかそれ以上。
    もともと弁護士だからタフかも知れないが、雪掻きだの冬の近隣の買い物とかどうすんだ?
    まー冬になったらそれこそ沖縄で過ごせば無問題だろう。実際は金はあるんだろうね。

    No title

    >ひいては弁護人が金を貸せ

    その検察官、ロー卒じゃねえな……
    ロー卒なら!法曹倫理の中で、みっちり教わる筈!
    よって!
    その検察官!予備試験組!

    って話じゃないの

    No title

    こういうことが蔓延するから、しょうもない美談はやめてほしいんですよ、ただただメンタルも財務もたない、実際に転職活動中だけど。


    >星野フラメンコ

    生保受給者の被疑者について、略式罰金で処分日に釈放したい、ひいては弁護人が金を貸せ、と検察官に言われましたよ。

    東京地検。

    大丈夫かい、あんた。

    No title

    市川弁護士の場合、奥様が法律事務員も兼務でき、志も同じだからできることかもしれんね(お子様方については知らんが)。
    そう考えれば絶滅危惧種なのは夫のほうではなく奥様なのかもしれん。
    意外と本当に「飯食わぬ女房」なのかもしらんね(妖怪なのではなく、本気で夫第一で尽くすという意味で)。

    No title

    「飯くわぬ女房」という昔ばなし(ホラーストーリー)
    「ただの昼食などと言うものはない」という英語の格言
    「ただほど高いものはない」という日本の格言
    「他人のタダ働きをほめながら購読料をとる日本の新聞」という現実

    No title

    黒猫先生が「最後の記事」をお書きになりました。
    今まで舌鋒鋭く一貫して司法制度を批判してきたスタイルに敬意を表して、このブログでも取り上げてくださいな。
    http://kuronekonotsubuyaki.blog.fc2.com/blog-entry-1210.html
    (可能ならインタビューしてほしい……ご本人の体調に問題がなければ)

    No title

    >極力経費は落としちゃって。食っていければいいんだから。

    生活保護受給者でない限り、公租公課負担も考えると、最低でも毎年300万はいる。小さな金額ではありません。現実問題、それはどこから来るのでしょう。

    とある冤罪事件で再審の結果、無罪となった方の著書で、
    「国家賠償に弁護士たちが群がって半分持って行った、明細も出さなかった、明細くらいは出すべきではないのか」
    と述会しているものがありました。
    もちろん、先生方はそんな話はしないし、マスコミだって取り上げません。
    何かしらのからくりはあるものですよ。鬼平犯科帳ではありませんが、これみよがしの美談は、ただただうさん臭い。

    法テラスを利用しての家庭内暴力問題等に取り組んでいる弁護士が、事務所経営は赤字で生活費など全く出ず、配偶者からの収入で埋めていることもあります。
    もちろん、弁護士会的には絶賛、マスコミが取り上げても好意的な論調です。
    人生も家族の在り方もそれぞれですが、家族を泣かせて他人を助けるというのには、人の在り方としては、どうでしょうか。
    この先生は、
    「離婚したらもう法テラスは受けられない」
    などとおっしゃっていましたが、では法テラスをやめたら収益性の高い仕事が来るのでしょうか。今までその人が法テラスを活用し、価格下落圧力に加担し実際に報酬水準を下落させた結果が、ブーメランになってかえってくるでしょう。本人はいいことをしていたおつもりでしょうが、そのために多くの弁護士を苦しめることとなり、弁護士という職業がもはや生業ではなくなったことを、いずれ自覚することになるでしょう(反省するかどうかは別の話で、おそらく反省などしない)。

    仏陀も、いい年をして、老親・妻子を置いたまま、国を捨ててしまいました。非人間的です。これが美談というのは、いかにも共感力・想像力が足りない。

    ちなみに、アメリカでは法曹倫理が非常に厳しく、例えば養育費から弁護士の報酬をとってはいけません。そのため、現在、貧困層は100%本人訴訟、中間層もほとんど本人訴訟、アワリー300ドル以上~が払える富裕層のみが弁護士代理人に依頼します。労働事件・刑事事件など惨憺たるものです。ただし移民問題はある種の政治的背景のある人たちが頑張ります。

    耳障りの言い美談の行く末は、極端な二極化です。

    No title

    この記事のツイートが宣伝目的ではなく本心なのであれば
    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52241233.html
    >弁護士法1条の使命の先
    弁護士同士が人権云々言えない状況で1条の使命の先などと言っても説得力がないように思える。

    No title

    誰もが尊敬したN坊弁護士も、本業よりも副業というかそもそもアレの太さがあってこその本業だった(変な意味ではない)。

    二足のわらじを履く弁護士のことはもっと知られてもいいし、昨今では会社経営とうまく組み合わせている成功者も多いのだからこういう「清貧(実際がどうかは知らん)弁護士」よりももっと日弁連はギラギラする若手をアッピールしていくべき。



    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR