FC2ブログ

    弁護士「競争・淘汰」の幻想

     弁護士の競争による淘汰のメリットを強調する論調に、いまだに出会うと、一種、奇妙な気持ちにさせられます。既に弁護士が大量に増員されても、そのメリットを利用者市民が実感できているとは思えず、さらにいえば、そのメリットとしてイメージされた、良質化や低額化が、こと弁護士について、そう簡単には実現しないことも、既にこの「改革」の結果として、実証されつつあるように思えるからです。

     そもそもこれまでも書いてきたように、情報の非対称性しが存在し、多くが一回性の関係にある利用者による、適正な選択が担保されていない、弁護士との関係にあっては、およそ前記メリット論のなかでイメージさせるような展開にはなりません。むしろ、それ以上に、質の確保をもたらすような(適正な淘汰につながるような)、適正な選択を、利用者側に委ね、その結果は自己責任で片付けることの方が、メリットどころか利用者にとって酷なものといえます(「依頼者『自己責任』の酷」 「良質化が生まれない弁護士市場のからくり」) 。

     低額化についても、薄利多売化が困難な業務の実態を考えれば、弁護士の心がけ一つでなんとかなる、ような描き方そのものに無理があり、そのこともまた、既にはっきりしたといえないでしょうか(「弁護士『薄利多売』化の無理と危険」)。

     なぜ、ここまで延々と弁護士は、競争に期待する論調を被せられるのでしょうか。ひとつには、この「改革」の描き方そのものにあったといえます。「二割司法」をはじめ、「改革」は当初から、弁護士の数の少なさが、この国の司法の諸悪の根源のように描かれました。偏在はアクセス障害であり、その除去のためにも増員が必要であるともされました(実際のアクセス障害は、経済的な問題の方が大きいはずでしたが)。

     もっとも弁護士会内の当初の認識は、主に増員によって競争状態が苛烈化するというものではなく、潜在的な、あるいは将来的なニーズのために、増員が必要であるというものでした。しかし、個々の弁護士の受けとめ方としては、これまでの数の少なさにあぐらをかいてきたとか、サービス業として弁護士ももっと自覚すべきも少なからずありました。

     このあいまいな現状認識と、自省は、結果的に逆に弁護士の「心得違い」論、つまり数の少なさそのものが彼らの保身からくる競争回避の発想(だった)、従って彼らの心得次第で、良質化にしても低額化にしても、普通の商業活動のごとく、実現する。市民が本来享受できるメリットを享受するために、彼らをそこに追い込むために増員による競争が必要である――という捉え方を、より導き出してしまったようにとれます。今にしてみれば、「改革」当初の、自己改革を主体的に進めることを表明した弁護士会の姿勢にも、冒頭書いたような期待にこたえられない現実的な事情を伝えないまま、無理な期待を呼び込んでしまった落ち度があったようにみえるのです。

     しかし、冒頭のように「改革」の結論が既に出ている現在、この期待感を被せた論調に接すると、やはりその安易さの方を強く感じてしまいます。弁護士を増やして競争さえせれば、淘汰によって、市民にとって望ましくない弁護士は駆逐されるという発想。これで良質化も低額化も実現するのであれば、これほど簡単なことはありません。

     競争によって金儲けだけがうまい弁護士がより生き残り得ること、逆にこれまでも経済的利益を度外視した弁護士も淘汰されかねないこと、もちろんこの仕事に経済的利益中心ではない、社会的な意義を見出した(見出したであろう)若手の志も奪うこと、そういう世界になったことを見切った人材が、この世界に来ないこと――。それらをすべて無視して、なお、利用者市民にとってのプラスをはじき出すのですから。

     考えてみれば、法曹資格という厳格な資格制度を支え、養成の中核であることを、この「改革」で表明している法科大学院関係者までが、司法試験合格者を増やしたいために、この安易さに乗っかり、とにかく輩出し、質確保は競争の淘汰でもいい、とまで言い出す始末ですから、弁護士の特殊性を度外視した、増員による競争・淘汰の効用論とは、本当に都合がいい論調といえます(「『資格者』を輩出する側の自覚と責任」)。

     この弁護士の経済的異変で、依頼者のおカネに手をつけるといったベテラン弁護士の不祥事の発覚と、退場する事態を取り上げて、淘汰は現実に進んでいるという人がいます。また、それが若手ではなく、主にベテランである点も、既存の問題弁護士が炙り出されているかのようにとらえる声もあります。競争がもたらした経済的な状況によって、それに耐えられず、逸脱してしまう倫理レベルの人間が退場している、ということは確かにいえるかもしれません。

     しかし、彼らの退場だけで、本質的に弁護士の良質化が進んでいるとは、多くの弁護士が思っていないはずです。なぜならば、適正な競争が担保されていない以上、経済的に追い詰められることで問題弁護士が炙り出され、退場を余儀なくされる、というストーリー自体が必ずしも成り立たない。そのことを業界内の人間は、よく知っているからです。

     適正な競争のための、利用者市民の適正な選択ということについては、これまた弁護士側の「適正な」情報開示によって実現するという、安易な、あるいは単純化した意見があります。しかし、結論からいえば、その方法や程度を考えたとき、非対称性の問題をクリアし、選択者の酷を解消するほどの具体的な方策は導き難いのが現実です。専門家による第三者的な評価も考えられ、セカンドオピニオンの可能性もないとはいえませんが、個別具体的な案件に踏み込んだ、選択の要素になるような適正対応の評価は、こと弁護士という仕事については容易ではありません。それこそ、誰が見ても明らかにアウトという対象は別ですが、逆にそれが淘汰されるだけ、利用者が実感できる良質化といえるのかは当然疑問です。

     競争を求める立場に対する、業界関係者からとみられる反論に対し、「『弁護士ムラの論理』でしかないものばかりで、世間の素朴な感覚から大きくズレている」という意見が、当ブログのコメント欄に書かれていました。しかし、「弁護士ムラ」の実情を分かっている現実もあれば、「素朴な感覚」がゆえに期待してしまう現実もあるように思えます(「司法試験『選抜機能」の危機が省みられない事情」)。

     そして、不透明な競争の先に期待するよりも、資格制度である以上、限りなく質の確保を厳格に行ってもらうのが、利用者の最低限のニーズであり、また、それを競争に丸投げして、結果的に利用者に酷な負担を課すことが、養成する側の責任逃れであることの方に、こだわるべきといわなければなりません。


    弁護士の競争による「淘汰」という考え方についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4800

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    「お金のために、というのは僕の生き方じゃない」北海道の山奥に移住、費用ゼロで公権力に挑む”山小屋弁護士”
    https://abematimes.com/posts/7015530

    No title

    >資格制度である以上、限りなく質の確保を厳格に行ってもらう

    これは司法試験は勿論としても、その先(日弁連・裁判所・検察庁)の関わりのほうが多くのウェイトを占めるのではあるまいか。
    裁判官や検察官の質については述べないが、少なくとも日弁連(あるいは弁護士会)の若者たちへの指導か?それとも他の部分か?に問題があるからこそ弁護士からの「質の低下」なる言葉が出てくるのであろう。

    利用者は自分の紛争に勝てば良いのであって、別に弁護士全体の良質化や質の良化など求めていないのではなかろうか。

    そういえばこのサイトでも、弁護士登録/法律相談掲示板の運営をしている。そういう経験をもとに、なぜポータルサイトもうまくいかないかということの記事にしてもらいたかったが。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR