FC2ブログ

    法科大学院制度廃止法案の登場

     法科大学院を中核とする現在の法曹養成制度の根本にメスを入れる、画期的な法案が4月17日、国民民主党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」によって衆院に共同提出されました(司法試験法等の一部を改正する等の法律案要綱)。その内容の柱は、概ね次の通りです。

     ① 司法試験の受験資格を法科大学院修了者と司法試験予備試験合格者に限定する制度の廃止
     ② 受験期間制限の廃止
     ③ 予備試験の廃止
     ④ 司法試験の口述試験復活を含む科目変更
     ⑤ 弁護士会・法科大学院が連携した弁護士への研修機会の提供
     ⑥ 司法修習期間の2ヵ月間延長した1年2ヵ月への変更

     資格取得までの時短化による負担軽減で志望者を回復することに主眼が置かれた政府案への対案という位置付けですが、司法試験受験資格要件の廃止に踏み込んでいることからも明らかなように、事実上の法科大学院制度廃止、旧司法試験復活法案といっていい内容です。

     「改革」で生み出された法科大学院の中核という位置付け、役割そのものを見直すという点で、これまでの路線に縛られず、極めて現実的な対策が打ち上げられたという意味では、「遂に」という言葉を付け加えたくなります。しかし、これまでのところ、不可解なほど、この法案に対する、メディアの対応は冷ややかです。

     事実上の第1報となった時事の報道では、口述試験復活と予備試験廃止だけが伝えられ、胆といってもいい受験資格要件廃止が言及されないという、まさに不可解な現象もありました。そのため、業界関係者の中には、既に法科大学院制度擁護派が口にしていた方向で、本道維持のために予備試験に「遂に」メスが入る法案が出てきたと、逆の解釈と懸念が広がる一幕もありました。

     時事の報道に関しては、単なる記者の認識不足という解釈もできますが、他紙の反応を合わせて見ると、制度擁護派からすれば、まさしく「とんでもない内容」の法案を、「非現実的」と片付けたい大マスコミの思惑まで推測したくなる現象です。

     しかし、現実的といえば、現在の「改革」がもたらした法曹養成制度の現状からして、これほど現実的内容はありません。この法案の前提には、「改革」が構築した、前記司法試験の受験資格を法科大学院修了者と予備試験合格者に限定している制度が、法曹志望者減につながり、優れた資質を有する法曹の人材確保につながっていないという認識があります。

     何度も書いてきたように、法曹志望者減の根本原因には、増員政策失敗による弁護士の経済的価値の下落という問題が横たわっています。志望者減対策のために、制度擁護派内からも、なりふりかまわない「背理」との批判が出ている前記政府案の内容を考えれば、法曹養成制度が今、選択すべき選択肢はこれしかない、というべきです(「法科大学院在学中受験『容認』という末期症状」)。

     法案の提出に当たった国民民主党の階猛・衆院議員は同党ホームページで次のように語っています。

     「政府案は何のために法科大学院を作ったのかを見失っている内容ではないか。試験さえ通れば良いという以前の制度から、プロセスで法曹を養成する制度に変えることが法科大学院制度創設の目的であった」
     「しかし、政府案では大学を3年で終わりにし、4年目から法科大学院に行けるようにして最短では法科大学院に1年だけ通えば司法試験を受けられるようにするもの。それでは大学1年から大学受験をすることと変わりなく、4年間の法学部の教育を充実させればよいのであって、法科大学院の自己否定ではないかと思う」
     「法曹養成制度を守ることよりも、法科大学院の入学者を増やして法科大学院を守るということに目的があるとしか思えない、間違った法案であると思う」

     なぜ、この法案が制度擁護派にとって、「とんでもない」ものになってしまうかといえば、それはとりもなおさず、法科大学院関係者の中に制度=修了の司法試験受験要件化という、絶対にこれを手放せないという強い意識と前提が存在しているからにほかなりません。そうだからこそ、こちらもこの法案を事実上の制度廃止法案と呼ばなければならなくなっているわけですが、もはや階議員が指摘するように、本来の目的を見失ってまで、ここにしがみつくというところにまで至っているのが「改革」の現実であるということです(「受験資格化を必要とする理由」)。

     そのしがみつく制度擁護派の本音をさらに深みすれば、これまでも書いてきたように、受験要件という「改革」が与えた特権的な地位を失えば、もはや制度は選択されない、要はそうなったあかつきに選択される「価値」を提供できないという、この制度がずっと引きずっている、ある種の「自信のなさ」をそこに見てしまうのです。階議員の指摘の最後の引用部分は、まさにそこに触れたものにとれます(「法科大学院『本道』をめぐる現状認識と自覚の問題」)。

     法案が今後どういう扱いになっていくかは、もちろん予断を許さない状況ですが、この法案の登場が、まさしく法曹養成の現状と、それを直視して、本当のあるべき法曹養成から逆算した対策を導きだせないところに陥っている、「改革」の現実を浮き彫りにしているといわなければなりません。


    「予備試験」のあり方をめぐる議論についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >すでに昔の制度に戻すのでは足りません。
    つい10年前くらいの法科大学院がまだなかった時代の制度に戻しただけで、志望者なんて圧倒的に回復する。

    >司法修習制度を廃止し、法律事務所でOJTを4000時間積んだら法曹資格を得られる(研修医的なポジション。夜勤も可、兼職も可。)
    法律事務所(法テラスも含む)でOJTを積むような制度、昔にはよくあった(今でいうところのパラリーガルは秘書ではなく、もともとこうした徒弟制度。何があっていつの間にか秘書になったのか)ので上記の条件なぞ満たすのは軽いだろう。

    No title

    >何度も書いてきたように、法曹志望者減の根本原因には、増員政策失敗による弁護士の経済的価値の下落という問題が横たわっています。

    おっしゃる通りです。

    さらに、日本の場合、レールから外れると貧困層から抜け出せなくなるリスクが極めて高いこと、弁護士になっても生活保護水準未満となる確率がほぼ50%に達することから、研修所にフルタイムで通うこと(既存の勤務先を退職すること)は、もはや人生を賭した危険すぎる冒険です。つまり、例えば、かつてはひまわり基金で過疎地に行くことはキャリアの断絶につながり極めて危険なかけでしたが(その賭けに勝てるのは少数派で、任期満了後ほどなくして請求退会して会社員になったり自ら他界される方の率が普通の弁護士よりも高い。現在はさすがに情報隠ぺいは難しくなっており、志願者は激減している。)、このようなニッチな進路選択をしなくとも、今や法曹を志すこと自体がばくちになってしまっています。

    公務員や大学生合格者を中心に、
    「司法試験に受かったけれども研修所にはいかない。ライセンスの一つとして保有しているだけ。」
    という選択をなさる方々が、旧試験の時代よりも目立ちます。

    法曹養成制度の壊滅的状況からは、すでに昔の制度に戻すのでは足りません。法科大学院や予備試験を廃止する程度のことでは、志願者及びそのレベルは回復しません。

    回復のためには、司法修習制度を廃止し、法律事務所でOJTを4000時間積んだら法曹資格を得られる(研修医的なポジション。夜勤も可、兼職も可。)、というような制度に、再構築する必要があります。

    そうすると、大手事務所優遇ではないか、司法アクセス解消はどこに行った、という話になりますが、それこそが新自由主義の流れです。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR