FC2ブログ

    弁護士需要が顕在化しない「改革」の正体

     弁護士を増やしたものの、「需要が顕在化しなかった(していない)」ということが、いまやこの司法改革の結果として、当たり前のように言われています。マスコミの論調のなかでも、これが弁護士の経済的異変につながっているという文脈で登場しますし、ここまでは業界内でも大方共通認識になっている観かあります。

     しかし、今、改めて奇妙な気持ちさせられるのは、ここから先の、弁護士需要の「顕在化」ということに対する、「改革」推進論のスタンスです。なぜならば、端的に言って、それがいまだにこの部分を、弁護士の増員と増えた弁護士の犠牲的努力でなんとかする、なんとかなるというものにとれるからです。

     もっとも、これまでも書いてきたように、有償性・無償性をごちゃまぜにした「改革」の需要論、それに基づく弁護士必要論の現実を考えれば、増員弁護士を経済的に支えられるほどの需要は、もともとこの国になかった。それが蓋を開けてみたならば分かったというだけで、そもそも顕在化しようがないということで、この話は終わってしまいます。

     ただ、一方で、なにを前提として潜在的な需要として考えるか、という問題は残っているといえます。顕在化しないことが分かったのは、あくまで制度を含めた現在の司法の現実を前提としたものです。もっと弁護士を利用したい、司法を利用したいという社会の欲求に対して、前提的な条件が整えば、弁護士としても、業務として成立する需要としてカウントできるものが生まれるかもしれない、という話です。

     低廉でサービスを受けたい、という社会的欲求に、個々のサービス提供者が応えるのには、もちろん経済的な理由による限界があります。数を増やして、競争させ、提供者の工夫や努力によってしても、それがその社会的欲求の期待を満たせるとは限らず、そもそも業務の成立を脅かすまでして、そこまでそれを満たさなければならない、という話にもなりません。

     なぜか、よく聞かれる例えですが、低額で乗り放題のタクシーを期待する社会的欲求が大量に存在していたとしても、それを「需要」と位置付けて、それに応えるために、あらかじめタクシー運転手と車を大量に増やし、競争による低廉化への努力に丸投げする、という方法がとられる、という話にはなりません。誰の目にも、無謀です。もし、その社会的欲求に、本当に社会としてこたえる形にしようとするならば、その大量の欲求に応えられる受け皿が、経済的に成り立つような別の前提が容易される必要があるはずです。それが用意されて初めて、現実的にサービス提供者がこたえられる「需要」としてカウントできる。

     弁護士需要論と「改革」が陥った根本的な誤りは、そこにあります。弁護士の需要に対して、その顕在化がみられないことが分かった段階から、現在に至るまで、推進論者の中に、その掘り起こしに「開拓」という言葉を当てはめ、増員弁護士を「開拓者」と位置付ける考え方があります。鉱脈に当たらないのは、掘り進める鉱夫が足りないからだ、とばかり、弁護士の数を増やせば、必ずや需要が掘り起こされる、という発想です。そして、増員された数によっても、需要が顕在化しないという「改革」の結果が明らかになった今でも、まだ「改革」はその考えから抜けきっていない。「改革」推進論者のある人は、まだまだ潜在需要はあるから増員は間違っていない、ここで手を緩めてはいけないと言い、また、ある人は、原因は旧態依然とした弁護士の業態と努力不足にあると言っているのです(「増員『需要顕在化』論と『開拓論』継続の意味」 「弁護士「需要」と処遇をめぐる疑問」)。

     実は業界の中にも、本気で弁護士の需要を「顕在化」させるためには、本当は何が検討されるべきなのか、前記した必要な前提について提案する声はあります。例えば、おカネでいえば、法律扶助の充実、資力制限の緩和で、国民が裁判費用を心配しなくていい前提が、司法利用者の間口を広げ、可能性を広げる。そのうえで、弁護士費用は貸与ではなく給付制にして、タイムチャージ制も導入して低額訴訟について、利用者・弁護士双方の可能性を広げる。訴訟救助、破産申立に必要な予納金の国庫仮支弁の拡充、弁護士費用保険の充実なども。さらに、裁判利用の動機付けにかかわることでは、行政訴訟での勝訴率の低さや裁判の拙速化による不満など、裁判所改革が前提となるという声も根強くあります(森山文昭「変貌する法科大学院と弁護士過剰社会」)。

     本当にこの社会に、弁護士の活用によって、何とかしなければならない需要があって、それに本気で向き合うというのであれば、要は弁護士「需要」を本当に顕在化させるというのであれば、「改革」が描いた、弁護士増員とその先の無理な弁護士の努力に期待するよりも、考えなければいけないことがあるはずです。逆にいえば、弁護士増員とその先の「需要」の顕在化に延々と期待する「改革」推進論は、結局、その意味での本気度を疑われてもしかたがありません。そこまでヤル気はないのではないか、と。利用者にとって有り難い未来は、もはやこの「改革」の、どこに期待できるのでしょうか。

     低廉化を含め「利用しやすくなる」という良化のイメージを描き、社会の期待感を煽りながら、弁護士増員を推進し、結果としてその無理が判明してもなお、増員にしがみつく「市民のため」「国民のため」の「改革」が、本当は何を切り捨てているのかは、もはや明らかてあるといわなければなりません。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    これで志望者も戻ってくるだろう
    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52232486.html

    No title

    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52232305.html
    そもそも文系法律系資格受験者が軒並み減っているのだ
    法曹だけが需要がなくなったというわけでもあるまい
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR