FC2ブログ

    法曹養成見直しにみる「無自覚」と司法試験への共通認識

     法学部3年、法科大学院2年という「法曹一貫コース」の新設、大学院在学中の司法試験受験容認などを柱とした、法曹養成見直し法案の閣議決定を受け、新聞各紙が、この内容・方向を懸念する社説を掲載しました(朝日 日経 東京 京都)。主張として、各紙共通する点を端的にいえば、一つは、資格取得までの時短化政策で、志望者減少に歯止めをかける今回の見直しの方向が、法科大学院制度を創設した「改革」の「理念」を歪めたり、失わせることへの懸念。そして、もう一つは、問題の根本原因として、予備試験の存在をやり玉に挙げていることです。

     志望者減の根本原因が、増員政策による弁護士資格の経済的価値の下落にある以上、資格取得までの時短化策だけで根本的に志望者回復につなげることが困難であるという「効果」の点。そして、なりふりかまわず時短の効果を期待するあまり、修了を司法試験受験要件にまでしている、法科大学院という教育プロセスの「価値」と矛盾しかねない、在学中の司法試験受験容認という制度を選択している点――。

     今回の法曹養成見直し案は、それらの点で「無自覚」にみえるものをはらんでおり、これまでも書いてきたように、その点では、「改革」の「理念」を強調して来た制度擁護派から見ても、批判の対象になることは理解できるものといえます(「法科大学院在学中受験『容認』という末期症状」 「法科大学院制度擁護派の分裂と旧試『欠陥論』」)。

     しかし、その一方で、「理念」との乖離を問題視する制度擁護派も、今回の社説を掲載している新聞にしても、増員による弁護士の経済的価値下落という原因を何とかかするという視点はないこと。あくまで主因は予備試験の存在とし、そちらを何とかせよということ。その意味では、現在、法曹志望者をかろうじてつないでいる予備試験まで制限すれば、いよいよ志望者はいななくなる、ということに、彼らの側も「無自覚」にみえる、といわなければなりません(「編集長コラム『飛耳長目』~自覚なき法曹養成見直し案」)。

     このもはや「迷走」といえる段階に入っている、法曹養成「改革」で決定的に欠落していたものは何なのか――。それを改めて突き詰めて考えてみると、実は、司法試験という存在の価値や位置付けへの認識そのものではないか、と思えるのです。結論からいえば、法曹養成「改革」は、これまで司法試験がどういう役割を果たし、どう志望者から受けとめられ、今後とどういう役割を果たすのがふさわしいのかについて、共通認識を持たないまま、「改革」を推進してしまったのではないか、ということです。

     今回の「改革」では、「点からプロセス」という言葉でいわれたよう、強調されたのは、「選抜」の関門としての司法試験の役割よりも、プロセス教育の効用の方でした。旧試験体制の受験技術優先、予備校偏重が批判され、「豊かな人間性の涵養」「法的分析能力や法的議論の能力」等の育成(司法審意見書)を実現するためには、法科大学院を中核とする法曹養成プロセスが必要という前提に立った。そして、司法試験も、そのプロセスの「効果測定」という位置付けがなされました。

     この時点で、「改革」路線のなかで、資格制度としての、また法曹「選抜」としての絶対的関門であり、そうあり続ける司法試験という共通認識が、果たしてできていたのか、疑問を持ちたくなるのです。司法試験・司法修習のこれまで果たしてきた役割を認識し、自らがその過程で生まれた、当時の既存法曹からすれば、当然、中核たる新プロセスは、これまで通りの関門を通過するレベルの人材を輩出する使命を負ったとみていた。ところが、法科大学院の側からすれば、「効果測定」という位置付けでも分かるように、主はあくまで新プロセスの教育の効果にあるという自負をもってとらえていた。

     司法試験に合格しなければ、資格が得られないのに、受験のための教育はできない、という新プロセスのおかしな状況も、この認識のズレが反映しています。本来、志望者にとっては当然必要になる司法試験合格を差し置き、それに手を付ければ予備校と同じになるという、司法試験という「関門」が存在することとのチグハグな法科大学院側の認識。法科大学院というプロセスよりも予備試験が選択されれば、それが時間的経済的投資に見合う「価値」として選択されなかったということとはとらえず、新プロセスの価値を掲げて「抜け道」と批判する認識(プロセスを経ることと経ないことの違いを実証できないことへのこだわりがない)。資格制度でありながら、取りあえず社会放出して、質の確保は競争・淘汰にゆだねよ、という認識。そして、修了者の司法試験合格率が低迷すれば、レベルを合わせるべきは司法試験の方だ、という認識(‘予備試験合格者が法科大学院修了者と同レベルであるはずということへのこだわりの欠如)――。

     これは、「改革」路線のなかで、司法試験の位置付けや選抜のための、未来に向けての位置付けがあいまいであり、「改革」の共通認識が十分に形成されていなかったことを意味しているのではないでしょうか。本来、「改革」論議は、この点をじっくり時間をかけて詰めるべきだったのかもしれません。それがないまま、旧試体制の欠陥と、新プロセス教育の効用論と期待が先行し、進められてしまった。

     そもそも新プロセスの側からすれば、本来、司法試験はこれまでのようにはなくてもいい、このプロセスはまさに適格者を養成するのだから、という試験「軽視」といっていい自負もありました。ところが、本来、そうであれば、法科大学院の入学か、卒業に、司法試験に代わる厳格な関門がなければならない、という発想になってもいはずですが、法科大学院擁護派にその発想はありません(しかも、厳格な関門を突破して来た予備試験ルートを目の敵にしつつ)。それは、あくまで法曹養成の発想ではなく、大学側の運営という発想によるという意外ありません(「伝わっていない司法試験『選抜機能』の危機」)。

     さらにいってしまえば、旧司法試験が法曹への「一発逆転」のチャンスとして、志望者にとって、新体制よりもはるかに魅力的で公平な機会保障であったこと、予備試験教育が本当に法曹にとっての「実害」を及ぼすものであったのかということについても、新プロセスを強調する「改革」路線は、本当に深く向き合ったのか、という疑問も湧いてきます。

     結局、冒頭の現在の法曹養成見直しをめぐる「改革」路線、制度擁護派たちの「無自覚」とは、司法試験の「価値」あるいはこれまでの実績から逆算した発想を欠いた、「改革」論議の結末に見えます。一方で、あれほど掲げていたプロセス通過を志望者減の歯止めに受験を許すかと思えば、合格しても司法修習は法科大学院修了を要件にするとか。はたまた「理念」維持派は、本来、旧試のように、合理的に実力によって関門通過を測る予備試験を制限し、司法試験合格率の実績の格差度外視で、本道に誘導すべきと訴えるとか。いずれもそこまでする新プロセスの「価値」、あるいは新プロセスを経ない実害をはっきり示せないままで言われている。それが現実といわなければなりません。

     冒頭の新聞各紙のなかで、京都新聞の社説は、今回の「改革」について、「法律業務の需要拡大のもくろみが外れ、弁護士の過剰や都市部偏在などを招いた」と、志望者減の根本原因につながる認識を若干のぞかせている点では、他紙と異なる面もありますが、今回の見直し法案について、次のように表現する下りがあります。

     「法科大学院の救済どころか、逆に形骸化を招きかねず、法曹養成の根本的な立て直しには程遠い」

     単に一メディアの表現の問題といえば、それまでですが、「法科大学院の救済」こそが、「法曹養成の根本的な立て直し」ととらえていようにとれる一文は、法曹養成のあるべき姿から逆算されない、「改革」の前記「無自覚」をそのまま映し出しているように思えてきます。


    「予備試験」のあり方をめぐる議論についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    深刻な新旧格差…“金バッジ”と“豚バッジ”
    https://biz-journal.jp/2019/03/post_26990.html
    >「改革によって弁護士界に旧司法試験(旧司)組と新司法試験(新司)組という2つのバッジが生まれてしまった。ある警察官などは、留置場に接見に来た弁護士が旧司だと下手な対応ができない“金バッジ”、新司は怖くないから“豚バッジ”と区分けしていると聞きます」

    No title

    >多様で優秀な人材

    というのは、多様な経験(職歴)があるということよりも
    法律以外の分野でも専門的知識があるという意味だからね。
    そこをはき違えている人が多いね。
    そして、法律以外の分野でも専門的知識がある人間というのは、自ずと(弁護士のような)上流階級で学べた人間のことをいう。
    繰り返すが、よくドラマであるような、勤務時間の隙間時間で司法試験とか、一念発起して異業種から司法試験とかそういう意味の多様はそもそも求めてない。

    No title

    >多様で優秀な人材

    特定の有名大学の現役学生、それも自分たち司法官僚やブル弁にひたすら阿諛追従する安心な手下候補生を毎年きっちり大量に、それも自分たちが権力を振るって恣意的に確実に採用できるようにしたい!!という学閥コネ根性が叶ったんだから、連中にとっちゃ大成功でしょ。だから連中は法科大学院制度絶対堅持何が何でも絶対に譲らん絶対に非を認めん、という態度にひたすら凝り固まってるんでしょ。「自分たちが恣意的に合格者を決める」権力の保持と拡大、つまり予備試験・司法試験・司法修習の否定。俺たちが法科大学院に入学を認めた人間だけを無条件に弁護士にしろ、落ちる可能性があるようなガチンコ検定なんか一切するな、俺たちの選考権力を100%にしろ、などという、要するに権勢欲100%のタワゴトばかりをひたすら言い張ってますよね。

    司法制度改革とやらは、多様な優秀者の排除こそが目的だったんでしょ。だったら大成功してますよ。だから当事者があんな態度に固執してるんだ。私の見立て、不自然不合理な点がありますか?

    No title

    河野玄斗さんの新著の中で、予備試験のほうが司法試験よりも難しい、という一節があり、そりゃそうだよな、と思った。

    予備試験に8か月で合格(しかも東大医学部の勉強と両立しつつ、TV出演もこなしつつ)した彼にとって、今どきの要領の悪い凡人(修習生、教官とも)に囲まれた1年を過ごすというのは、ストレスだろうし時間の無駄でしかない。おそらく彼は司法研修所にはいかない。

    アメリカのロースクールに行き、アメリカの弁護士資格を取り、おまけとして日本で外弁登録をする、というのはありうるかもしれない。ただし、日本のショウビズ界やアメリカのメッドスクールというルートも十二分にある。

    多様で優秀な人材が法曹界に入ってこなくなった、これは河野玄斗さんに限らない話で、司法制度改革の失敗ぶりを端的に表している。

    >そもそも旧司法試験は「資本試験」と呼ばれていたこと
    >若者優遇の「丙案」貴族と揶揄された制度があったこと

    「資本試験」の是正のために法科大学院という名の関所を設け資格商法をやるというのは、悪い冗談にしか聞こえない。
    三振制度にしても全員を丙案貴族にするようなものではないか。これのどこが「是正」だというのか。旧司法試験のほうがはるかにマシだった。

    No title

    タクシーの中で依頼者に裁判の報告の電話をする弁護士…
    事務員に丸投げ、または事務員に分からないことは掲示板で聞くよう指示する弁護士……

    法科大学院云々ではないと思うが根本的に何か間違っている

    No title

    >旧司法試験が法曹への「一発逆転」のチャンスとして、志望者にとって、新体制よりもはるかに魅力的で公平な機会保障であったこと
    旧司法試験礼賛は賛同しがたい
    そもそも旧司法試験は「資本試験」と呼ばれていたこと
    若者優遇の「丙案」貴族と揶揄された制度があったこと
    それの是正としての新体制であったことを踏まえれば
    希望としては法科大学院で能力を身に着けた若者が7~8割ストレートに合格し(能力なき者は5年で去る)ていくという未来だっただろう

    マスコミの強力なスポンサーである法科大学院を敵に回すわけにもいかないだろうし、今更マスコミが論調を崩すとも思えない。
    かくして、総本山もマスコミも法科大学院も都合の悪い部分には沈黙したまま、全ては自然減という最適解に向かって緩やかに進んでいくのである。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR