「余裕」の描き方と受け止め方

     増員の是非をめぐり、意見が分かれている弁護士界ですが、今の弁護士が経済的に「余裕がない」現実については、相当程度共通認識にはなってきていると思います。

     もちろん、弁護士業をこれまで営んできた方々の中には、「古き良き時代」と比べられての話ですし、比べる体験かない若手の方々は、「余裕がある」状況が分からない、というよりも、「余裕なんかなくていいから生活をさせてくれ」という方々もいると思います。

     こうした弁護士の「余裕」に対して、およそ大マスコミ、経済人など弁護士大増員路線の推進を唱える方々の受け止め方は、大きく分ければ二つになると思います。一つは「甘え」。もう一つは「嘘」です。

     前者は、これまで弁護士が人数の供給調整をして、自分たちが楽して儲けられる環境を作って、それが増員によって崩れてきたことを嘆いているというとらえ方です。弁護士に対して、努力を求める見方で、「余裕」自体も特権にあぐらをかいてきた姿勢から来る発言として、「余裕なんかなくていい、みんな余裕なんてない」という、弁護士の心得違いをいう批判論につながっていきます。

     後者は、端的いって「余裕はある」もしくは「またまだ余裕があるはず」というもので、現に儲けている弁護士たちを例に挙げ、あたかも「弁護士は分かっているのに嘘をついている」というとらえ方です。

     どこの世界にも儲けている層はいるのですが、それを例に全体として「まだまだ」をいうもので、それに反論ないし反対のスタンスには、前者の切り口が加味されます。「儲けているのに儲けを減らされたくないから増員に反対している」つまり「余裕」を守るために「嘘」をついているといっているようにとれます。

     さて、この弁護士の「余裕」をごく一般的に国民の利益という観点からみると、もし、それが推進派論調のいうように「甘え」や「嘘」ならば、それも彼らがいうような、あっていいはずの競争がないために、国民がもっと受けられるはずの「よりよい法的サービス」がアクセス(弁護士数)と価格面で阻害さているような話になります。

     一方、弁護士が「嘘」ではなく、「本当に経済的に余裕がない」とすれば、どうなるでしょうか。倫理観が低ければ、不祥事に発展し、そうでなければ、本来やれることができなくなるか、リタイヤするか、だと思います。

     「余裕」がない人間の競争が、必ずしも生き残るための「よいサービス競争になる」とは限りません。数をこなすために「質」を落とすことも考えられれば、カネにならない仕事に手を出さない傾向が強まることは、もちろん考えられます。「弁護士もビジネス」というのであれば、それ相当の割りきった姿勢で臨む人間も増えてきておかしくないでしょう。これまでも書いてきてように、大衆との関係で弁護士という仕事が一回性の仕事でなければ、まだしもですが、次がない(次は別の弁護士にしようという機会自体がない)だけに、依頼者にはとりかえしのつかないものになります。

     実はあたかも弁護士に対して、「甘え」「嘘」と厳しい論調を突きつけるのが「国民のため」といわんばかりの推進派の方々は、この辺をむしろ楽観視し過ぎているように思えます。

     市民が今、経済的にゆとりのある弁護士と、ない弁護士、どちらを選ぶかといえば、おそらく前者を選ぶと思います。現実は、それこそゆとりのない弁護士の中にも、真面目に依頼者に望む人もいるし、真面目に臨むゆえにゆとりがない人もいるでしょうが、市民感覚からすれば、そのことよりもゆとりのないことによって、手を抜かれたり、おカネに汚くなったり、よからぬ発想に立つのではないか、ということの方を危惧するはずです。

     企業系のニーズが、これからの増員時代を支えるような見方もありますが、そもそも現在企業系の仕事でもうけている法律事務所は、大衆の抱えるこまごまとした紛争を積極的にカバーしているわけではありません。もともとビジネスとして割り切っている方々が儲けているわけで、こうした方が増えても、大衆にとって必ずしも「利」がもたらされるとは言えません。したがって、「本当に余裕がない」人間がリタイヤし、今、「儲けている」人間が残ればいい、ということにもなりません。

     本来は、ある程度のゆとりがなければ、カネにならない仕事をやりたくてもできない場合があります。もっといえば、もともとそんな考えに立つ弁護士ばかりではないというのならば、少なくとも、これまでそれでやってこれた弁護士たちがいなくなります。彼らこそ、この国の大衆にとっては必要な弁護士です。

     したがって、大マスコミなどは、どうしてもこのことを、弁護士全体の「嘘」「甘え」というスキームで描かなければなりません。

     ただ、嫌な感じがするのは、その描き方の無理も、彼らは本当は分かっていてやっているのではないか、ということです。「儲けている人は儲けている」「やり方によってはやれなくない」という手法は、大変失礼ながら、高級車や海外旅行の写真とともに「あなたもこうなるのが夢ではない」といったコピーとともに掲載している、いかがわしい商法の勧誘を連想します。そういう人がいるのが「嘘」ではなくても、全員がなれないことを百も承知で言っているとうかがわせる点で、どこか共通しているように感じるのてす。

     そうだとすれば、彼らの「国民のため」こそ、誤解か、それとも別の目的を隠している「嘘」かを疑いたくなります。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR