FC2ブログ

    「改革」の発想の呪縛

     今回の司法改革について、弁護士と話をすると、まだ「改革」は決着していない、いわば発展途上だという考えを強く打ち出す方々に、時々出会います。彼らは、さすがに「改革」が当初の想定通りには進んでいないことを認めざるを得なくなりましたが、司法制度改革審議会最終意見書の方向性や理念は間違っていない、という前提に立ち、むしろそちらの方を重要視しているようにとれます。

     しかし、現実的には、その方向性や発想が、完全に一つの結果を出している、そのことを前提にすべきではないかと思うのです。それは、有り体に言えば、彼らが間違っていないと強弁する前記方向性や理念が、それこそどういう描き方を前提にしていたか、そしてそれがこの結果にどうつながったかに、こだわるかどうかの問題といえます。

     例えば、司法審意見書は、「国民生活の様々な場面における法曹需要は、量的に増大するとともに、質的にますます多様化、高度化する」という大前提に立ち、その要因のなかに弁護士の地域偏在も含め、法曹人口の大幅な増加を図ることが喫緊の課題と位置付けました。その一方で、「実際に社会の様々な分野で活躍する法曹の数は社会の要請に基づいて市場原理によって決定される」という前提に立っています。そして、さらにはそれを支える法曹の質・量の養成には、旧司法試験体制の改善では限界がある、という大前提のもとに、法科大学院を中核とする新法曹養成の必要性が導き出されることになります。

     これらを現状に照らして、冷静に考えれば、今、一体、どこにこだわるべきなのでしょうか。前記「改革」の描き方は、法曹、事実上弁護士の量的なニーズの増大が確実に見込まれ、具体的な法曹の量は、市場原理で決せられるという発想のもと、何もそれを支える特別な手当てが必要だとはしていません。ということは、要するに、増員弁護士を支えるだけの有償の需要の存在を前提とし、それが増員政策とともに顕在化してくる、という前提に立っていることは明らかです。

     よく増員反対派からは、ここで法曹の数は、「社会の求めに応じて市場原理で」、と「改革」の「バイブル」が明言しているのだから、現状からして、「改革」路線派も率直に減員の必要性を認めよ、というニュアンスの発言が聞かれてきました。しかし、逆に言うと、意見書はそういうベクトルでの発想で、この一文を入れたわけではないことも、当時の議論を知っている人たちは分かっているはずです。意見書が、司法試験年間3000人の目標が「上限を意味するものではない」と付け加えているように、あくまで「更なる増員」の可能性を視野に入れていたことは明らかで、それだけ「改革」路線が、前記前提と描き方に依拠していたことを示しているといえるのです。

     要するに、国民が求めるニーズが増員弁護士を支えるだけ存在し、だから弁護士増員は可能かつ必要であるという前提が、あたかもアプリオリに存在しているような捉え方。そして、そこから逆算した結果が今である、という発想に立たないのが、まさしく冒頭の彼らの発想ではないか、と思うのです。

     日本の弁護士が昨年4万人を突破したが、そのほぼ半数が東京に集中し、弁護士会が対策に力を入れてきた弁護士の過疎・偏在問題は未だに解決したとは言い難い――。こうした問題意識のうえで、「地域社会に必要なインフラ」である弁護士をどうするのかについて、二人の論者に語らせる企画を、2月7日付けの朝日新聞朝刊オピニオン面(朝日新聞デジタル)が掲載しています。

     朝日がなぜ、今、このテーマを取り上げたのか――。司法試験の受験者が5000人を割り込むことになり(平成31年司法試験出願状況の速報値 「Schulze BLOG」 「弁護士 猪野亨のブログ」)、 また、13弁護士会が、供給過剰という現状認識のもとに、司法試験合格者数の更なる減員を求める声明を出すといった現状を考えると、朝日は「それでも弁護士は減らせない」と言いたいのか、と取りたくなります。

     しかし、そのこともさることながら、ここで登場する飯孝行・専修大学法学部教授と大窪和久弁護士の意見を読んでも、やはり感じることは「改革」の「結果」を認識しながら、基本的な発想が「改革」路線の前提に乗っかっているようにとれる点です。

     飯教授は、弁護士過疎・偏在解消について、「ゼロワンマップ」に始まる機運の高まり、1990年代の日弁連の法律相談センター開設、2000年代からのひまわり基金法律事務所、さらに「改革」で登場した法テラスの成果を挙げています。しかし、それらが撤退したら「ゼロワン」地域は復活するだろうとして、その理由は、「弁護士は自由業であり、経済的合理性を追求する職業」だからであるとし、弁護士が都市部に集まる必然性にも言及しています。

     そのうえで、「改革」が描き、失敗した「地産地消」といわれているロースクールの役割が成功している米国では、弁護士過疎が問題になっていないとして、日本での地方法科大学院撤退に繋がっている、司法試験合格率に基づく補助金カットを疑問視。地方弁護士会による、高齢による地方閉鎖事務所の若手あっせんを提案しています。

     しかし、これまでの経緯も、弁護士の経済的合理性追求も分かっていながら、増員政策の先に織り込んだ「ゼロワン」解消、また法科大学院設置の先に織り込んだ偏在対策、という「改革」の発想から抜け出していません。不思議なことに彼は、その後に「将来的には、国が最低限地方に必要な弁護士数を設定する必要が出てくる」かもしれない、とさらっと付け加えています。地方に弁護士が必要だというのであれば、本当は何が必要なのか、彼は分かっているのではないか、なぜ、まずここから逆算しないのか、という気持ちになるのです。

     一方、大窪弁護士も、やはり弁護士過疎対策での、ひまわり事務所や法テラスが果たした成果を挙げたうえでえで、ひまわり事務所の理想とする、最終的な個人事務所としての定着の困難性、それらを支える地方勤務志願者の減少を挙げています。彼は、この現実から不採算地域の法テラスの優先整備や、若手が都市部に戻ったあとのキャリアプランを描ける枠組みを国が整備する必要性に言及しています。

     しかし、ここまで分かっていながら、残念なことに彼は最終的に弁護士に次のように呼びかけています。

     「探せば、地方には仕事がまだまだあります」
     「弁護士は自ら地域に飛び込んで、住民がどんなことで困っており、解決のために何ができるのか周知し、潜在的なニーズを掘り起こしていけばよい」
     「こうした取り組みが増えていけば、弁護士は『地域にとって不可欠なインフラだ』と住民に理解してもらえるはず」。

     潜在的ニーズにしても、弁護士の犠牲的な取り組みの先に、弁護士を「不可欠なインフラ」という、地域住民の認識形成が待っている、というのは、「改革」が既に「無理」もしくは「限界」という結果を出した、それこそ「改革」の描き方ではないでしょうか。もし、地域に弁護士が必要であるというのであれば、「改革」の発想に縛られず、非採算地域で弁護士が生存できる手当てをどうするかから逆算した発想が前提的に必要、というのが、「改革」の結果が教えていることではないのでしょうか。

     今こそ、この「改革」のどこから、これからを考えるべきかが問われているように思えてなりません。


    地方の弁護士の経済的ニーズについて、ご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4798

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    司法改革で一番罪深いのはシュルジー殿の言う通り、「対立」をあちこちに生じさせたことでしょうね。
    http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52229723.html

    受け容れた国民も
    改革のそのまた改革の声を上げない国民もアレだが

    No title

    この弁護士の言い分もひどいが、学者さんの方はアメリカを地上の楽園にしているわけだね。これが50年前ならば北朝鮮を地上の楽園にする学者が多かったが、世間知らずの若者を先導して彼らの人生を台無しにする学者たちというデジャブ。

    アメリカの本人訴訟率の高さ、アメリカの(特に田舎の)裁判所のサイトでは本人訴訟pro seサポートページが充実していること、判決書が判決では不要で口頭で言い渡すだけという事案がかなりある(統計は存在しない)こと、年収2万ドルのシングルペアレントでも資力十分であるとして公設弁護人が認められず(もちろん私選を選べる金はない)本人のみでの刑事裁判が多数存在することくらい、インテリの常識では・・・。

    No title

    https://twitter.com/mayukotaniguchi/status/1094598294787960838
    >当地では、複数の事務所で相談だけして、自分の相手方が相談できる弁護士を潰すという手法をとる人がいる。有名処を4、5件回れば、相手方にとっては、どこの事務所に電話かけてもなぜか相談を断られる、という現象が起きる。
    6:05 - 2019年2月10日
    (引用ここまで)

    これが本当なら、モンスタークライアントの存在もさることながら、
    地方には進出できないということに

    No title

    学校にスクールローヤー
    児童相談所に常駐弁護士

    今まで考えられなかったニーズがこれから求められてくるというのに。
    ゼロワンではなくもっと小さなコミュニティ間に弁護士を配置するのが肝要。

    No title

    河野様の記事はいつも秀逸ですが、今回はその中でも特に素晴らしい。感謝です。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR