FC2ブログ

    「望ましくない顧客」を登場させたもの

     かつて弁護士自らが改めるべき姿勢を自省的にいう表現として、業界内で盛んにいわれた「敷居が高い」という言葉が、最近、以前ほど言われなってきました。以前も書いたように、訪問する側の理由による気後れを意味する言葉の使いどころとしては、誤用といっていいものですが、今回の「改革」にあっては、依頼者市民を遠ざけている、弁護士の体質改善の対象として、これを「低くする」ということが、まるで合言葉のように言われた観もありました(「『敷居を低くする』競争のリスク」)。

     しかし、ある意味、この言葉の魔法は解けてしまったのかもしれません。もちろん、この「改革」を肯定的にみたい人は、増員政策によって、相当程度、弁護士の「敷居」は低くなった、ということを強調し、それがゆえに、依然ほど口にされなくなったというかもしれません。「敷居が高い」という言葉でいわれた、弁護士側にアクセス阻害の要因があるという自覚が、増員政策がもたらす競争への覚悟とともに、対依頼者市民への姿勢を変えるものになった面がなかったとはいえません。

     しかし、一方で、この言葉には、常に弁護士側の期待が被せられていた、ともいえます。有り体に言えば、「敷居」さえ低くすれば、市民はもっと法律事務所の門をたたくはずだ、という期待です。その意味では、この言葉は、弁護士の潜在的な需要を当然の前提としているともいえます。

     解けた「魔法」というのは、そこを指します。言ってみれば、多くの弁護士は、現状、もはやそういう問題ではない、ということに気付いてしまったのではないでしょうか。そこまでの潜在需要がないのに、それを見込んだ増員が失敗し、前記した前提が崩れ、「敷居」を低くしたところで、もはや効果は限定的。そもそも低い「敷居」が当たり前になるほど、強調材料でもなくなってくる――。

     これまでの弁護士側のアピールのなかには、弁護士側がもっと気楽に、相談できる存在になるというだけではなく、イメージとして、市民の側の「誤解」を解く、つまり、弁護士がもっと気楽に利用できる、いろいろ利用価値がある存在であると周知されれば、もっと利用されるという発想も見受けられました。しかし、それも見方によっては、非常に楽観的な捉え方であるということが分かってきてしまったようにも見えます(「日弁連『フレンドリー』広告の見え方」)。

     そして、実はもう一つ、弁護士の意識の中に、ある変化が起きているようにとれます。それは、この言葉の「魔法」が解けた、というよりも、むしろ積極的に負の影響を感じとっているのではないか、ということです。この言葉が、弁護士がこれまで言われてきたような、偉そうな態度を改め、あるいはサービス業としての自覚のもと、対依頼者に対して怠ってきた努力に向かう(いわゆる、よく言われてきた「あぐらをかいてきた」のを改める)ということ自体に、異論はないかもしれません。

     問題は、これが何でもウェルカム、小さいことでもどうぞ、という顧客誘引アピールにつながった結果、弁護士が今、深刻な「望ましくない顧客」の増加に直面している現実です。弁護士の自己防衛という観点で、以前、弁護士が慎重な対応にならざるを得ない依頼者・相談者を列挙した弁護士ブログの指摘を取り上げましたが(「依頼者からの『自己防衛』」)を、弁護士からみて「望ましくない」内容を大別すれば二つです。一つは弁護士の採算性から見て、割りに合わない、という意味で「望ましくない」相手、もう一つは、そもそも勘違いしているという意味で関わるべきでない相手です。

     その結果、実は、ある「たらい回し」が行われているということが業界内から聞こえてきます。たまたま当ブログの最近のコメント欄にも、それを指摘したものがありました。「望ましくない顧客」の登場(荒唐無稽な相談)→法テラスへ流す→法テラスは弁護士会・都市型公設事務所に流す→弁護士会の電話相談・法律相談担当や都市型公設に、「望ましくない」案件(投稿者いわく「金にならず懲戒リスクたっぷりのゴミ事件」)が集まる、という仕組み。コメントは、それが結果的に若手に押しつけられているという「裏事情」にも言及しています(「弁護士『専門性』認定へのハードル」)。

     今回の「改革」には想定されていなかった事実(本当に想定できなかったというよりも、そう片付けられている事実)が沢山ありますが、これらも全くそれに当たります。「改革」の結果を前提にすれば、「望ましくない顧客」に対する弁護士側の言い分自体は、ある意味、当然のものともいえます。しかし、「改革」の結果として、これが望ましいものであるのか、といえば、それはまた別の話です。

     「パンドラの箱」を開けたかのような状態に目をつむれるのは、誰も「改革」の責任を問うことがないから、問われることがないからです。その結果、私たちは、利用者にとって、ちっとも有り難くない「改革」の結果を前提にする話に付き合わせられ、また、今後も付き合わされる話になっているのではないでしょうか。それは、思えば増員政策につながる弁護士の潜在需要論と、「敷居が高い」論への、彼らの、ある意味、一方的な思い込みから始まっていたというべきです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト



    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    https://twitter.com/bengo4topics/status/1114036918684016640

    さすがに検察は、
    「アメリカが自国の自動車産業を守るためにエシュロンあるいはプリズムでとった情報を、こちらに分けていただきました。てか、根本的に、アメリカの後押しをいただいてます。」
    とはいえない。 ∴ 情報源カバーの一手段としての捜索差し押さえ。

    ゴーンさん、ハイリスクハイリターンなポジションを自ら追及していたにもかかわらず、リスクに見合った有益な人脈作り(弁護士・通訳含める)を、今の今まで怠っていたのか。情報戦ということにすら、弁護団は気付いていない....

    No title

    「ロシアでは、捜索差押への対抗策として、情報を紙で残さない。日本でも気を付けよう」
    なる内容の、刑事畑のツイートを発見・・・。

    ニエット、電子データは筒抜け。プーチン大統領がタイプライター使いというのは、有名な話。

    プリズムによって簡単にサーチされうる方法で(実態としてはアメリカの国策捜査事件での)在宅被告人のビデオをとり、翌日には逮捕が報道機関にリークされ、さらにツイッターという個人情報ダダ漏れのツールを在宅被告人に使わせ、翌々日に逮捕。この最近の例は、派閥問わず刑事畑弁護士がいかにテック音痴かを、披露している。

    ちなみにこのコメント欄はVPNを使っていても投稿可能。ダスビダーニャ。

    No title

    https://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10493
    >「クレーム処理などというものは弁護士の仕事ではない」という方針のところでは、事務員は多くのクレーマーに揉まれて鍛えられ、必然的にスキルを身につけている

    No title

    望ましくない顧客と同じように望ましくない弁護士も登場かね
    https://twitter.com/yamato_lawyer/status/1095971077065338880

    No title

    釣りの体裁は取っているものの……
    https://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10452
    >ある日の夜9時前、新規の相談者が事務所に来る。30代半ばの冴えない風貌の男性だ。職場のパワハラや長時間労働についての相談である。
    >結局、痺れを切らした先生が強い調子で言う。
    「弁護士は不平不満や愚痴を聞く仕事じゃないですから。慈善事業じゃないですから。何をどうしたいのか、具体的に言って頂かないと。弁護士は何を受けていいのかわからないですから。弁護士に相談に来るときには事前に整理して頂かないと。こんな深夜に、お互いに時間の無駄になりますから」

    No title

    下のツイートの本の一部分の内容
    いくらなんでも特に赤線部分は非弁提携のお誘い文句やろがい!
    普通のモンクレ判断には当てはまらんわ。ちょっと本の情報古くない?

    No title

    No title

    そうなのかねぇ。
    たぶんモンスター相談者の年齢の統計を取っていないか意味がないから取っても仕方ない(法的トラブルが起こりやすいライフイベントの世代)のだろうが、大量懲戒請求者の年齢層が高いと言われているのと同じで、「ある年代の特定の声が異様に大きい」のと「(ゆとり教育の弊害で)適切な教育を受けていない年代が社会の壁(笑)あるいは、それまで(親世代)には存在しなかった権利意識との兼ね合い(例:ブラック企業、離婚の容易さ、親権をとることの難しさ、DV(でっちあげ含む))に直面しているだけなんじゃないかと思うけれどね。

    下の引退日記の人だって、具体的な例を挙げていないのでなんとも言えんが、確かに
    (ネットがない、あるいは今ほど情報過多ではない時代)
    弁護士「この事件はこうこうこういう理由でこうなるから訴訟は考えたほうがいいですよ」
    客(調べる手段も限られているので)「はい」
    (今)
    弁護士「この事件は~」
    客「何故だ!ネットでは自分と同じような相談なのにうまくいっている!」(たぶん状況が全然違う)
    という状況で、説得するのは難しいわ。
    客のせいとも言えんわ。

    No title

    弁護士引退日記
    http://tanukiinu88.blog.fc2.com/blog-entry-55.html
    これは多くの弁護士の実感でしょう。

    ここ数年、ありがたくない相談希望者が多すぎる。営業や相談申込の電話は、自動応答で無視(たらい回しの誹りを受けないため)。紹介案件に限り、受任しています。

    結局、約20年かけて一周まわって元に戻ったのでは、と言う気がします。物事は落ち着くところに落ち着くものです。

    No title

    賢く金のある顧客は使えるだけの情報を駆使して自分と価値観もニーズも合いそうな弁護士に依頼できる
    金コマの顧客の場合は運次第(法テラスや弁護士会の相談にだって腕のいい弁護士はいるので)

    価値観重要。
    実は自分が依頼した弁護士が、自分とは反対の価値観だったりしたら目もあてられない。

    No title

    2個下のツイッターの投稿をしている御大、ツイッターで
    >いい年した卑怯なバカ男が刑事罰を受けたことは喜ばしい……
    とか言っちゃってるから、(腕に関しては文句はないが)潜在的顧客に対してはどう見えるのかなと思わないでもない。

    No title

    要するに弁護士会執行部・奥の院は、個々の弁護士を切り捨てる気満々なので、個々の弁護士の自己防御がいつになく重要になっているのです(派閥で雑巾がけをしている若手除く)。

    No title

    ツイッターを見ていたら、二弁では新人研修と5年ごとの研修で通知の送付先・交渉方法について、かなり厳しくお伝えしています、という投稿があった。

    確かにこの方は昨年倫理研修を担当されていたが、この方も含めて、指摘のような内容の研修は全くなかった・・・。

    アディーレ所属弁護士に対する処分に対する謎は深まるばかり・・・。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    >誰も「改革」の責任を問うことがないから、問われることがないからです。その結果、私たちは、利用者にとって、ちっとも有り難くない「改革」の結果を前提にする話に付き合わせられ、また、今後も付き合わされる話になっているのではないでしょうか。

    司法改革を望んだのは市民
    司法改革を望んだのは市民
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR