FC2ブログ

    中部弁連大会「ビラ配布」介入事件の深刻さ

     街頭でのビラ配りに対する警察の介入を、「表現の自由」から問題視してきた側だった弁護士(会)が、身内のビラ配りに介入するという、にわかに信じられない事態が発生しました。10月19日に名古屋市で行われた中部弁護士会連合会定期大会で、「ともに日弁連を変えよう!市民のための司法をつくる会」(略称・「変えよう会!」)の設立を目指しているグループのビラ配りに主催者側の弁護士が介入、禁止したというのです。

     関係者によると、同グループは事前に主催者側へ書面による大会への傍聴申請を出していましたが、主催者側からは傍聴許可とともに、会場になったホテルの2階受け付け付近や1階ロビーでのビラ配布の禁止を通告されていました。そのため、当日、グループメンバーは3、4人で、当初、ホテル内の禁止指定場所以外で配布を始めたところ、主催者側にそれも制止されました。

     グループ側は、ホテルの施設管理権もあると考え、ホテル内でのビラ配りを断念し、ホテル前の公道に移って再開しました。問題はここからで、この行為に対しても、主催者側弁護士がやってきて、クレームをつけ、禁止したというのです。

     関係者側の理解では、主催者側から伝えられた理由は、終始、要するに混乱・迷惑の回避だったようです。しかし、気になるのは、ビラの内容との関係です。このグループが設立を目指している「変えよう会!」の主張は文字通り、司法改革関連を含めた現在の日弁連の方向性や在り方を根本的に問い直すことを訴えるものだからです。司法試験合格者1000人以下、法科大学院修了の司法試験資格要件からの除外、給費制完全復活と「谷間世代」への国の是正措置、法テラス報酬・実費引き上げと返還免除拡大、日弁連重要政策の民主的決定など、日弁連・弁護士会主導層がにわかに首を縦に振らないような内容をスローガンに掲げており、それがそのまま今回のビラで訴えられていたのです。

     もちろん、今回の禁止措置が、こうした彼らの訴える内容に関わるなどという説明が、主催者側からされているわけではなく、今後もほぼ確実にそう説明されることなどはあり得ないでしょう。ただ、同グループは、9月14日の中国地方弁護士大会(山口県)、同月28日の関東弁護士会連合会大会(東京)、10月4、5日の日弁連人権擁護大会(青森県)で同様のビラを配布しており、あるメンバーは、その情報が今回の主催者側に入り、それを踏まえた対応ではないか、と話していました。もちろん、このいずれの大会でも、今回のような事態は発生していません。

     これまでも、日弁連や弁護士会の総会などの会場で、弁護士がビラを配布する姿は当たり前に見られましたし、その内容には当然、当日行われる議事で対立する案件に関わるものや、弁護士会執行部批判に当たるものもありました。しかし、ビラ配りを会場で主催者が制止するという場面はあまり見たことがなく、まして会場外について今回のような対応をしたという話を聞いたことがありません。

     ホテルなど会場側の意向がある場合は、当然、考えられます。しかし、ビラの内容が対立案件であったり、執行部批判であったとしても、会場でビラ配りをしている弁護士に、別の考えの弁護士が詰め寄り、そこで開催を混乱させたり、他の人に迷惑をかけることにつながるまでの、問答や争いになる事態そのものが、想定しにくいといえます。さらに、弁護士が公道で行う一般的なビラ配布に至っては、釈迦に説法みたいな話になりますが、道路交通法77条1項4号の「一般交通に著しい影響を及ぼす行為」に当たるような問題行為になりようがない。まさにそこから先に踏み込んで介入するのは、弁護士がにらみを効かせていい、警察の不当な行為の領域といえます。

     日弁連に一応、これまでの人権擁護大会などでの会員のビラ配りに対する対応について聞いたところ、会場の議事場内では一律禁止、議事場外の会場施設内については、会場の施設管理権者が問題にしない限り禁止しない、会場施設外については全く不問、という、考えてみれば、当たり前のような回答が返ってきました。

     こうしたことをすべて分かったうえで、今回、中部弁連関係の弁護士が、会場外のビラ配布まであえて介入したと考えれば、そこは前記ビラの内容にある彼らの主張に対する、特別な意図も読みとりたくなります。しかし、それをおいたとしても、少なくともここで深刻に考えていいのは、「表現の自由」にかかわるこの行為に介入する弁護士の感性の問題です。どんな主張であれ、これは踏み込めない、いや保障しなければならないという積極的な感性が、今回の事態に全く感じられないのは、どうしたことなのでしょうか。

     岩月浩二弁護士は、この問題を取り上げた自身のブロクで、以下のように厳しく指摘しています。

     「単なる弁護士会内部の内紛にしか見えないかもしれませんが、本質は、弁護士会内の少数意見を圧殺しようとして弁護士会自身が表現の自由を蹂躙した事件です。人権擁護を使命とする弁護士会がたとえ内部の者に対するとはいえ、表現の自由を侵害することを認めてしまえば、そんな弁護士に人権の擁護を期待することができるでしょうか」
     「今回の中部弁護会連合会の対応は、表現の自由についてあまりにも無頓着で、弁護士会連合会幹部らの人権感覚が疑われます。ひいては弁護士倫理にも関わる重大な問題です。日弁連や各弁護士会は、人権の出前授業などをする前に、会の幹部に対する人権教育を早急に徹底すべきです」(「街の弁護士日記」)。

     もちろん、弁護士の多くは、今も今回中部弁連大会で示されたような感性ではないと思いますし、そう信じたいとは思います。しかし、今回の事態が、弁護士(会)のなかで、これまでコアになってきたような感性までが崩れ始めている兆候であるとみると、やはり恐ろしいものを感じます。


    弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ
       
    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    法テラスor裁判所or主流派への迎合がなければ資金ショート、であれば、心身・財務を病みます。

    重要なことなのに、法科大学院も予備校も研修所も弁護士会新人研修も、全然教えないですよね。だから自分で情報収集・分析することが大事です。

    法曹に限らず、組織や権力や産業は、都合のいい情報しか流さず、都合の悪い情報を潰します。例えば、お受験産業は、大学にかかる学費を伏せて、いかに私立と公立で学習環境が違うか、進学実績が違うかを強調します。そういうのを無批判に受け入れ学生ローン(無利子奨学金含む)漬けになったような人たちは、司法制度改革でものせられがちかも。ミニ北朝鮮ですね。中弁連も。

    No title

    >そうなんですよね。それどころか、法テラス利用者である国民(貧困層)にすら、「食えない弁護士」と見下されている。

    うわあ・・・それは辛いな・・・
    依頼者から見下されながら仕事するとかキツすぎる・・・
    でもそれ、心当たりありますね。
    だから、言うことを聞いてくれないのか・・・
    みんな、どうやって心の平衡を保っているのだろう・・・
    僕には無理な気がします・・・

    No title

    >職員にしたら、こういう契約弁護士は、ただのパシリにすぎないのですが、契約弁護士側には、そうやって見下されているという意識を持つ人が案外少なく、だからこのやり方が罷り通っているのかなと思います。

    そうなんですよね。それどころか、法テラス利用者である国民(貧困層)にすら、「食えない弁護士」と見下されている。

    栄養状態の悪化からか頭の回転が鈍く、多角的に判断できず耳障りのいい言葉しか受け付けず、目先の利益しか見えず、長期的に搾取され続けるという貧困層の典型例が、今の法テラス契約弁護士です。

    No title

    >世論から見捨てられている
    世論から見捨てられようが弁護士法1条に則り正しいことには声を挙げるのが弁護士ですよ。世論に迎合することが必ずしも正しいわけではない。世論に迎合したからこの体たらく。
    結局、弁護士をいくらそういう人達なんだと蔑む顧客だって、何かトラブルが起これば弁護士に頼らざるを得ないわけで、その時やっと自分達が弁護士にどういう扱いをしたのか後悔することになると思います(がその時には遅かったりするでしょうが)。
    それが司法改革です。

    No title

    >出禁になったら法的根拠を求めて断固指摘すればいい。
    >それこそ弁護団を組み、表現の自由のために立ち上がればいい。
    >それが弁護士だ

    そうですし理解できるんですけど、そういう活動スタイル自体が既にカビ生えていることに気づかないと、「弁護士ってそういう人たちなんだ」と思われておしまいですよ。
    こういう発想って、犯罪被害にあっても事後救済されるから司法を充実させよう、という司法万能主義でしかなく、視野が狭いなと思います。
    もう少し、世論を味方につけるテクニックについては研究が必要なんじゃないですかね。弁護士業界はそれをやらずに裁判ありきでいくから、結局、世論から見捨てられているという現実に直面しているわけで。

    No title

    >都市型公設事務所やひまわり基金などをぶちあげてさんざん経費を
    >かけて失敗するや逃げ出すが後始末をしないので財政負担は会に
    >継続的に負担させたまま

    名目はなんとでも立ちますからね。「過疎地対策」「公益」と称して。
    原資は私達の会費でしかないんですけどね。

    >法テラスの数少ないまともな有償ポストが褒賞(笑)として配布されている、

    そのスキームで、最前線の現場は、やすい労働力として、やりがいに燃える篤志の弁護士・もしくは食えてない弁護士を供出する、という仕組みですね。後者はどうでもいいですが前者は気の毒ですよね。ただのやりがい搾取ですから。
    職員にしたら、こういう契約弁護士は、ただのパシリにすぎないのですが、契約弁護士側には、そうやって見下されているという意識を持つ人が案外少なく、だからこのやり方が罷り通っているのかなと思います。
    ただ、優秀な人・売れている弁護士にとっては続ける意味がないので、さっさと契約弁護士から離脱しているといえます。

    No title

    この介入事件に対する反省が後のビラ配りでは
    https://twitter.com/ShminLo/status/1055801399257194496
    成功したことも付け加えていただきたく。
    弁護士会やその自治体特有の事情があったのか
    それとも単に頭の固さがこの事態となったのか
    続報や更なる取材を期待したい。
    (単に自治体の事情などでビラ配りができなかったのなら弁護士会は関係ないことだし)

    No title

    >弁連が出禁にでもなったら、余計活動範囲狭まる

    そんなわけなかろう。引用ブログにもあるように
    (以下引用)
    街頭宣伝やビラ配りを禁じるため駅前などに設置された看板を巡り、自治体が「設置根拠はなかった」として撤去する事例が神奈川県内で相次いでいる。弁護士団体が「憲法が保障する表現の自由に反するのではないか」と指摘したのがきっかけとなった。同様の事例は全国各地にあるとみられ、弁護士団体は「行政による過剰な規制を防ぐ動きを広げたい」としている。
    (引用ここまで)
    出禁になったら法的根拠を求めて断固指摘すればいい。
    それこそ弁護団を組み、表現の自由のために立ち上がればいい。
    それが弁護士だ。

    No title

    >結局、弁護士自治など、主流派トップ層による弁護士会私物化の方便でしょ。

    私もそう思いますね。
    弁護士自治がなくなって何か実害ありますか?
    世論にビクついて見舞金を出したり修習生に給付金20万円をあげたり懲戒を乱発したり、はては職務基本規程を改悪して簡単に弁護士を懲戒できるようにしたり。全部「弁護士自治を維持するため」という理屈ですよ。

    弁護士自治のために弁護士が食い物になってるとしか思えないですが・・・
    本末転倒じゃないでしょうか・・・

    No title

    ビラ配りをされていた先生を見ました。もちろんその活動に敬意は抱きます。

    しかし、これをみて率直に思ったことですが、弁護士という人種は「俺達のやってることは正しいんだ!だから手続なんか踏まなくたってやっていいんだ!」という感性を持っている人が少なくないことなんですよね。

    でも、ホテルには施設管理権もあるわけで、せめてホテルに許可とるなりしてやらないと、弁連が出禁にでもなったら、余計活動範囲狭まるし、軋轢も高まるけど、長い目で見たらそれってマイナスなのでは。

    結局、弁護士がやる運動(法曹人口減も含め)が全然広がらないのって、そういう弁護士の「俺様が権利だ!」という態度に対する嫌悪感もあるんじゃないでしょうか。

    そういうことを総合的に勘案して、正直、活動に参加したりすることには、強い抵抗感があるし、賛同もし辛いとは思います。

    No title

    >弁護士の多くは、今も今回中部弁連大会で示されたような感性ではないと思いますし、そう信じたいとは思います。

    さぁ?
    案外ムラ社会だし
    外面は良くても事務所に帰れば人格豹変って人も……
    イソの待遇とか、ねぇ……

    別にそれが不思議なこととは思わんが……

    No title

    裁判所による監督の方がましではないのか。というのも、裁判所の処分は事後審査で、弁護士会がビラ配りを止めさせたのは事前審査であり、萎縮効果は後者の方が大きい。

    さらに、今回の中部連では、岡口裁判官の問題のビラを配ろうとしたグループもいたが中弁連が控えさせており、
    「裁判所の言論統制を批判する人たちも、弁護士会による言論統制には従順」
    ということが明確になった。

    その他にも、一部の弁護士らが、会則も踏みにじって無理が通れば道理がひっこむを地でいく専横を続けたり、都市型公設事務所やひまわり基金などをぶちあげてさんざん経費をかけて失敗するや逃げ出すが後始末をしないので財政負担は会に継続的に負担させたままであったり、法テラスの数少ないまともな有償ポストが褒賞(笑)として配布されている、等、長期間にわたり好き勝手にやり続けていることについて、色々知っていますけれどね。

    結局、弁護士自治など、主流派トップ層による弁護士会私物化の方便でしょ。

    ただし、今回ビラ配布を行ったグループも、法テラス問題については、報酬増加と償還免除止まりで、法務省による弁護士統制という根本的問題には全く触れない。法テラスに財布を握られれば、法務省の意向に対する行動など不可能となる。それでいいのかという問題意識が無く、目先のことに拘泥している感がぬぐえない。

    No title

    これは弁護士会の傲慢さがよく現れているといってよいだろう。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR