FC2ブログ

    志望者の現実的選択と失われた「魅力」の関係

     弁護士という仕事について、もっと夢や魅力を発信せよ、という意見が相変わらず業界内にあります。「改革」の増員政策が失敗であったと位置付けない立場の方からは、現実を直視し、そこから将来を見通し、懸念する論調に対して、「ネガティブ・キャンペーンはやめろ」という言葉が浴びせられることもあります。

     増員政策によって、弁護士に経済的な異変があっても、まだ弁護士という仕事には開拓分野を含め可能性があり、現にそれを切り拓いている人たちはいる。前記懸念論は、この世界に将来性がないということだけを強調するもので、志望者に対して誤ったメッセージになる、というのが、大まかな懸念論批判の言い分です。

     選択の最終判断を下すのは、志望者予備軍の方々ですから、もちろん判断材料となる情報はフェアに提供されるべきです。しかし、「改革」推進派の大マスコミの報道があり、増員政策の肯定論と、「改革」の足を引っ張っているとする弁護士の自己保身論や「心得違い」論が既に社会に流されている現実があります。

     人材に来てもらいたいあまり、耳触りのいい将来性や、それが楽に獲得できるという誤解を与える発信には、むしろ慎重であるべきという意見も業界内にはあります。最近は、組織内弁護士になるのでなければ、起業するような覚悟がなければ、この世界はやめておいた方がいいという弁護士もいます。

     誤った悲観論でこの世界に来なくなることと、誤った楽観論で覚悟なき人材がこの世界で立ち往生すること。結局、志望者のことを考えれば、どちらに意を用いるべきで、どちらがより彼らには有り難いことなのか――。懸念論が「ネガティブ・キャンペーン」として批判されるべきなのかどうかは、まず、このことを踏まえる必要があるはずです。

     夢や魅力といわれますが、そもそも「改革」が奪ったそれこそ、むしろ今、語られるべきではないでしょうか。新法曹養成制度は、誰でも公平に受けられ、働きながらチャレンジできる旧司法試験の魅力を奪い、大量増員政策は弁護士の経済的価値の魅力を奪い、その両者によって、この世界を目指す志望者にとって、人生の「一発大逆転」の夢をも奪った、と。そして、そのしわ寄せは法学部にも回って来た。もともと必ずしも卒業生全員が法曹界を目指し、司法試験の関門を通過できたわけではなくても、実は同学部には、前記魅力と夢が張り付き、その「価値」を底上げしていた、と。法科大学院というプロセスの登場が、それをも消すことになった――。

     今年の司法試験で新制度下、最年少となる19歳4カ月での合格者の誕生したことが報じられています(9月12日付け、読売新聞全国版朝刊)。これは、本来、快挙として注目できることでありながら、「改革」という枠組みで考えた場合、ある意味、皮肉な結果ともいえる現象です。彼の快挙は、新法曹養成制度が期待する理想からはみ出たものだからです。

     報道によれば、彼は高校入学直後から司法試験の勉強を開始し、3度目で予備試験に合格、その後、一発で司法試験に合格しています。今後、彼に続く高校生予備試験受験者が登場するだろうこと、さらにその先には予備試験による法科大学院迂回どころか、法学部すら行く必要がないと考える志望者が現れることを予想する弁護士もいます(「Schulze BLOG」)。

     前記「改革」によって失われた魅力ということからいえば、今回の最年少合格者の誕生は、そうした新制度に対して、志望者がいわば自力で示してみせた可能性であり、ある意味、この「改革」に対する一つのアンサーともいえます。魅力なき制度にノーを突き付けるとともに、自ら今後、志望者に魅力あるものとして受けとめられる余地がある可能性を示したということです。

     魅力なき新制度が、予備試験を浮き立たせ、さらに高校生受験という道までを浮き立たせた。それが厳しく、狭き門であればなおさらのこと、それでも志望者が選択するのであれば、それだけ「改革」が奪った魅力の、志望者にとっての価値の大きさを示しているようにも見えてきます。

     もっとも、今後、「将来の進路は大学に通いながらゆっくりと考えていきたい」と記者に話している、この最年少合格の彼が、果たして最終的に法曹への道を選択するかどうかは分かりません。将来の法曹を獲得するという意味では、司法試験チャレンジにおける魅力、ましてや法科大学院関係者から聞こえてくるような、とにかく司法試験に合格できるという魅力だけで、志望者が帰って来るという甘い見通しには立てないことは確認しておく必要があります。

     弁護士の経済的価値の魅力も、新制度下で弁護士になった人材が、新たなチャレンジによって、その魅力を回復できる未来があるのであれば、それは当然歓迎すべきことになるでしょう。しかし、これについては、少なくとも増員基調の「改革」が続き、有償需要に対して弁護士数が過剰である限り、難しいことに変わりありません。一部の魅力ある成功を、多くの人の成功可能性として強調するような、「生存バイアス」的扱いになることの方を、それこそ懸念する必要があるはずです(「弁護士の『生存』と『改革』の価値」)。

     懸念論に対し、やれ「ネガティブ・キャンペーンだ」「魅力を発信せよ」という側は、志望者(予備軍)の「誤解」ということを前提にしているようにとれます。別の言い方をすれば、あくまで現実に起きている、法曹資格あるいは本道の法科大学院に対する志望者の敬遠は、誤解に基づき、賢明な選択ではないという立場と、それを「魅力」が失われた結果と極力結び付けない立場を譲らないものにとれます。しかし、志望者のよりシビアで現実的な選択は先行します。その意味で、法曹界は前記懸念論の「悪影響」よりも、そもそももっと直視するべきものがある、ということをまず、認識しなければなりません。


    「予備試験」のあり方をめぐる議論についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    日本の弁護士の業務が拡大するはずなんてない。

    例えば、アメリカでは、グーグルが、弁護士の申し立てるsubpoenaに応じて、検索履歴を開示する。昨年は全米で10万件以上。これが離婚訴訟などでは強力な武器になる。
    https://donttrack.us/#3

    これに対して、日本では、もともとあった弁護士会照会が年々使えなくなっており、グーグルが検索の照会に協力することもなく、それでも弁護士が下手に証拠収集を頑張ると懲戒処分を受ける羽目になる。

    アメリカとは「文字通り」「桁違いに高い」弁護士会の会費、派閥都合でいいように使われていて予測可能性のない懲戒処分、そんな弁護士会が強制加入であることなど、有形無形の手かせ足かせが多く、仕事がしにくい。

    無理無理。日本の弁護士の業務拡大なんて。

    No title

    業界全体の待遇が悪化中?
    https://twitter.com/B08662137/status/1048770466716905472
    >イソ弁を業務委託の名目で労基法の保護外におくのはまだギリギリ理解できんでもないが、事務員さんを業務委託扱いにして労基法の保護から外す

    No title

    >弁護士という仕事について、もっと夢や魅力を発信せよ
    10月は弁護士ドラマもアニメも、ちょっと前には筋肉体操もあったから十分発信されるでしょう。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181006/k10011660781000.html
    司法試験の受験資格を1年短縮も始まります。

    正直、これで誰が有難がるのか分かりません。志望者の親でしょうか。
    司法試験の制度そのものを変えなければ意味がないのに、これも
    >国民自身がこの問題に関心を持っていないのだから、自業自得
    です。

    No title

    ここ10年、毎年、判事の定年前早期希望退職者が募られているほどに、民事・刑事共に事件数が減少しています。検察庁でも同様です。「弁護士が不景気ならば判事か検事になればいい」というわけにも行かない時代です。また、弁護士の平均年収は、国税統計をみれば出てきます。ネガティブキャンペーンでも何でもなく、公的な情報・統計をみれば、法曹3者が既に斜陽産業なのは明白です。

    そのため、当然、不人気資格となりました。ところが、合格者数を維持した為、合格水準が著しく低下し、素人みたいな新世代が続々登場。

    割を食うのは国民ですが、国民自身がこの問題に関心を持っていないのだから、自業自得です。

    No title

    >弁護士の経済的価値の魅力も、新制度下で弁護士になった人材が、新たなチャレンジによって、その魅力を回復できる未来があるのであれば、それは当然歓迎すべきことになるでしょう。しかし、これについては、少なくとも増員基調の「改革」が続き、有償需要に対して弁護士数が過剰である限り、難しいことに変わりありません。

    問題なのは「入ってくる数」よりも「出ていく数」の調整がうまくいっていないから過剰になっているのだと何度言えば。
    しかし実質は会費免除になっている層(高齢)及びその予備軍を調査してしかるべく分類できれば実際問題実働できる弁護士数と訴訟件数はそれなりに均衡するかもね。
    トリクルダウンが機能していないだけだからね。

    No title

    取りあげられているSchulze先生の記事を読んでみたら,予備試験に合格したというのは慶應内部進学組の大学1年生。そうであれば話は違う。
    慶應法への内部進学者の一部が,大学受験の負担がないことから,高校生のかなり早い段階から旧司法試験ないし予備試験の勉強を始めているというのは昔から有名な話で,別にニュータイプというわけではない。こういうタイプはたとえ早い段階で司法試験合格を果たしたとしても,おそらく大学法学部は卒業するだろうし,大学入学を目指さないで予備試験の受験勉強に専念し法曹界を目指すなどという新たなルートが生まれるとは考えにくい。

    No title

    弁護士という仕事について,もっと夢や魅力を発信せよというのなら,言う側が自発的に夢や魅力とやらを発信すればよいだけの話。それをせず,ネガティブなことを言う人間を非難すること自体,本当は夢も魅力もないという何よりの証拠。
    弁護士業務について,新たな分野の開拓とか活動領域拡大とかいった議論は,昭和の終わりくらいからずっと議論されているらしいが,それがなかなか前進しないのは,弁護士の考える「開拓分野」というのが,競争相手のいないブルー・オーシャンなどでは全くなく,むしろ他の士業や特別な資格を持たない経営コンサルタント等の跋扈するレッド・オーシャンであり,弁護士が進出しようとしても弁護士法による保護も受けられず,弁護士の法律知識もそれだけでは競争相手に対するインセンティブにならないにもかかわらず,現役弁護士の大半がそのような現実を認識していないからに他ならない。
    新規参入者の受け入れについても,高卒予備試験合格者というニュータイプが,学歴を重視する既存の法律事務所に受け容れられるかどうかは分からない。仮に高卒では大手事務所などが相手にしてくれないという結果になれば,予備試験熱もしぼんでいくことになるだろう。

    No title

    高校生で予備試験を本気で受ける人なんて、有名大学の付属高校で大学受験の負担がない人だけでしょう。当然、予備試験合格後も大学には進む。で、修習に行くのも卒業後でしょうね。中退者のほうを「大学3年生で一発合格した」という理由で讃えるような奇習があったのは外務省だけ。歴代の最高裁判事や検事長やその他司法官僚の高官に中退者がどれだけいましたか? 外務省だって、他の省庁だって、「東大に入ったか」ということは絶対視してて、大学に行かず公務員試験受けた人なんか、何番で合格してようが官庁訪問と称する学閥選考で門前払いしてるじゃないの。戦前の高文なら学歴問わずちゃんと高等官採用してたのに。

    ですので、高校生で予備試験に受かろうが、あるいは本試験まで受かろうが、その人が大学にも行かずそのまま法曹界入りする、なんてことはありえないと思います。留学させるにも差し障りがあるでしょうし。で、それほど優秀な人なら、法曹界以外からも高給でスカウトが来るだろうから(有名大学の学生なら接触ルートは豊富でしょう)、卒業後は全然違う道に進む可能性も高い。

    コネ野郎を蹴落とすような優秀者があらかじめそっくり抜けてくれるんなら、コネ根性に凝り固まってる連中には大歓迎なんじゃありませんか?

    No title

    >弁護士という仕事について、もっと夢や魅力を発信せよ

    それよりは、弁護士が取り込まれてしまう(特に新人弁護士)非弁のケースなんかについてもっと啓発すべきでしょう。
    https://mainichi.jp/articles/20180926/k00/00m/040/190000c
    弁護士会が庇わなかったという意見もあるようですし
    組織が守ってくれるかくれないかというのは重要です。
    希望に満ちて業界に入ってその夢を食い散らかされた挙句誰も助けてくれないというのは目もあてられません。
    前の記事と絡めて、もっと業界の「食える奴は食える、食えない奴は食えない」よりも詳細な就職データが求められます。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR